公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ

2022年09月15日 |

00:00

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_site_large

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」

めざましmedia編集部

この記事をシェア

北村一輝さんが、50代の目標を語りました。

福山雅治さん演じる天才物理学者の湯川学が、科学的検証と推理で難事件を解決する「ガリレオ」シリーズ。その最新作「沈黙のパレード」が9月16日(金)に公開されます。

【写真13枚】この記事のフォトギャラリー
<福山雅治 9年ぶりの「ガリレオ」続編に歓喜「帰ってまいりました!」>

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

「ガリレオ」シリーズは、東野圭吾さんによる小説を原作に、2007年にフジテレビ月9枠で連続ドラマ『ガリレオ』として放送(第1シーズン)。幅広い層から大きな支持を得て、2008年に映画「容疑者xの献身」、2013年には連続ドラマ『ガリレオ』(第2シーズン)と、映画第2弾「真夏の方程式」が製作されました。

映画化第3弾となる本作は、人情に厚い町・菊野市の菊野商店街を舞台に、行方不明となっていた女子学生が、数年後に遺体となって発見されることから始まります。

容疑者は、湯川の親友で警視庁捜査一課の刑事・草薙俊平(北村一輝)がかつて担当した少女殺害事件で完全黙秘を貫き、無罪となった男・蓮沼寛一(村上淳)。女子学生の住んでいた町は、蓮沼に対する憎悪の空気に覆われ、商店街の一大イベントである夏祭りのパレードの当日、蓮沼が殺害される事件が発生し…という物語です。

<ガリレオシリーズ第3弾 映画「沈黙のパレード」最新ビジュアル&特報映像解禁!>

フジテレビュー!!は、草薙を演じる北村さんにインタビュー。作品の見どころや、同シリーズへの思い、そして、目下プライベートでハマっていることについて聞きました。

複雑な原作の見事な実写化に感激「監督、さすが!」

<北村一輝 インタビュー>

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

――今回、約9年ぶりに草薙役を演じましたが、完成した映画を見ていかがでしたか?

「ガリレオ」の集大成に相応しい映画で、初号試写を見て最初に出てきた言葉は、「西谷(弘)監督、すごい!」でしたね。

というのも、まず原作を読んだ時点で、今回の話は事件にまつわる登場人物がとても多く、この壮大な物語のどこをどう縮めたり、凝縮させたりして脚本にするのだろうと思いました。

見事に脚本に落とし込まれた作品が、次は、この登場人物たち全員のキャラクターや背景を、いったいどうやって、お客さんに伝わりやすく見せるんだろう、と。それが、映画のオープニングから冒頭10分間に凝縮されていて、もう、「監督、さすが!!」とうならされました。

そして、事件にまつわる人物として、菊野商店街の方たちをはじめ、蓮沼を憎む人たちがたくさん出ています。監督は俳優陣たちの実力を、あますことなく 引っ張り出されていましたね。

それはもちろん、演じるみなさんのこの作品に対する情熱あってのことだと思いますが、いち俳優として、「みなさん素晴らしい!」と心から思いました。

――2018年の秋に原作が刊行されて、すぐに映画化の企画がスタート。今回、草薙役のオファーを受けた当初は、いろいろ考えたそうですね。

今までのガリレオシリーズでは、草薙は存在していましたが、そこまでフィーチャーされる感じではなかったんです。それが今回、映画だけでなくスペシャルドラマ「ガリレオ 禁断の魔術」(9月17日放送/フジテレビ)も含めて、湯川と草薙の友情関係が大きな軸になるということで。

それぐらいがっつり取り組むとなったときに、自分はどうあるべきか、と。もちろん、信頼する監督や、福山さん、(後輩刑事・内海薫役の)柴咲コウさんをはじめとするチーム自体への安心感はものすごくありますが、前作から9年も経った今、どういうふうにやるんだろうと、じっくり考えました。

これは自分の問題でもありますが、50歳を超えて、60、70、もし80歳まで生きられたとしても、出演できる作品の本数は決まってますから。自分で作品を1本1本、大切に吟味したいし、真摯に向き合って、流さずにやっていきたい気持ちがとても強まっていた時期でもありましたし、いろいろと考えました。

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

――しかも、今回の物語は、草薙にとって因縁の相手・蓮沼との再対決から始まります。いざ、現場に入ってからの感触はいかがでしたか?

東野先生の原作の中での草薙も、年を重ねて成長しているので、そこは入りやすかったです。もしこれが、草薙の年齢が30歳や40歳で止まっていたら、現実の時間がどれだけ流れていても同じように演じなきゃいけないので、すごく大変だったと思いますけども。

人間、9年あれば物事に対する考え方や対処する力量が変わります。草薙も、かつて蓮沼が完全黙秘を貫き無罪になった少女殺害事件をはじめ、いろいろな経験を重ねているので、9年の変化というのは、自分で作っていける部分でもありました。そして、蓮沼との再会については、それほどしんどいというふうには考えてなかったですね。

むしろ大変だったのは、蓮沼が殺害されたあとに、ある重要人物を取り調べるシーンです。僕、取調室で、その方に怒鳴られたりするんですけど、(心からの怒りが伝わってきて)本当に怖かった。同時に、本心を言うと、その方がおっしゃることは本当にごもっともで、「ごもっともです!」と言いたかったくらい。

でも、草薙というのは、法の下で警察として取り調べをしているわけで、その方の理屈がもっともでも、だから罪を犯していいということにはできない。だからこそ草薙は、どんなに無念でも、絶対に涙を流せないんです。あなたたちのほうがつらいわけで、その前で泣くことはできない、という思いがずっとありました。

――草薙の苦悩や葛藤が痛いほど伝わってきますし、「それは罪か、愛か。」という映画のキャッチコピーの意味にもつながってくるシーンですね。

彼らがやったことが罪だったとしても、それは本当に断罪されるべき罪なのか?というと、“愛ゆえ”に起きたことだというのがわかります。

そうなったときに、世の中、警察が言ったらなんでも正しい、法律なら正しいと思っている人が大多数の中でも、警察や法律が本当に正しいのか?この人たちと警察のどっちが正しいのか?と考えさせられると思います。

実際、法の抜け道はあるものだし、法律では守ってもらえないこともあります。この映画では、人間としての正義の話に重点を置いているところが僕はすごく好きですし、そういう繊細で複雑で温かな人間の内面が描かれていて、素晴らしい作品だなと思いました。

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

福山雅治、柴咲コウとの共演も「9年ぶりでも、ごく普通」

――福山さん、柴咲さんとの久しぶりの共演はいかがでしたか?

この3人に関しては、作品のベースでもあり、お2人に対しては家族みたいな安心感があります。気を張ることがなく、いつも安心してスッと入っていける。

今回、福山さんとはまずスペシャルドラマを撮りましたけど、そのときも、僕が「ご無沙汰してまーす」とお声がけして、福山さんが「元気?」と聞いてきて、僕が「はい」と答えて、スッと芝居に入った感じ(笑)。9年ぶりでも、ごく普通なんです。

そのあと、映画の撮影でコウちゃんと合流して。ちょうど、映画の最初のほうで、草薙が内海に「よお」と言って顔を合わせるシーンがありますけど、まさにあのシーンを撮る前に、「おはようございます」と声をかけてくれたコウちゃんに対して、僕が「よお!」と手を振るという、同じことをやっていました(笑)。

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

待ち時間も、お芝居の話をすることは全然ないです。みんな、監督をとても信頼していて、監督が常に丁寧に演出してくださるので、僕たちは自分たちのことに集中していればいい。それぞれがいちプロとして、そこにいたんじゃないかなと思います。

――北村さんは、2007年に「ガリレオ」の草薙役を演じて以降、『妖怪人間ベム』(2011年/日本テレビ系)や『ATARU』(2012年/TBS系)、『シグナル 長期未解決事件捜査班』(2018年/フジテレビ系)など、人間味のある刑事役を演じることが増えていますが、ご自身としてはどう思われていますか?

あまり多すぎるのはどうだろうと思うこともありましたが、オファーをいただけることは、ありがたいですね。

でも、僕の年齢になってくると、恋愛ドラマに出演する機会は自然と減り、企業ものでも役職を演じることが多くなります。その点、刑事というのは、年齢を重ねても現役で動けるし、見せられるところが多く、楽しい部分があります。

これは作品ごとにできる現場もあれば、叶わない現場もありますが、いろいろなタイプの刑事がいる中で、僕がやるからには、自分でなるべくプラスαして人間味のある役にしていきたいですし、そこが見える役は好きです。

今回の草薙も、自分の中ではできる限りのことはして、頑張ったつもりではいます。でも、決して満足はしてないというか…僕は自分の芝居を見て、いまだに満足したことはなくて、「ああ、もっとこうできれば」といつも思っています(笑)。

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

――映画の公開が楽しみですが、スペシャルドラマ『ガリレオ 禁断の魔術』の見どころも聞かせてください。

ドラマでは、湯川がありえないぐらいに暴走します。“今までにない湯川”が見られるのが大きな見どころです。

それも、教え子を守るために、自分が犠牲になってでも動くという“愛情”ですよね。そこで、「湯川、それは違うぞ」と気づかせるのが草薙で。映画では、湯川が草薙を助けようとしますが、ドラマでは草薙が湯川を助けることになります。

もちろん、ドラマのテイストは、映画とは全然違う物語ですので、そちらも楽しみにしていただけたらなと思います。

SNSの生配信も検討中!「やるなら本気で」

――湯川のセリフにちなみまして、「実に面白い」と思った最近の出来事があったら教えてください。

今ハマってることでよければ、Instagramの更新ですかね。ちょっと前までは構えていたのか、新しいものをあまり取り入れようとしない自分もいて、SNSもほとんど見ていませんでした。でも、ちょっとやってみようかなと思って始めたら、こういう世界も面白いなと思いました。

実は、やり方もあまりわかってないんですけど(笑)、『テッパチ!』で共演したM!LKの佐野(勇斗)が一緒に動画を撮ってくれましたし、町田(啓太)くんにも協力してもらって、少しずつ覚えているところです。

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

――TiKToKでは、息子さんともSEKAI NO OWARI「Habit」を踊っていましたね。

息子がダンサーですので、踊らされてるだけで(笑)。ダンスは苦手です。

――先ほど、年齢についての話がありましたが、50代をどう過ごしたいですか?

チャレンジしたいです、よりいろんなことに。年齢に比例して、自分のポジションやいろんなものが上がり、変えていかなきゃいけない部分もあれば、受け入れていくことも多くなります。でも、だからといって守りに入るのではなく、逆に攻めていきたい。

しょせん、もとは何もない状態で生まれてきているわけですし、人生は1回きりなので。SNSやYouTube、モノの製作をはじめ、いろんなことをやっていこうと思っています。

――北村さんのSNSの生配信なども見てみたいです。

片手間に「これやってみました」ではなくて、やるなら本気でやります。「えー!」と驚かれるぐらいに。それがどっちに転ぶかわからないけど、何かしら影響が出たほうが面白いですよね?僕にとっては楽しみでしかない。頑張ります(笑)。

北村一輝 9年ぶり再会の福山雅治&柴咲コウは「家族みたいな安心感」_bodies

撮影:河井彩美
取材・文:浜野雪江
ヘアメイク:安井朋美
スタイリスト:Kaz

画像アイコン

この記事の画像

(全8枚)

画像
画像
画像
太陽
ドラマ
の最新記事
『アンメット ある脳外科医の日記』原作者・小鹿ゆずる×米田孝P「原作と視点を変えミヤビを主人公にした理由」

『アンメット ある脳外科医の日記』原作者・小鹿ゆずる×米田孝P「原作と視点を変えミヤビを主人公にした理由」

2024年04月12日 |

19:30


篠原涼子&トリンドル玲奈が生放送で電波ジャック! SNSには「かわいい!」の声『イップス』

篠原涼子&トリンドル玲奈が生放送で電波ジャック! SNSには「かわいい!」の声『イップス』

2024年04月12日 |

17:43


『おいハンサム!!2』第1話の見逃し配信が100万再生突破!東海テレビ歴代1位を記録

『おいハンサム!!2』第1話の見逃し配信が100万再生突破!東海テレビ歴代1位を記録

2024年04月12日 |

16:20


海斗(赤楚衛二)は拒絶していた父・智信(光石研)の“思い”を知り後悔!そして何者かに襲われ…<『Re:リベンジ』第1話完全版>

海斗(赤楚衛二)は拒絶していた父・智信(光石研)の“思い”を知り後悔!そして何者かに襲われ…<『Re:リベンジ』第1話完全版>

2024年04月12日 |

12:25


吉沢亮&安田顕 “北海道ロケの1枚”公開!銀世界の中で微笑む2ショットに「素敵!」の声『PICUスペシャル』

吉沢亮&安田顕 “北海道ロケの1枚”公開!銀世界の中で微笑む2ショットに「素敵!」の声『PICUスペシャル』

2024年04月12日 |

12:00


『PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024』しこちゃん先生の搭乗シーン写真を初公開!

『PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024』しこちゃん先生の搭乗シーン写真を初公開!

2024年04月12日 |

08:00