公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
エンタメ

2023年02月04日 |

00:00

本仮屋ユイカ 日本最高齢のストリッパーに涙止まらず「これほど生きることの歓喜を表現しているものだとは」

2月5日(日)14時~『ザ・ノンフィクション』※関東ローカル

めざましmedia編集部

この記事をシェア

X Icon
Facebook Icon
Line Icon

本仮屋ユイカさんが、自身も大ファンだと話す56歳のストリッパーの物語を読みます。

本仮屋さんは、2月5日(日)14時~放送の『ザ・ノンフィクション「私が踊り続けるわけ2~56歳のストリッパー物語~前編」』(フジテレビ/関東ローカル)の“語り”を担当。

<【見逃し配信】TVerFODで無料配信中>

2年前に放送し、大きな反響があった作品の続編で、前作に続き、本仮屋さんがナレーションを担当します。その作品との出会いがきっかけで、ナレーション収録後に自身でチケットを買い愛美さんのショーを観劇。その踊りに感激したと言います。

以来、抱き続けた思いを今回の作品に込めた、と話した本仮屋さん。収録中、涙した理由とは?

前作の『私が踊り続けるわけ ~53歳のストリッパー物語~』は、FOD『ザ・ノンフィクション MASTERPIECE』で配信中

<『ザ・ノンフィクション』関連記事>

強い絆で結ばれた「踊り子とファン」それぞれの思いとは?

「私が踊り続けるわけ2~56歳のストリッパー物語~前編」

ストリップ劇場で、男性客に交じり、涙を流しながら踊り子を見つめる女性たち。

彼女たちの視線の先にいるのは、日本で最高齢のストリッパー・星愛美さん(56)。

本仮屋ユイカ 日本最高齢のストリッパーに涙止まらず「これほど生きることの歓喜を表現しているものだとは」_bodies

愛美さんを見つめる女性たちの瞳からは、涙があふれて止まりません。彼女たちは愛美さんの踊りに何を見ているのでしょうか。

愛美さんを全国各地に追い掛ける「星組」と呼ばれる熱心なファンたち。彼女を応援することがきっかけとなり、互いを支え合う“ファミリー”のように、強い絆で結ばれています。

そんな「星組」の中心メンバー、元警察官のスーさんは10年前の退職後、ふらりと入った劇場で、愛美さんと出会いました。

全身全霊で舞台に立つ愛美さんの姿に心を奪われたスーさんは、以来、全国各地へ愛美さんの応援に駆けつけるように。そんなスーさんは2018年、がんを患います。

生きている限り、愛美さんの舞台を見続けると決意し、余命宣告を受けてからも、全身の痛みに耐えて、全国を巡っています。

一方、愛美さんも年々、踊ることが体力的に厳しくなっています。がんにより子宮を全摘出した体は、リンパの流れが滞り、体中に痛みが絶えません。そして股関節も悲鳴を上げています。それでも、スーさんが劇場に足を運んでくれる限りは、愛美さんは踊り続けます。

本仮屋ユイカ 日本最高齢のストリッパーに涙止まらず「これほど生きることの歓喜を表現しているものだとは」_bodies

そんななか、スーさんとの連絡が途絶えてしまいます。スーさんの身に何が起こったのでしょうか。「踊り子とファン」の絆にカメラが迫ります。

ナレーション収録後、本仮屋さんにインタビュー。愛美さんの大ファンで、思い入れの強さゆえ、涙する場面も少なくなかった本仮屋さんに話を聞きました。

踊る愛美さんの美しさに、自分の誇りを取り戻したような気持ちに

<本仮屋ユイカ インタビュー>

本仮屋ユイカ 日本最高齢のストリッパーに涙止まらず「これほど生きることの歓喜を表現しているものだとは」_bodies

――2年ぶりに星愛美さんの物語を読みました。収録を終えていかがですか?

前回、お話したことと重複しますが、声の仕事の基礎を教わったのが『ザ・ノンフィクション』なのです。

こうしてナレーションを担当させていただくと、初心に戻れますし、今回、担当された大里(正人)ディレクターは、以前、『本仮屋ユイカ~オーロラに恋して~』(2009年/フジテレビ)という番組の撮影でカナダまでご一緒した、信頼し尊敬している方。

前回から2年後にこうしてお仕事ができて、しかも題材が愛美さんの続編ということで、思い入れもひとしおでした。

自分も同じ女性で、自分自身の体で表現しているという点では、重なるところもあるので、また声を入れさせていただけるのは、すごくうれしいことです。

前回、感銘を受け、愛美さんの踊りを見たいと思い、ナレーション収録後に劇場へ行ったんです。星組のみなさんの熱量の足元にも及びませんが、自分もミニ星組だと思っていますので、その気持ちも込めました。

――実際にショーを見てどんなことを感じましたか?

やっぱり愛美さんはすごい方だというのを再確認しました。最初は男性のお客さまが多いので、場違いのようで緊張していたのですが、ショーが始まるとそんなことは一切忘れてしまって。

踊る愛美さんの美しさに、なんだか自分の誇りを取り戻したような気持ちにもなりました。体格や年齢といった個体差はあっても、女性として同じ肉体を持っているんだと思ったら、生きていることがすごくうれしくなったんです。

ストリップが、これほど生きることの歓喜を表現しているものだというのは発見でした。

番組のVTRを通じて、愛美さんのやさしさ、誠実さ、愛あふれるお人柄は知っていたつもりでしたが、実際に踊る愛美さんを見ていたら、その眼差しや指先の動き、さらに衣装や小道具といったものから彼女の愛情と感謝があふれ出ているのが感じられて、「なんてすごい方なんだろう」と感動しました。圧巻でした。

この番組で巡り合っていなければ直接ショーを見ることもなかったと思いますので、本当に感謝しています。

本仮屋ユイカ 日本最高齢のストリッパーに涙止まらず「これほど生きることの歓喜を表現しているものだとは」_bodies

――収録中、涙声になるシーンもありました。特に印象的だった場面はどこですか?

愛美さんのイベントの日に「行けないかもしれない」と言っていたスーさんが来て、最後に愛美さんが見送るという2ショットは、なんとも言えない気持ちになりました。

愛美さんとスーさんの関係は、一言で説明するなら「踊り子とファン」ですが、同士というかお互いの結びつきの強さが、ふたりが並んで歩く姿からひしひしと伝わってきました。

言葉は少ないのに、言葉以上の思いがふたりの間で交わされるのが分かってグッときました。

――ナレーションの言葉の補足を提案するなど、こだわっていましたね。

自分としてもこれだけ思い入れの強いテーマだと、迷いではないですが、どういう距離感で読むのがいいのだろうかと考えました。

家族のように寄り添うのか、見守りつつも客観的に読むのか…自分を重ねて愛美さんを応援してしまっていますから。

それで、大里ディレクターに確認したら「思いを全部投影していい」と言っていただいたので、愛美さんを応援する気持ち、星組のみなさんへの尊敬の気持ち、あとは、自分自身の表現することに対する誇り、私がファンのみなさんに思っている気持ちなど、本仮屋ユイカとして感じることもたくさん入れさせていただきました。

ナレーションで「もうちょっと(感情を)入れて」と言われることはありますが、「そこまで感情をいれなくていいです」と言われたのは初めてです(笑)。

<ナレーションの一部を先取り紹介>

<予告動画>

YouTube「FUJITV GLOBAL CHANNEL」で、『ザ・ノンフィクション』の予告動画を配信中!

画像アイコン

この記事の画像

(全4枚)

画像
画像
画像
太陽
エンタメ
の最新記事
フォーエイト48 永ennのアリスが妊娠を発表 彼氏とのツーショットとエコー写真で報告 「タイミングがあったら入籍」

フォーエイト48 永ennのアリスが妊娠を発表 彼氏とのツーショットとエコー写真で報告 「タイミングがあったら入籍」

2024年04月20日 |

00:01


Dream Ami 夫とのゴルフウエア姿を公開 ファンからは「ご夫婦とも楽しそう!」と仲むつまじい姿に癒やされるとの声が!

Dream Ami 夫とのゴルフウエア姿を公開 ファンからは「ご夫婦とも楽しそう!」と仲むつまじい姿に癒やされるとの声が!

2024年04月19日 |

22:36


堀田茜 出川哲朗にヨガを勧めたい!「『ヤバいよ、ヤバいよ!』と言わない精神力を教えてあげたい」

堀田茜 出川哲朗にヨガを勧めたい!「『ヤバいよ、ヤバいよ!』と言わない精神力を教えてあげたい」

2024年04月19日 |

20:30


本田真凜 お花見ショットを公開 服から爪の色まで桜色に合わせ ファンからは「ピンクコーデ優勝」と絶賛!

本田真凜 お花見ショットを公開 服から爪の色まで桜色に合わせ ファンからは「ピンクコーデ優勝」と絶賛!

2024年04月19日 |

19:23


足立梨花 王道の真っ白なウエディングドレス姿を披露 大胆デコルテショットにファンから「きれいすぎるっ!」の声

足立梨花 王道の真っ白なウエディングドレス姿を披露 大胆デコルテショットにファンから「きれいすぎるっ!」の声

2024年04月19日 |

18:24


ハローキティ50周年!世界中で愛され続ける人気の秘密「最初は名前もないキャラクターだった」

ハローキティ50周年!世界中で愛され続ける人気の秘密「最初は名前もないキャラクターだった」

2024年04月19日 |

17:05