トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
おでかけ
中島健人“12月のキス”にほほ笑み「僕たちの癒し」_site_large

中島健人“12月のキス”にほほ笑み「僕たちの癒し」

めざましmedia編集部

この記事をシェア

二宮和也さんが主演を務める映画「ラーゲリより愛を込めて」の初日舞台挨拶が、12月9日に行われ、二宮さん、北川景子さん、松坂桃李さん、中島健人さん(Sexy Zone)、桐谷健太さん、安田顕さん、瀬々敬久監督が登壇しました。

第二次世界大戦終了後、60万人を超える日本人がシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、不当に抑留され捕虜になりました。本作ではそんなラーゲリで一筋の希望の光であった、山本幡男(二宮)の壮絶な半生が描かれます。

二宮和也「過酷でした」という現場で1人だけ雪かきに参加せず!?

中島健人“12月のキス”にほほ笑み「僕たちの癒し」_bodies

二宮和也、寺尾聰からの音声メッセージに感謝

イベントでは、山本幡男の息子・顕一の壮年期を演じた寺尾聰さんからの音声メッセージが公開されました。

およそ30年前に、本作のドラマ版で山本幡男を演じた寺尾さん。

二宮さんとはドラマ『優しい時間』(フジテレビ)で親子役を演じたこともあり、「今回、本当に短いシーンではありますが、ニノの主演作の応援が少しでもできればと思い、出演させていただくことになりました」とコメント。

「青年だったニノも、桃李も今や日本映画を代表する俳優になって、いつも遠くから見ていて、うれしく思っていました」と語りかけました。

二宮さんは、「(寺尾さんは)『何かあったら自分は行くよ』と、ずっと言ってくださっていたんです。本当に出演していただいて感謝です」と喜びました。

中島健人“12月のキス”にほほ笑み「僕たちの癒し」_bodies

また、寺尾さんは、山本顕一さんから寄せられた手紙を代読。

手紙には、監督・キャストへの思いが綴られており、「二宮和也さんの姿は、父・幡男にそっくりで驚きました。何気ない仕草や表情が、私の記憶している父を彷彿とさせるのです。その二宮さんが、山本幡男を偉人としてではなく、普通に生きた一人の男として演じられたことは、私にとって好ましく、うれしいことでした」と感謝しました。

二宮さんは、「俺も(山本幡男さんに)似ている気がしていて、現場でも盛り上がったんです。息子さんにも、そう思っていただけたことは、うれしいです」と、ほっとした表情を浮かべました。

最後に、本作で抑留者たちと生活をともにしていた黒毛の犬・クロを演じた大吉が登場。

中島健人“12月のキス”にほほ笑み「僕たちの癒し」_bodies

クロをかわいがる純朴な青年・新谷を演じた中島さんが、「クロ!」と大声で呼び、大吉は駆け寄ります。

中島さんと大吉は、他登壇者から「めちゃくちゃ仲良しだな」と言われるほどの距離感。中島さんは「(大吉は、)この状況があまりよくわかってないですね」と優しく抱きかかえて、落ち着かせていました。

中島健人“12月のキス”にほほ笑み「僕たちの癒し」_bodies

中島さんは、大吉について「ずっと撮影の合間も、僕たちの癒しで。キャストの皆さんとスタッフの心をつないでくれた存在でした」と回想。

ふいに大吉から舐められると、「“12月のキス”です」とほほ笑み、周囲を笑顔にさせました。

中島健人“12月のキス”にほほ笑み「僕たちの癒し」_bodies

作品概要

ストーリー
第二次大戦後の1945年。そこは零下40度の厳冬の世界・シベリア…。わずかな食料での過酷な労働が続く日々。死に逝く者が続出する地獄の強制収容所(ラーゲリ)に、その男・山本幡男(二宮和也)は居た。「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます」絶望する捕虜たちに、彼は訴え続けた――

身に覚えのないスパイ容疑でラーゲリに収容された山本は、日本にいる妻・モジミ(北川景子)や4人の子どもと一緒に過ごす日々が訪れることを信じ、耐えた。劣悪な環境下では、誰もが心を閉ざしていた。戦争で心に傷を負い傍観者と決め込む松田(松坂桃李)。旧日本軍の階級を振りかざす軍曹の相沢(桐谷健太)。クロという子犬をかわいがる純朴な青年・新谷(中島健人)。過酷な状況で変わり果ててしまった同郷の先輩・原(安田顕)。山本は分け隔てなく皆を励まし続けた。そんな彼の仲間想いの行動と信念は、凍っていた抑留者たちの心を次第に溶かしていく。

終戦から8年が経ち、山本に妻からの葉書が届く。厳しい検閲をくぐり抜けたその葉書には「あなたの帰りを待っています」と。たった一人で子どもたちを育てている妻を想い、山本は涙を流さずにはいられなかった。誰もがダモイの日が近づいていると感じていたが、その頃には、彼の体は病魔に侵されていた…。

松田は、危険を顧みず山本を病院に連れて行って欲しいと決死の覚悟でストライキを始める。その輪はラーゲリ全体に広がり、ついに山本は病院で診断を受けることになった。しかし、そこで告げられたのは、余命3ヶ月― 山本により生きる希望を取り戻した仲間たちに反して、山本の症状は重くなるばかりだった。それでも妻との再会を決してあきらめない山本だったが、彼を慕うラーゲリの仲間たちは、苦心の末、遺書を書くように進言する。

山本はその言葉を真摯に受け止め、震える手で家族への想いを込めた遺書を書き上げる。仲間に託されたその遺書は、帰国の時まで大切に保管されるはずだった…。ところが、ラーゲリ内では、文字を残すことはスパイ行為とみなされ、山本の遺書は無残にも没収されてしまう。山本の想いはこのままシベリアに閉ざされてしまうのか!?死が迫る山本の願いをかなえようと、仲間たちは驚くべき行動に出る…。

戦後のラーゲリで人々が起こした奇跡―― これは感動の実話である。

映画「ラーゲリより愛を込めて」は、全国公開中。
配給:東宝
©️2022「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 ©️1989 清水香

画像アイコン

この記事の画像

(全5枚)

5枚の画像を見る
5枚の画像を見る
太陽
おでかけ
の最新記事
【注目】外国人大満足・・・日本人も知らない!?「より特別な体験」一流ホテルコンシェルジュ厳選スポット

【注目】外国人大満足・・・日本人も知らない!?「より特別な体験」一流ホテルコンシェルジュ厳選スポット

2024年05月21日 |

14:27


“世界一”の中華ちまきの隠し味はお茶!松岡修造が「どんどんおいしくなってくる」と感動した山口県宇部市の「お茶中華ちまき」

“世界一”の中華ちまきの隠し味はお茶!松岡修造が「どんどんおいしくなってくる」と感動した山口県宇部市の「お茶中華ちまき」

2024年05月19日 |

17:30


【写真12枚】“文具好きが最高に楽しめるイベントを!”がテーマの『文具女子博 pop-up in 新宿2024』開催!

【写真12枚】“文具好きが最高に楽しめるイベントを!”がテーマの『文具女子博 pop-up in 新宿2024』開催!

2024年05月18日 |

10:00


川村壱馬が“爆買い”宣言!『BATTLE OF TOKYO 超東京拡張展』に、陣・⽇髙⻯太・砂⽥将宏らが集結!

川村壱馬が“爆買い”宣言!『BATTLE OF TOKYO 超東京拡張展』に、陣・⽇髙⻯太・砂⽥将宏らが集結!

2024年05月15日 |

16:01


松岡修造が下関市民のソウルフード「瓦そば」を家庭のホットプレートで手軽に調理!

松岡修造が下関市民のソウルフード「瓦そば」を家庭のホットプレートで手軽に調理!

2024年05月12日 |

17:30


【写真97枚】ディズニー新エリア アナ雪・ラプンツェル・ピーターパンのアトラクションを林佑香&田中裕理が体験 レストランのグルメと最新グッズ情報も紹介

【写真97枚】ディズニー新エリア アナ雪・ラプンツェル・ピーターパンのアトラクションを林佑香&田中裕理が体験 レストランのグルメと最新グッズ情報も紹介

2024年05月10日 |

05:05