トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
おでかけ
岡山天音 山﨑賢人ファンへの対応に困惑「それを言われているときの、正解の顔が見つからない」_site_large

岡山天音 山﨑賢人ファンへの対応に困惑「それを言われているときの、正解の顔が見つからない」

めざましmedia編集部

この記事をシェア

山﨑賢人さんが主演を務める映画「キングダム 運命の炎」の公開初日舞台挨拶が、7月28日に行われ、山﨑さん、吉沢亮さん、大沢たかおさん、清野菜名さん、岡山天音さん、片岡愛之助さん、佐藤信介監督が登場しました。

この作品は、原泰久さんの同名漫画が原作。紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(しん/山﨑)と、中華統一を目指す若き王で、後の秦の始皇帝・嬴政(えいせい/吉沢)を壮大なスケールで描いた物語。

2019年公開の映画「キングダム」、2022年公開の「キングダム2 遥かなる大地へ」の続編です。

<【写真30枚】この記事の写真を見る(アザーカットあり)>

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

左から)岡山天音、清野菜名、大沢たかお、山﨑賢人、吉沢亮、片岡愛之助、佐藤信介監督

岡山天音 寒すぎて役者を続けることを断念!?「『撮影中止じゃないの?』という環境で撮影」

公開初日を迎えて、山﨑さんは、「あっという間だったという感覚です。シリーズを重ねるごとに、新たなキャスト加わり、いろいろなキングダムの魅力が見えてきました。どんな人にも響くと思います。公開前に宣伝させてもらっている期間中にも、発見がありました。『キングダム』の魅力は計り知れないです」とコメント。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

吉沢さんは、「毎回、映画の公開前にいろいろなイベントをやらせてもらいますが、『こんなに大規模なことをやるんだ』と。スタッフさんの『この作品を盛り上げてやる』という熱量を感じましたし、僕らも前作を超える傑作が生まれた自信があります。その熱量が皆さんに届くことを願って、公開初日まで過ごしていました」と語りました。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

大沢さんは、「今回3作目で、続編だと段々トーンダウンしてくると言われますが、『キングダム』はどんどん熱くなっていく。僕も普段出ないような謎のバラエティ番組に出て宣伝しました(笑)。『この作品が、年間の実写ランキング1位にならなければいけない』という思いがあります」と意気込みました。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

本作で、山﨑さん演じる信が隊長を務める“飛信隊”が結成されます。

撮影を振り返り、山﨑さんは「『隊長』とみんなに呼ばれるのはうれしかったです。名もない少年だった信が、100人隊の隊長になる。飛信隊での撮影は、人数が多いので、みんなで歩いて移動したり、きついことも楽しこともずっと一緒でした」。

「飛信隊は、みんな布切れ一枚のような衣装なので、炎を真ん中に『寒いね』と言い合ったり、何気ないことで、空気が出来上がった気がします」と回想。

飛信隊のメンバーである尾平役を演じた岡山さんは、「本当に寒かったときもあれば、暑かったときもありました。撮影場所が、山の中だったので全身で(気温差を)浴びるんです。『この寒さ、撮影中止じゃないの?』というくらいの環境で撮影をしていました」と明かしました。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

これに対し、佐藤監督は、「『こんなに寒い中で仕事をするなら、役者をやめようかな…』と岡山さんが言っていたのを聞いたことがあります。『(役者を)続けて~』と思いました」と告白し、笑わせました。

大沢たかお 自身の役との共通点は“くちびる”「ほぼ人間じゃないキャラクター」

イベントでは、映画のタイトルにかけて「運命を感じたこと。自分の中に感じた炎(熱意)」をテーマにトークを行いました。

山﨑さんは、「『キングダム』という作品で、信という役を演じられるのが、『運命なのかな?』と思いますね」としみじみ。

吉沢さんも、「一緒です。僕もこの作品はお話をいただく前から大好き。もし出るなら、嬴政をやりたいと思っていたところに、プロデューサーから、出演の話をしていただきました。この作品で、成長させていただきました」と同調しました。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

大沢さんは、「私が演じた王騎という役は、ほぼ人間じゃないキャラクターだったので、自分と違い過ぎて、『これは、さすがに運命じゃないだろ』と(笑)。知人に『なんでこの話が自分のところに来たのかな?』と相談したら『たぶん、くちびる(が似ているから)じゃない?』と」。

「結果、こうやって3作目まで続けてこられて、この場に立っていると、運命やご縁を感じるので、うれしく思います」とほほ笑みました。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

岡山さんは、「(作品に関連した話のあとで)話しづらいのですが…」と前置きをして、「街を歩いていると、たまに声をかけていただくことがあるんです。『岡山天音さんですよね?』と言われて返事すると、『今日、山﨑くんの作品を見ました。私、山﨑くんのことが好きなんです』って」。

「賢人ファンの賢人愛の炎を感じますね。それを言われているときの顔が難しい。未だに正解が見つかっていない。本人(山﨑さん)よりもファンの炎を感じているかもしれない」と告白。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

16歳ごろから親交のある山﨑さんと岡山さん。

山﨑さんは、「僕には、(岡山さんのことを言ってくるファンは)いないですね…」と返しつつ、「でも、天音は『今日、賢人ことを言ってきた、ファンがいたよ』とちゃんと伝えてくれる。天音はいい人」とフォローしました。

画像ギャラリー【全30枚】を見る

全ての画像を見る

<映画「キングダム 運命の炎」作品概要>

ストーリー
500年にわたり、七つの国が争い続ける中国春秋戦国時代。戦災孤児として育った信は、亡き親友と瓜二つの秦の国王・嬴政と出会う。

運命に導かれるように若き王と共に中華統一を目指すことになった信は、「天下の大将軍になる」という夢に向けて突き進んでいた。

そんな彼らを脅威が襲う。秦国への積年の恨みを抱く隣国・趙の大軍勢が、突如、秦への侵攻を開始。

残忍な趙軍に対抗すべく、嬴政は、長らく戦から離れていた伝説の大将軍・王騎を総大将に任命する。決戦の地は馬陽。これは奇しくも王騎にとって因縁の地だった…。

出撃を前に、王騎から王としての覚悟を問われた嬴政が明かしたのは、かつて趙の人質として深い闇の中にいた自分に、光をもたらしてくれた恩人・紫夏との記憶。

その壮絶な過去を知り、信は想いを新たに戦地に向かう。100人の兵士を率いる隊長になった信に、王騎は「飛信隊」という名を授け、彼らに2万の軍勢を率いる敵将を討てという無謀な特殊任務を言い渡す。

失敗は許されない。秦国滅亡の危機を救うため、立ち上がれ飛信隊!

映画「キングダム 運命の炎」は、公開中。
配給:東宝
(c)原泰久/集英社 (c)2023映画「キングダム」製作委員会

画像アイコン

この記事の画像

(全1枚)

1枚の画像を見る
1枚の画像を見る
太陽
おでかけ
の最新記事
【注目】外国人大満足・・・日本人も知らない!?「より特別な体験」一流ホテルコンシェルジュ厳選スポット

【注目】外国人大満足・・・日本人も知らない!?「より特別な体験」一流ホテルコンシェルジュ厳選スポット

2024年05月21日 |

14:27


“世界一”の中華ちまきの隠し味はお茶!松岡修造が「どんどんおいしくなってくる」と感動した山口県宇部市の「お茶中華ちまき」

“世界一”の中華ちまきの隠し味はお茶!松岡修造が「どんどんおいしくなってくる」と感動した山口県宇部市の「お茶中華ちまき」

2024年05月19日 |

17:30


【写真12枚】“文具好きが最高に楽しめるイベントを!”がテーマの『文具女子博 pop-up in 新宿2024』開催!

【写真12枚】“文具好きが最高に楽しめるイベントを!”がテーマの『文具女子博 pop-up in 新宿2024』開催!

2024年05月18日 |

10:00


川村壱馬が“爆買い”宣言!『BATTLE OF TOKYO 超東京拡張展』に、陣・⽇髙⻯太・砂⽥将宏らが集結!

川村壱馬が“爆買い”宣言!『BATTLE OF TOKYO 超東京拡張展』に、陣・⽇髙⻯太・砂⽥将宏らが集結!

2024年05月15日 |

16:01


松岡修造が下関市民のソウルフード「瓦そば」を家庭のホットプレートで手軽に調理!

松岡修造が下関市民のソウルフード「瓦そば」を家庭のホットプレートで手軽に調理!

2024年05月12日 |

17:30


【写真97枚】ディズニー新エリア アナ雪・ラプンツェル・ピーターパンのアトラクションを林佑香&田中裕理が体験 レストランのグルメと最新グッズ情報も紹介

【写真97枚】ディズニー新エリア アナ雪・ラプンツェル・ピーターパンのアトラクションを林佑香&田中裕理が体験 レストランのグルメと最新グッズ情報も紹介

2024年05月10日 |

05:05