トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ_site_large

松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ

めざましmedia編集部

この記事をシェア

10月14日、音楽映画「キリエのうた」の公開記念舞台挨拶が行われ、アイナ・ジ・エンドさん、松村北斗さん(SixTONES)、広瀬すずさん、岩井俊二監督が登壇。

また、このイベントのMCは、映画にも出演している笠原秀幸さんが務めました。

本作は、アイナさんが映画初主演を務め、本作の主題歌「キリエ・憐みの賛歌」を歌唱するほか、劇中曲として6曲を制作し、劇中で披露。壮絶な運命と無二の歌声を宿したキリエの音楽がつなぐ、13年におよぶ壮大な愛の物語を描きます。

<【写真17枚】この記事の写真を見る(アザーカットあり)>

松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ_bodies

左から)岩井俊二監督、松村北斗、アイナ・ジ・エンド、広瀬すず、笠原秀幸

松村北斗「想像の何倍も“歌声”が国を超えて繋がった感じがした」

映画公開を迎え、周りの反響について聞かれると、アイナさんは「昨日、劇場に1人で観に行ったのですが、『キリエのうた』のパンフレットを見ているスーツのお兄さんが『このシーンよかった…』と独り言を言っていて、『ここにいるよ!』っと思いながら(その様子を眺めていた)」と報告。

続けて「ずっと『こんな映画なんです』って、いろんなインタビューで答えてきたけど、やっと観てくださった方の感想が聞けて、本当にうれしいです」と笑顔を見せました。

松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ_bodies

広瀬さんは「自分だけが真横で聴いていた(アイナさんの)歌声が、今、世界中に届き始めているということに、改めてすごいことだなと感じています。きっと皆さんの心にもグサグサ、魂の叫びのような表現がきっと届いていると思います」と期待を込めました。

松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ_bodies

本作は、先日行われた「第28回釜山国際映画祭」のA Window on Asian Cinema部門で招待作品として上映。

海外の方の反応について聞かれた松村さんは「“言語が違う”ということがありますが、やっぱり歌声の説得力がすごかったようで、想像の何倍も歌声が国を超えて繋がった感じがしました」とコメントしました。

松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ_bodies

広瀬すず アイナ・ジ・エンドに「長文の謝罪メールを送った」

続いて、完成した映画を見た感想を聞かれた広瀬さんは「ちゃんと撮影した記憶はあったけれど、自分の出てないシーンを見て、1視聴者としてズドンと衝撃を受けた」とコメント。

「裸になったような姿で歌い続けているキリエ(アイナ)に救われた気がした」と話し、「役として『(私が)振り回してるじゃん』と罪悪感が生まれて、長文の謝罪メールをアイナちゃんに送りました」と告白しました。

これにアイナさんは「『私がいないシーンでこんな大変なことがあったんだね』とあって、いい人やなと思った」とニッコリ。

松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ_bodies

イベントの最後には、岩井監督から3人へ、撮影を振り返ってのメッセージと、「不可能を可能にする」という花言葉を持つ青いバラの花束が贈られました。

岩井監督は、松村さんに向けて、「初めてお会いした時に、『なんて美しい人なんだろう』と。ラブシーンの撮影からいきなり始まったんですけど、服を脱いだら美しすぎて…」と切り出し、松村さんは「“映画映えした”ということですよね?」と照れ笑い。

「(松村さんが演じる)夏彦は、いろんな心模様が変遷して、いろんな状況に追い込まれていき、心傷つきながら進んでいく役なのですが、それを的確に演じてくれて、この役は、松村北斗が作り上げた作品だと思っています」と感謝を伝えました。

また、アイナさんについては「(キャスティングにおいて)歌ってる姿を見て、この人しかいないと思った」と回顧。

「演技が初めてと言う方に、姉と妹(キリエと路花)という2つの役をお願いして、作詞作曲もしてもらって、いろんなものを背負わせて申し訳なかった」と話しつつ、「キリエと路花は、アイナ・ジ・エンドが作った、純度100%の作品だったと思います」と初主演作となったアイナさんの演技を絶賛しました。

松村北斗 クランクインはラブシーン!監督の「服を脱いだら美しすぎて…」にたじたじ_bodies

映画「キリエのうた」は、公開中。
配給:東映
©︎2023 kyrie Film Band

画像アイコン

この記事の画像

(全6枚)

6枚の画像を見る
6枚の画像を見る