公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
エンタメ

2022年09月14日 |

00:00

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ

めざましmedia編集部

この記事をシェア

X Icon
Facebook Icon
Line Icon

編集部おすすめの“麗しい男性”を紹介する「眼福♡男子」Vol.98は、玉城裕規(たまき・ゆうき)さんが登場。

2005年から活動をはじめ、沖縄出身のエキゾチックなルックスと確かな演技力を武器に、「弱虫ペダル」シリーズの東堂尽八役や「曇天に笑う」シリーズの曇天火役、舞台「刀剣乱舞」の小烏丸役など舞台を中心に、映像でも活躍。

そんな玉城さんが、明治座「坂本冬美特別公演/中村雅俊特別出演」に出演。第一部の「いくじなし」において、江戸・下町の長屋で暮らす姉弟の弟・卯之吉に扮します。

本格時代劇へ初めて挑戦する思い、そして、気になるプライベートについて聞きました。

玉城裕規さんフォトギャラリー(写真20点)

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

平岩弓枝&石井ふく子という強力タッグに臨む心境は…

――出演が決まったときの心境から聞かせてください。

うれしい反面、本当に僕でいいのかなという不安な気持ちもありました。でも、坂本冬美さんや中村雅俊さん、小林綾子さんといった素敵な先輩方と共演できるうれしさと期待が、日を重ねるごとに増していってるといいますか、もっとしっかりしないといけないというプレッシャーなど、今でもさまざまな気持ちが入り混じっている状態です。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――明治座への出演は4回目だそうですね。

そうです。明治座の作品に出演すると、キャストの幟(のぼり)が劇場の前に立つのですが、初めて出演したときに「僕の幟ははたして作っていただけるのだろうか…」と心配になっていたので、実際に見たときは感動しましたね。それから、劇場の前を通るたびに幟を確認しては、うれしくなっています。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――今回の出演が発表になったとき、まわりの反響はいかがでしたか?

平岩弓枝さんの作品に、石井ふく子先生の演出で演じられるということについて「うらやましいな、素敵だね」と言ってくださる人もいましたし、今までしたことのない扮装での出演になりますので、僕が演じる役柄のビジュアルが解禁されたときには、多くのリアクションをいただきました。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――玉城さんご自身もTwitterで「新鮮」とつぶやいていましたね。

ポスター撮影をしたとき、卯之吉のビジュアルが完成していくにつれて、“はじめまして”の姿だったので、なんだか楽しかったです。

――撮影はどのように行われたのでしょうか?

メイクもそうですし、表情や肩の位置などを細かく、石井先生のアドバイスを受けながらの撮影で、あまりにも普段の僕と違うものですから、まわりからまったく気づかれませんでした(苦笑)。せっかくキレイに仕上げていただいたので、本番ではビジュアル負けしないようなお芝居をしたいです。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

卯之吉は彼なりの生き方、愛し方を貫いている人物

――本格時代劇は初めてなんですよね。

時代物は何作品か出演していますが、“The 時代劇”というような、下町の長屋で暮らす人たちの日常を描く作品は初めてです。まだ舞台上で演じたわけではありませんが、自分の中で少しお芝居の幅が広がったような感じがしています。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――「いくじなし」は、坂本冬美さんと中村雅俊さん演じる夫婦が暮らしている長屋へ、小林綾子さん扮する姉と、玉城さん扮する弟が引っ越してきて…というストーリーですが、台本を読んだ感想を聞かせてください。

ト書きはもちろん、登場人物が発するセリフや言葉遣いなど、すべてにおいて今まで経験したことのないテイストですので、僕の中にはまだ存在していないけれども、どこかしら近しい部分を見つけていかないといけない、これは大変なチャレンジになると感じました。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

タイトルは「いくじなし」ですが、その言葉が意味するもの、そこにたどり着くまでのストーリーや登場人物の関係性などが温かく、人間味にあふれていてとても素敵な物語です。

――演じる卯之吉からはどのような印象を受けましたか?

何かを抱えた役柄はこれまで何度か経験していますが、今回の卯之吉はどちらかというと“陽”ではなく“陰”のイメージで、とある重い事情を抱えている。でも、そんな中にも人間味は失っていなくて、彼なりの愛し方、生き方をしている人物だという印象を受けました。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――そんな卯之助をどう演じたいと考えていますか?

おそらく石井先生が考えていらっしゃる卯之吉のイメージと、僕が考えている卯之吉のイメージがまだマッチしていないと思うので、そこをすり合わせたうえで自分の中で咀嚼(そしゃく)して、役柄を自分のものにできたらと思います。

稽古中の先生の言葉を逃さず、そのアドバイスをどう体現できるかが大事。他の作品ならば「僕はこう挑みます」というものを稽古初日から提示するようにしているのですが、今回はあまり固めず、柔軟性をもって臨むつもりです。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

玉城裕規の“いくじなし”な部分は?

――タイトルにちなんで、自分の中の「いくじなし」な部分があれば聞かせてください。

学生時代、実は女性とお話することができませんでした。緊張しすぎて、というのもありましたけど、そもそも人前に出るのが恥ずかしくて、男女問わず、自分から話しかけることができなかったんです。そんな人間がなんで人前に立つ仕事をしているんだっていう話ですけど(笑)。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――意外です!そこから変化するきっかけがあったのですか?

まわりに助けられましたね。友だちであったり、親戚であったり、環境に助けられて、少しずつ勇気を出せるようになりました。役者を目指しているからには、まずは羞恥心を捨てなければいけないと決意し、勇気を出して徐々に変わっていきました。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――この作品で注目してほしいのはどのような部分ですか?

物語が進行していくにつれて、登場人物たちの人となりが明らかになっていくんです。秘められた真実にほろっとなったり、感動したり、多分あっという間に終わってしまうと思います。とても温かい気持ちになれる作品ですので、観劇後にはご自身の身近な人にもっとやさしい気持ちをもって接しようと感じていただけたらうれしいです。

旬の食材を使って自炊をすることがマイブーム

――ここからは玉城さんの近況を聞かせてください。今、ハマっていることはありますか?

最近はその時期の旬な食材を使って、料理をしています。先日、ゴーヤチャンプルーを初めて作りました。それまで料理はあまりしていなかったのですが、コロナ禍で自炊をするようになって、やるからには健康のことも考慮して、旬な食材を使おうと思い立って始めました。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――Twitterでも自作の料理を披露していますね。では、コーナータイトルにちなんで、玉城さんの眼福な存在について聞かせてください。

沖縄の母から、実家で飼っている犬や風景などの写真がよく送られてくるのですが、それを見ては癒やされています。そして、そんな写真を時々見返しては、ちょっとほろっとしたり、懐かしい気持ちになったり。また、うちの母が写真を撮るのが絶妙に下手で、ブレブレなものも多いんですよ(笑)。でも、そんなユルさにも癒やされます。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

――お気に入りの写真は、とても躍動感のある1枚を披露していただきました。

これは以前、ヨーロッパでの1ヵ月公演に参加したときのものです。テンションが上がっちゃって、夕陽の前でジャンプしたのですが、人ってテンションが上がるとこんなにも跳躍力がアップするのかと驚かされた瞬間でもありました(笑)。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

外国で1ヵ月間も仕事ができたことも貴重な思い出ですし、この写真を見るたびに「また絶対に行ってやる。頑張ろう」と、さらに気合いが入ります。

――玉城さんが目指す俳優像について聞かせてください。

人にはそれぞれ得意なジャンルがあって、僕自身もやさしい役よりちょっと怖めのほうが合っていると言われますが、欲深いことをいうと、どんな役柄、どんな人物にもなれたうえで、その中で自分の個性をきちんと表現できるような役者を目指しています。それって結構難しいことだと思いますが、少しでも理想に近づけるよう今後も精進したいです。

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

【眼福♡男子】玉城裕規「女性と話すことができなかった」“いくじなし”だった自分を変えたきっかけ_bodies

最新情報は「坂本冬美特別公演/中村雅俊特別出演」公式サイトまで。

撮影:河井彩美

画像アイコン

この記事の画像

(全16枚)

画像
画像
画像
太陽
エンタメ
の最新記事
みちょぱ(池田美優)結婚式で滞在したハワイの超高級ホテル「ハレクラニ」での水着ショットを公開 引き締まった腹筋とへそピアスも

みちょぱ(池田美優)結婚式で滞在したハワイの超高級ホテル「ハレクラニ」での水着ショットを公開 引き締まった腹筋とへそピアスも

2024年04月18日 |

19:58


中町綾&平フラNICO&とうあ ハワイのビーチで大胆ビキニ 「スタイル良すぎ」の声

中町綾&平フラNICO&とうあ ハワイのビーチで大胆ビキニ 「スタイル良すぎ」の声

2024年04月18日 |

19:21


ハラミちゃん 髪をバッサリカット「ドライヤー30分かかるの嫌すぎて」“ショートウルフ”に  Befor&Afterも公開

ハラミちゃん 髪をバッサリカット「ドライヤー30分かかるの嫌すぎて」“ショートウルフ”に Befor&Afterも公開

2024年04月18日 |

18:41


阿部寛 CM初の歌声を松山千春の『長い夜』で披露!青春時代の“濃い”思い出は「学校に内緒で新聞配達」

阿部寛 CM初の歌声を松山千春の『長い夜』で披露!青春時代の“濃い”思い出は「学校に内緒で新聞配達」

2024年04月18日 |

18:22


藤本美貴 娘が猫に!?「猫にしてくれ....ひげを書いてくれ...」かわいすぎる写真にファン「パパの血継いでるね」

藤本美貴 娘が猫に!?「猫にしてくれ....ひげを書いてくれ...」かわいすぎる写真にファン「パパの血継いでるね」

2024年04月18日 |

16:46


杉咲花 「ありのままの自分だと思う」自身のソバカスへの反響に持論を語る

杉咲花 「ありのままの自分だと思う」自身のソバカスへの反響に持論を語る

2024年04月18日 |

16:18