トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ

金満弁護士・宝来を演じる本村健太郎が解説!「ココがすごいぞ!悪魔の弁護人」

1月4日(土)23時40分~オトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

X Icon
Facebook Icon
Line Icon

毎週土曜23時40分より放送中の、フジテレビ系オトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』。

元少年Aが弁護士となり「罪の償いとは何か?」を問う異色の弁護士ドラマ。どんでん返しの帝王・中山七里原作の法廷ミステリーらしい逆転劇の連続で、SNSでも話題となっている。

1月4日(土)の第5話放送を前に、「まだ見てない」「見逃した」という方のために、昨年放送された第1話~第4話の裁判のポイントを、現役弁護士であり、本作で金満弁護士・宝来を演じる本村健太郎が振り返る。

題して、「ココがすごいぞ!悪魔の弁護人」。

ココがすごいぞ!①御子柴の行動力&裁判の見せ方

1~2話の第一章では、中山七里の原作「追憶の夜想曲(ノクターン)」をベースに御子柴(要潤)がかつて少年時代に殺めてしまった少女の姉・津田亜季子(奥菜恵)が依頼人に。そこで御子柴は、自ら元少年Aである過去を暴露。依頼人を救うが、自身は世間からひどく糾弾されることとなった。

画像ギャラリー【全7枚】を見る Human, Person, Accessories

その「世田谷夫殺し控訴審篇」について本村は、

法廷そのものは非常に短い時間なので、事前にやったことの結果や結論だけを口で述べて終わりになる。つまり、事前の準備がほとんどなんです。その準備が御子柴はすごい。

亜季子の生家のあった福岡までわざわざ行って関係者に会ったり、生い立ちを調べたり、現場となった津田家に行って決定的な証拠を見つけてくる。

それが裁判資料の記録にある事と違うという矛盾点に気づき、そこからさらに新たな情報を仕入れたりする。そういう事までは普通の弁護士はなかなかできないですよね。

と、まずは御子柴の“事前の行動力”に感心しきり。加えて、

亜季子本人がやったと主張しているが、御子柴は減刑どころか無罪にするために法廷で真実を暴く。その決め手が「世田谷夫殺し」では、先端恐怖症でした。

御子柴は、事前に被告人とすら打ち合わせをせず、皆があっと驚く決定的な証拠を隠し持ち、法廷のここぞというタイミングでそれを持ち出して大逆転した。それがまさに1話と2話ではうまくいったわけです。

先端恐怖症も単に「昔のカルテのコピーを証拠として提出します」で終わる話なんだけど、それを印象づけるために先端恐怖症であるということを実演させて見せた。そういうショー立てること自体に、御子柴の弁護士としてのテクニックがありますよね。

と、裁判の見せ方を絶賛した。

ココがすごいぞ!② 元少年Aが弁護士になるという設定

そして、なぜこの裁判に御子柴が取り組んでいるのか。被告人(亜季子)との関係が、実は加害者と被害者遺族の関係だったという事まで自ら裁判で明らかにするでしょう。それが御子柴にとっては贖罪なんですが、実は少年法の主旨・考え方というものがある意味では御子柴を救っているわけですよね。

少年時代に起こした罪は一度なかったことになって、そのおかげで大人になってしっかりした道を歩むことができる。少年法の趣旨としては、御子柴は理想の生き方をしてるんです。

画像ギャラリー【全7枚】を見る Clothing, Apparel, Person

実際に、御子柴みたいに立派に立ち直って弁護士になる人もいるんですよ。さすがに殺人犯が弁護士になったケースはほとんどないと思いますが、少年時代ちょっとグレて万引きしたとかで逮捕歴のある弁護士も実はけっこういるんです。あ、みんなちゃんと更生してますからね(笑)。

と、原作や本作がリアルとエンタメの絶妙な狭間を攻めている点にも着目。

1、2話の第一章では、最終的に御子柴は法廷で、亜季子の妹を殺したのは自分である事を告白。亜季子は無実となり裁判には勝ったが、亜季子からは拒絶され、世間からは少年法によって罰を受けなかった殺人者が弁護士になって高額報酬を得ている事で大バッシングを受けることに。

ココがすごいぞ!③ 信念を貫く&アクロバティックな弁論

現在放送中の第二章(3~5話)では、原作「恩讐の鎮魂曲(レクイエム)」をベースに、医療少年院時代の担当教官・稲見(勝野洋)が依頼人となり、御子柴の過去や抱えている思いが徐々に明らかにされてきている。そんな第二章の目玉は御子柴と検察の戦いではなく、依頼人・稲見との戦い。稲見は弁護を拒絶し、罰を受けたがっているのだ。

画像ギャラリー【全7枚】を見る Person, Human, Apparel

「老人ホーム介護士殺害事件」篇について本村は、

被告人自身が「俺が罪を認めているんだから早く有罪にしてくれ」と言っている人を弁護するのはなかなか難しいんです。普通は、被告人が「僕はやっていません、無実です」と言うから、自分だけは彼の味方になって助けてあげようという動機から弁護するので。

被告人本人の協力すら得られないというのは、非常にやりづらいですよね。正直に話してもらえない可能性もありますし。

その場合、弁護士は自分の信念に従って弁護するしかない。自分なりの動機や目的、熱意がどうしても必要になる。御子柴の場合は、少年院時代に突発的な事故で稲見を下半身不随にした過去があるので、自分なりの償いをしようと思って始めたことでしょうけど、非常にやりづらい中でもそれを貫いて弁護する姿勢は心がすごく強いですよね。

と、同業ならではの尊敬を表した。

また、御子柴のアクロバティックな弁論にも本村弁護士は注目。1月4日放送の第二章解決編では、聞きなじみのない「緊急避難」という法律まで使って弁護を進めていくことになるというが…。

「緊急避難」の話なんかは、刑法の教科書の最初の方で出てくる有名な話。究極の状況では、自分が助かるために人を殺しても罪には問われないというルールは原作にも出ていたけれども、実際にそれを法廷で使う事はまずないですからね。しかも、その緊急避難の話と、本体の裁判の話が複雑に絡み合う、そこが第5話の見どころでしょうね。

と教えてくれた。

ちょっと休廷(撮影こぼれ話)

画像ギャラリー【全7枚】を見る Human, Person, Wood
法廷シーンの撮影風景

法廷のセットは、埼玉県内の廃校となった体育館内に作られた。撮影時は秋とはいえ暑い日もあり、エアコン無しの体育館内は気温が上昇。送風機は音響の関係で撮影中は止めざるをえず、ムワッとする空気が漂うなか撮影は続いた。そんな現場に要から嬉しい差し入れが!休憩時間には、出演者やスタッフらによる行列のできる「Café Car」となった。

画像ギャラリー【全7枚】を見る Human, Person, Apparel
要の差し入れ「Café Car」

その法廷セットに立った本村は

なかなか趣きのある法廷でしたよ。大画面なんかは、裁判員裁判が始まってから取り付けられるようになったんですよ。一般の人にもわかりやすく、大勢の人が見られるように。しかも大きな窓があったり四方から出入りできる、ああいう立派な法廷って実際にはないから、本物の法廷以上に良い環境ですよね。

画像ギャラリー【全7枚】を見る Human, Person, Furniture

ココがすごいぞ!④御子柴の証人探し&尋問テク

最後に、御子柴は本当に悪魔なのだろうかと問うと、

普通の弁護士だったら、当然有罪だと思われる被告人に対しても、少しでも刑が軽くなるように頑張ります。

ところが、御子柴の場合は減刑どころか、あわや無罪判決を狙って一見途方もないように見える主張をする。そして、それが正しいという事を明らかにするために、的確な証人を連れて来て見事な尋問テクニックで的確な証言をさせている。

それが強引なやり方に見える事でヤリ手だとか悪魔と評価されてるのかもしれないけど、実は弁護人の職責として当然やるべき事をやっているだけなんです。

どこまで弁護人としての仕事を追求するか。それを一番よく理解し頑張ってやっているのが御子柴なのかもしれないですね。

画像ギャラリー【全7枚】を見る Face, Human, Person

1月4日放送の第5話は「老人ホーム介護士殺害事件」の解決篇。思わぬ方向へ展開していく裁判の結果を楽しみにしつつ、あなただけの「ここがスゴイぞ!」ポイントを探してみては?

<第5話あらすじ>

「俺が必ずあんたを救ってみせる」ついにつかんだ逆転勝訴への糸口。御子柴(要潤)と洋子(ベッキー)は、稲見(勝野洋)を救う手がかりを求め奔走する。

一方、検事の岬(津田寛治)は稲見を呼び出し、改めて問う。少年時代の御子柴と同じように罪を償わないのかと。裁判は、誰もが予期しない衝撃の結末を迎え――。

太陽
ドラマ
の最新記事
『マウンテンドクター』岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二が出演!「ぜひ大切な誰かと見ていただきたいです」

『マウンテンドクター』岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二が出演!「ぜひ大切な誰かと見ていただきたいです」

2024年05月19日 |

17:00


『ああっ!僕のアシさま』FODで独占見放題配信!WEBマンガ家と鉄壁美男アシスタントの仕事場ラブロマンス

『ああっ!僕のアシさま』FODで独占見放題配信!WEBマンガ家と鉄壁美男アシスタントの仕事場ラブロマンス

2024年05月18日 |

14:00


<試写室>『おいハンサム!!2』珍妙に次ぐ珍妙…いつも通りの、わけのわからない笑いをかっさらう!スパーキングなエピソード

<試写室>『おいハンサム!!2』珍妙に次ぐ珍妙…いつも通りの、わけのわからない笑いをかっさらう!スパーキングなエピソード

2024年05月18日 |

07:00


バカリズムの“誘拐犯”は身近なあの人物だった!SNS 「怖…」「おかしいと思ってた!」『イップス』

バカリズムの“誘拐犯”は身近なあの人物だった!SNS 「怖…」「おかしいと思ってた!」『イップス』

2024年05月17日 |

22:02


『イップス』第7話の犯人ゲストは、村上佳菜子!元フィギュアスケーター役「スケートに対する愛の大きさは私と重なります」

『イップス』第7話の犯人ゲストは、村上佳菜子!元フィギュアスケーター役「スケートに対する愛の大きさは私と重なります」

2024年05月17日 |

21:58


『イップス』鈴木亜美が本人役でフジ連ドラ初出演!「ドラマだけど普段通りのお仕事の感じで少し不思議な感覚でした」

『イップス』鈴木亜美が本人役でフジ連ドラ初出演!「ドラマだけど普段通りのお仕事の感じで少し不思議な感覚でした」

2024年05月17日 |

21:07