公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ

2023年01月02日 |

00:00

『生ドラ!東京は24時』7 MEN 侍「誰にも結末がわからない。一緒にドキドキして」_site_large

『生ドラ!東京は24時』7 MEN 侍「誰にも結末がわからない。一緒にドキドキして」

1月3日(火)24時40分~火曜ACTION!『生ドラ!東京は24時』※関東ローカル

めざましmedia編集部

この記事をシェア

完全ワンカット、生放送のスペシャルドラマ『生ドラ!東京は24時』より、7 MEN 侍のコメントが到着。

火曜ACTION!『生ドラ!東京は24時』第2夜(1月3日/フジテレビ ※関東ローカル)が放送されます。

<『生ドラ!東京は24時』の関連記事>

舞台は、深夜24時を過ぎた東京。日付が変わっても、この街は決して眠りません。コンビニで働いている人、夫婦げんかをしている人、今まさに泥棒に入ろうとしている人…ときに人生が変わるドラマティックな瞬間が起こるかもしれない時間帯。

本作は、そんな24時の東京に生きる市井の人の物語を、まさに「何が起こるかわからない」ワンカット生放送で送るスペシャルドラマです。

第1弾(2022年3月31日/関東ローカル)の放送後、「すごく楽しかった!」「テレビでこのドキドキ感を味わえるとは!次回作に期待!」との声が番組HPやSNSなどに数多く寄せられ、そんな視聴者の声に後押しされ、第2弾の放送が決定。

第2夜「美大の駅伝」は、美大に通いながら駅伝に情熱を注ぐ若者たちの物語。ナビゲーターは、筧利夫さんが務めます。

「#佐々木大光にやってほしい一発ギャグ」を募集!

今回も番組公式Twitterでは視聴者参加型の企画として、「#(ハッシュタグ)東京は24時」「#佐々木大光にやってほしい一発ギャグ」を募集。

視聴者投稿から選出されたギャグは、生放送のドラマ中に佐々木さんに伝えられ、即興で一発ギャグを披露する予定です。詳細は、番組公式Twitterまで。

また、放送終了後、出演者が生放送を振り返る「生ドラ!東京は24時 大反省会」を見逃し配信限定の特典映像として、1月5日(木)12時よりTVerやFODで配信します。

なお、鈴木保奈美さん、藤原丈一郎(なにわ男子)さんと出演者らが生放送を振り返った「生ドラ!東京は24時 大反省会」はTVerとFODで無料配信中。※1月11日(水)23時59分まで

『生ドラ!東京は24時』7 MEN 侍「誰にも結末がわからない。一緒にドキドキして」_bodies

火曜ACTION!『生ドラ!東京は24時』第2夜「美大の駅伝」(関東ローカル)は、1月3日(火)24時40分より、フジテレビで放送されます。

<あらすじ>

1月3日、大学生ランナーたちが最も憧れる「箱根駅伝」の総合優勝が決まる日。トップでゴールした大学チームは日本一の称賛を浴びる。

そんな「箱根駅伝」への出場を夢見る美大生・武藤琢磨(むとう・たくま/中村嶺亜)だが、大学に駅伝部はなく、申請しても「君たちがやるべきことはほかにあるだろう」と相手にされない。

「美大生だって『箱根駅伝』を目指していいだろう!『箱根駅伝』と同じコースを完走したら駅伝部を作る許可をくれ!」と学生課に宣言した武藤は、同じ志を持つ桐生駿太(きりゅう・しゅんた/矢花黎)、長岡秀治(ながおか・しゅうじ/佐々木大光)、嵯峨野信吾(さがの・しんご/菅田琳寧)、桜木十太朗(さくらぎ・じゅうたろう/本髙克樹)、秋田昴成(あきた・こうせい/今野大輝)らを集めて、駅伝部設立をかけて挑むことに。

まさに「箱根駅伝」が開催されているなか、本家に迷惑がかからないようにと、ゴールはほかの場所へ。しかし、何時間たってもゴールに到着する気配はなく、最終走者にたすきが渡ったのは、夜の22時過ぎ。

もうすぐ25時を迎えようとしているが、最終走者は足が痛いと諦める寸前で…。

<7 MEN 侍 コメント>

――オファーを聞いたときは、どう思いましたか?

中村嶺亜:すごくぶっ飛んでいて難しい企画ですが、その分、楽しみだなと思いました。普通のドラマは、監督の頭の中のイメージを納得いくまで撮影して編集して音楽をつけて、完成させていく。でも、この生ドラマの展開は誰もわからないところが、とても楽しみです。

年始早々、テレビを通して生放送で作品を届けられるお仕事をいただけたことがありがたいですし、新年のいいスタートが切れそうだなと思いました。

菅田琳寧:2023年の目標は「グループでテレビにたくさん出演すること」なんです。だから、新年始まってすぐにグループで、しかもジャニーズJr.が誰も経験したことない生ドラマという仕事を担当させていただけことがすごくうれしいです。

僕が演じる嵯峨野は、監督さんにも言われたのですが、アドリブもどんどん入れてもよさそうなので、どれだけアドリブ入れられるか、と考えています。僕のアドリブにもご期待いただけたらと思います。

本髙克樹:ワンカットのドラマ企画というのは、あまり馴染みがなくて。A.B.C-ZさんがワンカットのMVを撮影したときに参加したことはありますが、曲は3分くらい。でも今回は、その10倍以上の時間のドラマなので、どんなふうになるのかなと思いました。

監督さんが「ハプニングがあっても、それをアドリブで乗り越えていく展開も面白いと思う」とおっしゃっていたんですが、僕が演じる桜木はアドリブが入れづらい役なので、セリフを飛ばしたら「俺、終わるんだろうな」と思って少し怖くなっています(笑)。

佐々木大光:初めて読み合わせをしたときに「そういえば、メンバーだけで演技したのは初めてだな」と思いました。先輩の舞台に全員で出演させていただくことはありますが、6人メインで演技の仕事はなかったので、新しい発見がありました。

あと、番組ツイッターで僕がやらせていただく一発ギャグを募集します。稽古場では、監督がお題をだしてくださったんですが、結構過酷で(笑)。

僕がスベると全員が引きずっちゃうので、放送事故にならないためにも、やさしいネタをお願いします(笑)。視聴者のみなさんにかかっていますので、よろしくお願いします!

今野大輝:僕と矢花以外は、ドラマ出演の経験があるなかで、初めて6人そろってドラマに出演するというのは初めてなので、すごくワクワクしています。

監督さんから「自由にやってみて」とおっしゃっていただいたので、本番が楽しみです。

矢花黎:30分の生ドラマなんて、いい意味でめちゃくちゃな企画だと思いました。しかも、僕自身は初めてのドラマ出演になるので、セリフをきちんと覚えられるかなと不安になりました。

しっかり覚えて、本番も緊張と寒さでセリフを飛ばさないようにやれたらと思います!

――台本を読んだ印象は?

中村:監督さんが台本を作られるなかで、僕たちのYouTubeなどを見てアテ書きしてくださった部分もあるとうかがいました。だから、とても演じやすいです。

稽古していても、メンバーなのか役なのかわからなくなる瞬間があって。パラレルワールドにいる自分たちのような感覚になるので、演じていてとても楽しいです。

今野:自分たちの現実に近いところも、多いよね。

中村:あと、美大生が駅伝をやるというテーマは、監督の身近にあった実話をヒントにされていると聞いて驚きました。

菅田:監督さんが描くストーリーを、この6人で再現できたらうれしいです。

矢花:その日の「箱根駅伝」の話題がでてきたり、大学の課題の提出期限が過ぎていたりという時間の感覚が、生放送なので本当にリアル。そんなリアルな時間の中で、自分たちはテレビドラマに出演して演技することは不思議な体験になるんだろうな、と思います。

中村:ちょうど「箱根駅伝」が開催されていた日にやらせていただくので、セリフも直前まで決まっていない部分が多いんです。当日の結果などで決まるので、そこも楽しみでありながら…こんなこと言っちゃダメかな?できたら、言いやすい大学が優勝してくれたらいいなぁなんて、実はドキドキしています(笑)。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

中村:僕は、大学で美術を専攻していて、実際に油絵を学んでいました。なので、美大生役ができてうれしかったです。全員でドラマをやらせていただく機会があって、例えば大学生役だったらどんな大学に通って、どんなサークルに入っている設定が僕たちに合うのかなと考えていたんですが、今回、美大生と聞いてすぐに納得できました。

僕の通っていた大学では、ほかの学科に比べて、美術専攻の学生が特に個性的な印象だったので、7 MEN 侍も良い意味でバラバラ、それぞれの個性が強いのでぴったりだと思いました。

琳寧の陸上、僕の美術、それぞれのキャラクターを見てくださってアテ書きしていただいた部分もありますので、すごく演じていて楽しい。

ファンの方には普段の僕たちと役のキャラクターを比べながら楽しんでいただきたいです。誰にも結末がわからない、生放送のドラマなので視聴者のみなさんも一緒にドキドキして見てもらえたらなと思います。

菅田:自分は陸上をやっていたので、陸上に関わる作品でお芝居がやりたいとずっと思っていました。なので、今回この作品に出演できることがすごくうれしいです。新年早々、視聴者のみなさんもハラハラドキドキするような体験を一緒に共有していけたらいいなと思います。メンバーでいちばん走る役なので頑張ります!

本髙:2023年が始まってすぐ、このような大きな仕事でスタートさせていただいてありがたいですし、7 MEN 侍の歴史にも残るような大仕事なので責任を感じています。多くの方に見ていただきたいという思いでこの大仕事に挑ませていただきます!

自分たちのキャラクターに近い部分もあったり、監督の身近で起きたノンフィクションの部分だったり、そういうリアリティも楽しんでいただきたいなと思います。同時に、日本一有名な「箱根駅伝」をテーマにやらせていただけることを誇りに思って頑張ります!

佐々木:今まで高校生役が多かったので、大学生役は僕にとって新たなチャレンジになります。大学生の青春という要素もあり、新年明けてすぐのドラマなので、明るくみなさんにいい作品を届けられたらいいなって思います。

今野:僕個人としては、初のドラマ出演になるので、ファンのみなさんにも楽しんでいただけたらいいなと思います。

矢花:メインで言葉を発するお仕事は朗読劇だけで、テレビドラマは初めてなんです。しかも、テレビ番組に出させていただくとき、僕はいつも借りてきた猫状態なんですよ…。新年明けてすぐのタイミングで、こんなにテレビで僕が言葉を発することは、今後5年間ないかもしれない(笑)。

セリフがあるドラマだからこそしゃべる機会をたくさんいただけたので、「矢花、こんなにしゃべれるんだ」と、いつもとは違う一面に期待していただけたらと思います。

中村:矢花がみんなに突っ込んでいくポジションなので、セリフがすごく多いんです。彼にもそこは頑張っていただきたいですね!稽古でもセリフを変えてアドリブいれてみて、絶好調だったよね。みなさん、ぜひ楽しみにしてください!

今野:(ハードルを)あげてる、あげてる(笑)。

中村:桐生は、矢花にしかできない。彼が作品を引っ張っているところもあるので、成功するかどうかは彼にかかっているなと…。

矢花:いやな予感がする…。

中村&菅田&本髙&佐々木&今野:成功の鍵は、矢花が握っています!

矢花:(笑)。7 MEN 侍単独としての初仕事でこのような大仕事をやらせていただくので、しっかり成功させて気持ちのいい状態で新年のスタートを切って、グループで2023年も頑張りたいという意気込みで臨みます!

<番組概要>

火曜ACTION!『生ドラ!東京は24時』

第2夜「美大の駅伝」

放送日時:1月3日(火)24時40分~関東ローカル

出演:

7 MEN 侍(ジャニーズJr.)

莉子

升毅、金田明夫 ほか

ナビゲーター:筧利夫

テーマソング:カワイヒデヒロ「Tokyo24:00」

脚本・演出(第2夜):池田亮(ゆうめい)

企画・チーフプロデューサー:五十嵐元(フジテレビ第二制作部)

プロデューサー:草ヶ谷大輔(フジテレビ第一制作部)

(敬称略)

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/namadrama/

公式Twitter:https://twitter.com/namadrama_tokyo

公式Instagram:https://www.instagram.com/namadrama_tokyo/

公式TikTok:https://www.tiktok.com/@namadrama_tokyo

画像アイコン

この記事の画像

(全1枚)

画像
太陽
ドラマ
の最新記事
<試写室>『おいハンサム!!2』なんやかんや、源太郎パパ(吉田鋼太郎)の一言は間違いない!あらすじなんてものは、必要ないんですッ

<試写室>『おいハンサム!!2』なんやかんや、源太郎パパ(吉田鋼太郎)の一言は間違いない!あらすじなんてものは、必要ないんですッ

2024年04月20日 |

07:00


『心はロンリー 気持ちは「…」FINAL』ナインティナインがサプライズ出演!事前&公式ガイド番組の放送も決定

『心はロンリー 気持ちは「…」FINAL』ナインティナインがサプライズ出演!事前&公式ガイド番組の放送も決定

2024年04月20日 |

05:30


『イップス』第3話に塚本高史が出演!世間から「フラワー健一郎」と呼ばれている“お花畑”な二世の都議会議員役

『イップス』第3話に塚本高史が出演!世間から「フラワー健一郎」と呼ばれている“お花畑”な二世の都議会議員役

2024年04月19日 |

21:58


篠原涼子&バカリズムの“カラオケ”にツッコミ殺到!「15の夜熱唱すなw」「恋しさと切なさと心強さとを…」『イップス』

篠原涼子&バカリズムの“カラオケ”にツッコミ殺到!「15の夜熱唱すなw」「恋しさと切なさと心強さとを…」『イップス』

2024年04月19日 |

21:56


『366日』第3話直前に坂東龍汰&長濱ねる&綱啓永がインスタライブ開催!ドラマの裏話や“推しドラ”発表も

『366日』第3話直前に坂東龍汰&長濱ねる&綱啓永がインスタライブ開催!ドラマの裏話や“推しドラ”発表も

2024年04月19日 |

19:30


【毎週更新】木曜劇場『Re:リベンジ-欲望の果てに-』あらすじ完全版まとめ

【毎週更新】木曜劇場『Re:リベンジ-欲望の果てに-』あらすじ完全版まとめ

2024年04月19日 |

18:00