公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
エンタメ

2023年05月10日 |

00:00

Ado「元気がないときにも手を差し伸べてくれる」新曲「いばら」を語る_site_large

Ado「元気がないときにも手を差し伸べてくれる」新曲「いばら」を語る

めざましmedia編集部

この記事をシェア

Adoさんが、新曲「いばら」について思いを明かしました。

Adoさんが、今年2⽉に配信した「アタシは問題作」以来、3ヵ⽉ぶりに新曲「いばら」を、5月9日に配信リリースしました。

Ado「元気がないときにも手を差し伸べてくれる」新曲「いばら」を語る_bodies

この楽曲は、今年の4⽉で30周年を迎えた『めざましテレビ』(フジテレビ)の新テーマソング。

<『めざましテレビ』新テーマ曲はAdo「いばら」Vaundyとのタッグ>

Vaundyさん楽曲提供による応援歌で、“今よりずっと朝が⾒えるはず”と語りかけるようなAdoさんの歌が、夢を追いかけている⼈、頑張っている⼈をやさしく奮い⽴たせてくれるエナジーソングです。

Adoさんは、「いばら」の配信を記念して、5月1日、記者向けのリモート合同取材に出席。楽曲やMUSIC VIDEOに関して、6⽉から開催される⾃⾝最⼤規模となる全国ホール&アリーナツアー「マーズ」の意気込みなどを語りました。

<Ado インタビュー>

Ado「元気がないときにも手を差し伸べてくれる」新曲「いばら」を語る_bodies

――「アタシは問題作」リリース以来のリモート取材ですが、約3ヵ⽉を振り返っていかがですか?

最近は、全国ホール&アリーナツアー「マーズ」も近くなりつつあるので、ライブの準備をやっていかないといけない気持ちもありつつ、同時進行で、レコーディングを行っています。

あっという間に5月になり、「4月はどこに行ってしまったんだろう…」と思っています(笑)。

<Ado 素顔は「うっせぇわ」とは真逆!新曲「アタシは問題作」では「本当に本音を歌えた」>

――4月3日より、ニッポン放送「オールナイトニッポン」の月曜パーソナリティを担当することになりましたね。

生放送ということもありまして、初めはとても緊張していたのですが、回を重ねるごとに少しずつ慣れてきた部分もあります。

歌と(ラジオで)話すのは、同じ声を使うことでも、やりがいが全然違うと思いました。

<Ado、あの、あいみょんが、4月より「オールナイトニッポン」の新パーソナリティを担当>

――30周年を迎えた『めざましテレビ』の新テーマソングのオファーを受けた感想は?

“Ado=朝の番組”に結びつくのは、「珍しいかもしれないな?」と思うのと、「Adoの声を朝から聴きたいのかな…」という思いがあります。

自分の性格やAdoとしての活動が、陰や内側の部分を歌ってきたこともあるので…朝という一番エネルギーが必要で、心が気持ちいい部分に「Adoが入ってきてもいいのだろうか」と。

もちろん、すごくありがたいことだからこそ、「大丈夫かな…」という感想が浮かんでしまいました。

――新曲「いばら」はどのような楽曲ですか?

楽曲提供をVaundyさんにしていただきました。「ONE PIECE FILM RED」で「逆光」を提供していた以来の2度目となります。

「逆光」でロックなサウンドを仕上げていただいたときは、すごく驚きまし、今回の「いばら」も同じくロックですが、「逆光」とはまた違った、希望に満ちたりているソウルフルなロックに仕上がっています。Vaundyさんは、本当に多彩な方だと改めて思いました。

ご自身の楽曲もロックやシティポップなど(さまざまなジャンルで)制作しているので、とんでもない才能をお持ちだと、「いばら」を初めて聴いたときに感じました。

「いばら」は、今回30周年を迎えた『めざましテレビ』の新テーマソングになっていますが、朝という時間帯、朝という情景にスポットを当てた楽曲にもなっています。

一番希望に満ちる瞬間と言いますか、希望に満ちていてほしい朝、そういう情景を楽曲に落とし込むのが、すごく上手だなと思いました。

「どんなにつらいことがあっても、必ず自分の思いを忘れずに進めば、あなたに朝が来る」という熱いメッセージが込められています。たくさんの皆さんに、ぜひ聴いてほしいです。

あとは、夢を追いかけている学生の方は、『めざましテレビ』を見ている方が多いと思います。私も朝にニュース番組を見て、通学する中学、高校時代を送っていました。

頑張っている皆さまに、とくに聴いていただきたい楽曲です。

――「いばら」の歌詞を読んだとき、どのような印象を感じました?

言葉で刺してくる感じ。歌というものを越えて、メッセージ・心にある訴えが伝わってくる胸アツな感じがありました。

私が夢を追いかけている高校生のころに、この言葉たちに出会っていたら、「もっと励みになるだろう」と。

高校生や学生の皆さま、年代問わず夢を追いかけている方にも、刺さるものがあるだろうと思います。

――楽曲を聴いてイメージしたことはありますか?

私が思い浮かんだのは、まさに「希望」です。どれだけ背中を押してくれるんだろう、と。

本当に元気になれる楽曲ですし、元気がないときにも手を差し伸べてくれる楽曲です。

海外進出への決意「たくさんの思いを海を越えても発信できたら」

――ミュージックビデオも5月9日に公開されますが、どのような作品ですか?

イラストレーターのてんてこさんに、イラストを担当していただきました。

もともと、てんてこさんのイラストを個人的に拝見していまして、すごく好きなんです。

今回の「いばら」は、てんてこさんのポップさがある絵柄やイラストの中に、私のイメージカラーである青を最大限に表現してくださいました。

MVのストーリーも、一人の少女が傷や恐れを抱えながらも、立ち向かって、自らの足で歩いていく姿が、何かを追いかけている人たちにとって、その人自身と重なる部分があると思います。強いメッセージを描いてくださいました。

――Adoさんが歌唱アプローチを選択する際に、重視することは何ですか?

レコーディングに入る際に大事にしているのは、歌詞を重視して、歌の感情や声質、表現を使い分けることです。

ただ、レコーディングが終わり、いざ聴いてみると、「本当にこれでいいのか?」と不安になったり、「この表現方法は、やりすぎなんじゃないか」と感じ、(アプローチを)変えてみたりします。

録音するときは、全く悩むことはないんですが、データを納品する前に確認すると、「このままではいけない気がする」と疑問を持ってしまうことが、最近増えました。

それでも、悩んだままデータを納品することはなくて、最終的に自分が納得するところに落ち着いてリリースします。

――Adoさん自身が、「元気がない朝は必ずこれをする」というルーティンははありますか?

ハマっている曲を聴くとかですかね。

私は、気分が変わりやすくて、1週間前はこれを聴いていたくせに、今週は全然違うのを聴いているという感じで、いろんな系統を聴くので、日によってバラバラなんです。

今ハマっているのは、ボーカロイドですと、パトリチェフさんの「ROUTE 23」という楽曲。J-POPですと、Winkさんや、カヒミ・カリィさんの「ハミングがきこえる」、中森明菜さんなどの時代を彩ってくださったアイドルの皆さんを聴いています。

Winkさんでいうと、他の方が楽曲をシティポップにリミックスしたものをよく聴いていまして、音楽の影響なのか、最近見ているアニメや動画が70年代~80年代の作品が多くて。

このままいくと服装まで変わってしまいそうです(笑)。

――今後挑戦してみたい楽曲のジャンルはありますか?

個人的な好みですが、ラップ調の曲や、落ち着いたシティポップのような曲ができればと思っています。

あとは、洋楽のような日本語ではない言語で挑戦できたらとも思っています。英語に限らず、K-POPも好きなので、韓国語もそうですし、いろんな言語でできたら。

――6月から自身初となる全国ホール&アリーナツアー「マーズ」が開催されます。どのようなツアーにしたいですか?

夏に開催されますので、燃え上がるようなツアーを、ファンの皆さまがいるさまざまな場所で行いたいです。

あとは、初めての「日本武道館」、「大阪城ホール」、「横浜アリーナ」もありますので、ここでも燃え上がるようなライブができたらと思います。

ライブは毎回、「一番素晴らしいものでありたい!」という思いが自分の中にあり、過去に行った「全国ツアー“Ado LIVE TOUR 2022-2023『蜃気楼』」が、皆さんにとって素晴らしい思い出になっていてほしいという思いもありますが、そこが一番になってほしくはない。

毎回毎回のライブが、最高を更新できればと思っています。

――最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

Adoとして、「オールナイトニッポン」や、30周年を迎えた『めざましテレビ』のテーマソングを担当させていただいたり、たくさんのことをやらせていただいています。

それは、私が把握できないほどの皆さまの応援があるからこそだと思っています。

自分は、本当に与えられてばかりだと思っています。皆さまが与えてくださった分、お返しができるように、これからの未来も全力で頑張っていきます。

そして、いずれは世界にアプローチをして、皆さまのたくさんの思いを海を越えても発信できたらと思っています。

今後もAdoに期待していただければうれしいです。

画像アイコン

この記事の画像

(全2枚)

画像
画像
太陽
エンタメ
の最新記事
ぺえ 32歳の誕生日は千葉雄大と!「大好きな両親の元に産まれてこれてよかった」つらかった過去も告白

ぺえ 32歳の誕生日は千葉雄大と!「大好きな両親の元に産まれてこれてよかった」つらかった過去も告白

2024年04月22日 |

21:45


広瀬すず ビールを片手にを自由時間を楽しむ新CMが公開!プライベートは“ねこちゃん”最優先

広瀬すず ビールを片手にを自由時間を楽しむ新CMが公開!プライベートは“ねこちゃん”最優先

2024年04月22日 |

21:16


反町隆史 50歳で20代のマネージャー以上の“肌測定値”を叩き出し「『ウソっぽいな』って思ってます?」とニヤリ

反町隆史 50歳で20代のマネージャー以上の“肌測定値”を叩き出し「『ウソっぽいな』って思ってます?」とニヤリ

2024年04月22日 |

20:46


みちょぱ(池田美優)ハワイ挙式で着用 美背中を披露のセクシーマーメイド&透け感チュールドレスのこだわり明かす 

みちょぱ(池田美優)ハワイ挙式で着用 美背中を披露のセクシーマーメイド&透け感チュールドレスのこだわり明かす 

2024年04月22日 |

20:22


青山なぎさ “彼女感あふれる”あざとかわいいショットを公開 ヒラリと揺れる春色ワンピで爽やかスマイル

青山なぎさ “彼女感あふれる”あざとかわいいショットを公開 ヒラリと揺れる春色ワンピで爽やかスマイル

2024年04月22日 |

18:07


広瀬アリス 学生時代の失恋語る 眞栄田郷敦のストレートすぎる告白に思わず赤面も 月9ドラマ『366日』

広瀬アリス 学生時代の失恋語る 眞栄田郷敦のストレートすぎる告白に思わず赤面も 月9ドラマ『366日』

2024年04月22日 |

17:00