トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ
『時をかけるな、恋人たち』伊藤万理華、西垣匠、じろうらが出演!_site_large

『時をかけるな、恋人たち』伊藤万理華、西垣匠、じろうらが出演!

10月10日(火)スタート!毎週火曜23時~火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

『時をかけるな、恋人たち』のキャストが発表されました。

カンテレ・フジテレビ系火曜23時のドラマ枠「火ドラ★イレブン」で、10月10日より、『時をかけるな、恋人たち』が放送されます。

吉岡里帆さん主演、恋の相手役は、永山瑛太さん。時間SFを得意とする、ヨーロッパ企画の上田誠さんのオリジナル脚本で、初共演となる二人が、タイムパトロール隊のメンバーとして、時をかけてくる恋人たちを取り締まりながら、時空を超えた本気の恋をするタイムパトロール・ラブコメディです。

<吉岡里帆&永山瑛太が初共演!時空を超えたタイムパトロール・ラブコメディ『時をかけるな、恋人たち』>

吉岡さんは、令和の時代を生きる主人公・常盤廻(ときわ・めぐ)を、永山さんは、未来からやってきたタイムパトロール隊員・井浦翔(いうら・かける)を演じます。

特命を受けた廻は、翔と一緒に、恋の事情を抱えて時空を超えてやってくる違法なタイムトラベラーを取り締まることになりますが、そんな廻を待ち受けていたのは、翔との“恋の超展開”! 

しかし、二人の運命はそれだけに収まらなかった…!?実は、かつて廻と翔は、時をかけて恋に落ちた恋人同士だったのだ…というのが、物語の導入部分。

このたび、伊藤万理華さん、西垣匠さん、田中真琴さん、夏子さん、石田剛太さん、じろう(シソンヌ)さんの出演が発表されました。

恋の超展開に絡んでくる豪華キャスト陣が解禁!

伊藤万理華さんが演じるのは、ポーカーフェイスで淡々と業務をこなす、パトロール基地のオペレーター・天野(あまの)りおん。

じろうさんが演じるのは、タイムパトロール隊のメカニック担当・八丁堀惣介(はっちょうぼり・そうすけ)。

ヨーロッパ企画の石田剛太さんが演じるのは、隊長の和井内秀峰(わいない・しゅうほう)。

『時をかけるな、恋人たち』伊藤万理華、西垣匠、じろうらが出演!_bodies

左から)じろう、伊藤万理華、永山瑛太、吉岡里帆、石田剛太

西垣匠さんが演じるのは、現代の令和で主人公・廻の恋心をざわつかせる“超罪作り”な後輩・広瀬航(ひろせ・わたる)。

『時をかけるな、恋人たち』伊藤万理華、西垣匠、じろうらが出演!_bodies

左から)吉岡里帆、西垣匠

田中真琴さんが演じるのは、主人公が務める会社の受付・梓若菜(あずさ・わかな)。

夏子さんは、タイムパトロールの少年課に所属し、翔のフィアンセ・リリリーを演じます。

ドラマでは、毎話、時をかけてくる恋人たちの役でゲストも登場します!

火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』は、10月10日(火)スタート!毎週火曜23時より、カンテレ・フジテレビ系で放送されます。

<伊藤万理華 コメント>

――出演が決まったときは、どう思いましたか?

何度もお世話になった山岸聖太監督とまたご一緒できるということと、ヨーロッパ企画の方といろんな形で共演させていただいていたので、やっと上田さん脚本作品に出演できるんだ、という二重の喜びがあり、しかもテーマが大好きなSFで…こんな幸せなことがあっていいのかなとすごくワクワクしました。

――伊藤さん演じる、天野りおんはどんな役どころですか?

チーム内の役割分担として、オペレーター的な役割をしています。賑(にぎ)わっているほかのメンバーに比べ、仕事メインです。

真面目にポーカーフェイスで業務をこなしているのですが、実は、天野もかなり秘めています。後半にかけて、吉岡さん演じる廻をきっかけに、どんどん表情の変化があって、どんどん心がいろんな意味で揺らいで開かれていきます。

ポーカーフェイスといえど、実はすごく素直っていうイメージの役です。

――伊藤さんご自身と似ている点はありますか?

難しい言葉を使うし、私自身は機械に弱いし…それでいうと、まったく逆なんじゃないかなって思います。

――天野を演じるうえで特に心がけていることや意識していることは?

なるべく心身を落ち着かせて、ただ声のトーンを下げるだけではなく、あんまり目に力が入っていない感じがするように。

試行錯誤しながらではありますが、天野が、結構ピシッと締めるシーンもあるので、そこの説得力を出すのは大変な部分でもあります。

――だいぶ天野に慣れてきましたか?

そうですね。メイクとか衣装がかなり特徴的で、今までにない感じです。パトロール隊員のメンバーの中に入ると、すごくみなさんやさしいから、肩の力は抜けるんですけど、芝居中に天野でいられているのかはわかりません。

天野でいさせてくださっているのかなと思います。隊員のみなさんがいて、天野が成立する。チームって感じです。

――脚本を読んだ印象は?

読んでいくうちに、「あ、なるほどなるほど、一話一話の完結ではないんだ!」という…それが新しいし、でも、毎回毎回、ちょっと胸が締めつけられます。

一見、ちょっとキッチュな世界観で、色使いやキャラクターも濃いのですが、ある種、すごく心を締めつけられるラブストーリーなんです。

でも、上田さんの使う言葉とかシュールさは肩の力が抜けるし、何より後半にかけての「なるほどな」っていう伏線回収に感動したりもして、ドラマを見るのが自分も楽しみです。

――現場の雰囲気はいかがですか?

みなさんとは初共演です。パトロール隊員のレギュラーメンバー5人のみなさんとは初日から、それこそ吉岡さんがすぐに話しかけてくださって。

私も、この基地の撮影に入ってから気持ちを和らげるためにシール交換をしたり。瑛太さんがカードゲームを持ってきてくださって、ちょっと時間があくとみんなで遊んだり。

各話のゲストキャストのみなさんに対しても、すごく寛容的でやさしいです。すごく抜け感があるみなさんだなって。だから、こんなに私も自由にいられるんだと思って、すごくありがたい現場です。

石田さんは、最初から話しかけてくださる方で、じろうさんもシールのストラップをくださったり。

なんだか、みなさん謎の物々交換をしだして(笑)。そういうことで心を開いていく感じが、めちゃくちゃチームっぽいなという感じがしました。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

テーマ的には「SF」「恋愛」「時を超えた物語」というコンセプトはありますが、それ以上に「新しい」ドラマだと思います。

大人も子どもも楽しめて、あのときこうだった…と伏線回収の目線でも楽しめるし、いろんな見方をして、いろんな角度で何周もして見たくなるドラマになっていると思います。

実は、あのときの表情は、この伏線があったからの反応だったんだ…とか、それぞれの「実は」っていう瞬間を目撃してほしいです。

<西垣匠 コメント>

――出演が決まったときは、どう思いましたか?

吉岡里帆さん、永山瑛太さんらとお芝居をできることが、何よりもうれしかったです。たくさん学ばせていただこうという気持ちでした。

――西垣さん演じる、広瀬航はどんな役どころですか?

ふらふらしてますが、愛嬌でなんとかしている男だと思います(笑)。

――広瀬を演じるうえで特に心がけていることや意識していることは?

好きな人に対してまっすぐでいることです。吉岡さん演じる廻に対しても、田中さん演じる梓に対しても、真摯(しんし)に向き合うことを意識しています。

――脚本を読んだ印象は?

伏線回収や、タイムリープを扱う作品が大好きなので、とても楽しく読めました。笑って泣ける、素敵な脚本だなと感じました。

――現場の雰囲気はいかがですか?

吉岡さんも瑛太さんもとても気さくな方で、話しかけてくださいます。

吉岡さんは、仕事からプライベートまでいろんな相談に乗ってくれる姉さんという感じです。瑛太さんが日傘を剣に見立てて、「フェンシング教えてよ」と言ってくださったので、フェンシング講座を開きました(笑)。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

毎話笑って泣ける素敵な作品になっています。伏線まみれなので、第1話から絶対に見ていただきたいです!

広瀬くんも、後半波乱を起こしますので、ぜひお楽しみに!

<石田剛太 コメント>

――出演が決まったときは、どう思いましたか?

まずは、所属している劇団の上田さん脚本のドラマに出演できるということがうれしかったですし、吉岡里帆さんが「石田さんと一緒にやりたいです」って言ってくださったみたいで。すごく光栄でしたし、うれしかったですね。

ヨーロッパ企画の舞台も、いろいろと見てくださっていて、僕が以前に出た公演も見てくださっていて面白いと思ってくださったと。いろんなご縁がつながって、とってもうれしかったです。

――石田さん演じる、和井内秀峰はどんな役どころですか?

タイムパトロールの隊長です。少数精鋭のチームの隊長。実際に、精鋭かどうかはわからないですけど(笑)。

でも、隊長っぽくない隊長だなと、台本を読んだときに思いました。瑛太さんの演じる翔に、ちょっとなめられてます(笑)。じろうさん演じる八丁堀にも、なめられてます(笑)。イジられているというか…控室での実際の関係性みたいなものが、そのまま出ていると思います(笑)。

隊長役なんだけど、やらされ隊長みたいな。隊長やりたい人いないし、リーダーやりたい人いないし、だから、お前やれよ!みたいな感じで。肩書きだけの隊長みたいな…そんな役です。

――石田さんご自身と似ている点はありますか?

令和よりもさらに未来の時代の隊長なので、上下関係のない和やかな現場、仲の良いチームなんだろうなという雰囲気はあって、“仲間との関わり方”というのは自分と似ている部分ありますね。

基地のシーンはセットで撮影していますが、待ち時間でとれているコミュニケーションそのままの雰囲気が出ているような。いい意味で、大人の距離感も持ちながら。

僕もそうなんですけど、瑛太さんもじろうさんも、結構フェミニンな感じがあるんです。3人でしゃべっていると、ちょっとおばちゃん同志で話しているような感じ。女子トークしてるみたいな。

瑛太さんは話しぶりがすごく柔らかいし、じろうさんも柔らかいんです。僕も、おばちゃんっぽいところがあるので。

吉岡里帆さんと伊藤万理華さんからも「男性3人組、なんか抜け感がある」って言われて。長年やってるチームっぽいというか、お互いに親近感を持てているなと思います。

――和井内を演じるうえで特に心がけていることや意識していることは?

撮影に入る前に上田さんに「隊長っぽくやらなくて大丈夫ですよね?」って聞いたら「いつもの感じでやってくれたら!」みたいに言われたので、同じ劇団ということで脚本家とコミュニケーションが身近にとれるっていう、準備段階からすごくラッキーなポジションにいたんで、役作りに関しては、この役に自分が近づいていくというよりは、自分からにじみ出るものが役になっていけばいいなと思ってるんで、そのままの自分という感じです。

テレビとプライベートと同じって言われることも多くて、今回も自分そのままで演じたいと思っています。

――脚本を読んだ印象は?

第1話から第5話までは、時をかけてくる恋人たちと僕たちとの関わりが本当に面白いんですけど、実は、第5話以降からが本当の始まりで、伏線をガンガン回収していって、どんどん面白くなる作品ですね。

やっぱりタイムトラベルものって、ヨーロッパ企画のお客さんは大好きだと思いますし、時間ものや伏線回収は、上田さんの本領発揮で、腕をぶん回してやってるなっていう感じがして、いいぞいいぞ!やれやれ!という感じで思っています。

今回、新たに知っていただいた方には、伏線のすごさで、もう1回第1話から見返したいんだけど…みたいなことになればいいなと思います。

僕自身は、第7話くらいなったときに、もう一度、第1話と第2話を見返したらつながってた!みたいな見方が面白いなと。

配信もあるので、見返しながら見る…みたいな、そういう見方もいいですよね!

――現場の雰囲気はいかがですか?

カメラを回す前にやる段取りで、瑛太さんが思いもしない行動をしたんですよね。僕に殴りかかってきたんです。びっくりして、お芝居吹っ飛んだんですけど、瑛太さんから「お芝居って自由でしょ」って言われて、「うわ…ほんとにそうだよな」と。

瑛太さんが仕掛けをたくさんしてきてくれるんですよね。で、僕もそれに応えたいなと。改めて、お芝居って自由だなと。そういう気持ちになれてうれしかったし、お芝居大好きなんだなと思いました。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

1秒足りとも見逃せないタイムトラベルもの、 超展開の恋愛ドラマになっておりますので、マジで1秒たりとも見逃さないように見てほしいです。

いろんなところに伏線が隠れていますし、瞬(まばた)きなしで見てもらいたいなと思います!

<じろう コメント>

――出演が決まったときは、どう思いましたか?

うれしかったです。

――じろうさん演じる、八丁堀惣介はどんな役どころですか?

昭和っぽい人な感じがします。

――八丁堀を演じるうえで特に心がけていることや意識していることは?

違和感なくその空間にいること。いさせてもらってます。

――脚本を読んだ印象は?

とても整っています。美しいです。

――現場の雰囲気はいかがですか?

石田さんがお芝居が好き過ぎて追い芝居がすごいです。「石田さん、そこオフ(喋らない)でお願いします」と言われるのを見るのが、楽しかったです。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

素敵なお話です。汚れた心が、きれいになりますよ。

<番組概要>

火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』

放送日時:10月10日(火)スタート!毎週火曜23時~カンテレ・フジテレビ系

出演:吉岡里帆 永山瑛太 伊藤万理華 西垣匠 田中真琴 夏子 石田剛太 じろうほか

脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)

音楽:王舟

プロデューサー:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)

監督:山岸聖太

制作協力:ホリプロ

制作著作:カンテレ

(敬称略)

公式HP:http://www.ktv.jp/tokikake/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/kadora_11

公式Instagram:https://twitter.com/kadora_11

画像アイコン

この記事の画像

(全2枚)

2枚の画像を見る
2枚の画像を見る
太陽
ドラマ
の最新記事
「一番ドラマ化して欲しいBL小説」に選ばれた作品が待望の映像化!台湾BLドラマ『奇蹟』FODで独占見放題配信

「一番ドラマ化して欲しいBL小説」に選ばれた作品が待望の映像化!台湾BLドラマ『奇蹟』FODで独占見放題配信

2024年06月17日 |

14:00


広瀬アリス&眞栄田郷敦ら制服で集合写真!JO1・佐藤景瑚は“美少女”っぷりを発揮しSNSに「かわいすぎ」の声『366日』

広瀬アリス&眞栄田郷敦ら制服で集合写真!JO1・佐藤景瑚は“美少女”っぷりを発揮しSNSに「かわいすぎ」の声『366日』

2024年06月17日 |

11:42


杉咲花が語る『アンメット ある脳外科医の日記』への思い&撮影秘話!「あと90話分くらい撮影していたい気持ちです」

杉咲花が語る『アンメット ある脳外科医の日記』への思い&撮影秘話!「あと90話分くらい撮影していたい気持ちです」

2024年06月17日 |

08:00


三瓶(若葉竜也)のことが誰なのかわからなくなったミヤビ(杉咲花)!発作はすぐに収まるが…『アンメット』第10話予告

三瓶(若葉竜也)のことが誰なのかわからなくなったミヤビ(杉咲花)!発作はすぐに収まるが…『アンメット』第10話予告

2024年06月17日 |

08:00


蒲生美智留(内田理央)が悩みや欲望を抱える人々を操り…土ドラ『嗤う淑女』松井玲奈、大東駿介、内藤秀一郎が出演!各話ゲストも発表

蒲生美智留(内田理央)が悩みや欲望を抱える人々を操り…土ドラ『嗤う淑女』松井玲奈、大東駿介、内藤秀一郎が出演!各話ゲストも発表

2024年06月17日 |

06:30


『366日』広瀬アリス、眞栄田郷敦らがクランクアップ!HYがサプライズで登場&主題歌を生披露に思わず涙

『366日』広瀬アリス、眞栄田郷敦らがクランクアップ!HYがサプライズで登場&主題歌を生披露に思わず涙

2024年06月17日 |

05:30