トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ
【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_site_large

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ

毎週木曜22時~『いちばんすきな花』

この記事をシェア

多部未華子さん、松下洸平さん、今田美桜さん、神尾楓珠さんがクアトロ主演を務める木曜劇場『いちばんすきな花』は、「男女の間に友情は成立するのか?」をテーマにした愛の物語。

<ドラマ『いちばんすきな花』の関連記事>

年齢も性別も、育ってきた環境も全く違う男女4人がある日、「唯一心を許せた異性の友だちが、結婚を機に友だちではなくなってしまった」「結婚を考えていた彼女を、彼女の男友だちに奪われた」「友だちになりたいだけなのに、異性というだけで勝手に恋愛と捉えられてしまう」「友だちの友だちもみんな友だちと思っていたが、気づけば本音を話せる相手はいなかった」と、それぞれの日常のなかで“友情”や“恋愛”にまつわる人間関係に直面。

境遇だけでなく、考え方もまったく違う4人が、ふとした出来事を機に巡り会い、「友情」と「愛情」というテーマに自然と向き合っていくことになるストーリーです。

毎週放送後、フジテレビュー!!独自の【あらすじ完全版】を掲載中。ここでは、その記事をまとめて紹介します。

<最新、最終話のあらすじ完全版はこちら>

<最新放送回は、TVerFODで無料配信中!>

<第1話>二人組になれなかった4人…ゆくえ(多部未華子)が塾講師になった理由

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

塾講師の潮ゆくえ(多部未華子)は、幼い頃から二人組を作ることが苦手と感じている34歳。しかし、ゆくえには学生時代から気を許せる赤田鼓太郎(仲野太賀)という唯一無二の男友達がいる。

出版社勤務の春木椿(松下洸平)は、結婚を間近に控えた36歳。子どもの頃から二人組になれなかった椿だが、妻というパートナーを得ようとしていた。

深雪夜々(今田美桜)は、26歳の美容師。1対1で人と向き合うことに怖さを感じている。

27歳の佐藤紅葉(神尾楓珠)は、コンビニで働きながらイラストレーターを夢見ていた。紅葉は小さい時から1対1で向き合ってくれる人がいないという思いを抱えている。

ゆくえは、いつものように赤田とカラオケで会っていた。普段と違っていたのは、赤田が結婚すると告げたこと。数日後、ゆくえは赤田から突然の別れを告げられてしまい…

>>第1話のあらすじ完全版

(10月13日更新)

<第2話>再び4人をつなぐ“忘れ物”

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

小学校の同窓会に参加した潮ゆくえ(多部未華子)は、当時仲の良かった友人の結婚式に自分だけ呼ばれていなかったことを知る。

コンビニのバイト終わりで帰ろうとする佐藤紅葉(神尾楓珠)は、バイト仲間たちが自分のイラストを褒めておけばシフトを代わってくれると話しているのを聞いてしまう。だが、紅葉が彼らを責めることは無い。

春木椿(松下洸平)が実家の花屋に帰宅すると、母・鈴子(美保純)と弟・楓(一ノ瀬颯)が出迎えた。椿の新居での生活を尋ねる鈴子に、椿は結婚はしないと告げる。

友人の結婚式に参加した深雪夜々(今田美桜)は、新婦の両親への手紙に涙ぐむが、帰り道、他の友人たちに感動している演技がうまいと言われてしまう。彼女たちは感動の強要と醒(さ)めていたのだ。夜々は、そんな友だちと話を合わせるが…。

夜々がアパートに帰ると相良大貴(泉澤祐希)がいた。恋人ではなく「友達からで良い」と言う相良に、夜々はなぜ友達のほうが格下のような言い方なのかと告げて逃げる。

夜々が公園に入るとそこには、紅葉がいた…。

>>第2話のあらすじ完全版

(10月20日更新)

<第3話>4人がLINEを交換!椿(松下洸平)の自宅が“部室”に

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

残したままにしていた自分の荷物を取りに、春木椿(松下洸平)の家へとやってきた元婚約者の小岩井純恋(臼田あさ美)。荷物を送るなど気を利かせてあげられなかったと謝る椿に「ごめん以外に言いたいことないの?」と問いかける純恋はそのまま家の鍵を返して帰っていく。

一方、バイトを終えた佐藤紅葉(神尾楓珠)は、忘れ物を取りにいくことを理由に、椿の家に行くが、椿はまだ帰宅していなかった。椿に会いたかった紅葉はスマホを取り出して連絡をしようとするが、連絡先を交換していなかったことを思い出す。

深雪夜々(今田美桜)は、常連の女性客がこれから女友達とご飯に行くという話を聞く。少しうらやましくなった夜々はこっそりと自分のスマホに入っている連絡先を見るも、紅葉同様に、会いたいと思った相手の連絡先を聞いていなかったことに気づく。

そして、ある日、仕事の休憩中に、紅葉へメッセージを送ろうとしていた潮ゆくえ(多部未華子)。椿と夜々の連絡先を知っているか紅葉に聞こうとするも、なんと送って良いか悩んでいると、小野寺学(菅原大吉)から、ゆくえに来客があると聞かされて…。

>>第3話のあらすじ完全版

(10月27日更新)

<第4話>“女の子でいることがつらい”夜々(今田美桜)の苦悩

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

深雪夜々(今田美桜)のアパートに母・沙夜子(斉藤由貴)がやって来た。

突然訪れた母に何か用事があったのか問いかける夜々だったが、沙夜子は「夜々に会いにくるって用事」とだけ答える。さらに着ているTシャツを見た沙夜子から「もっとかわいいの着なよ!」と言われた夜々は…。

春木椿(松下洸平)は駅へと向かう途中、ゴミ置き場の瓶に花が生けてあるのに気づく。それは、椿が小岩井純恋(臼田あさ美)に渡したものだった。花に手を合わせて去ろうとすると、近所の住人に呼び止められ、今日は燃えるゴミの日ではないと注意された椿は、仕方なく職場へ持って行くことに。

イラストの装丁の打ち合わせのため出版社を訪れていた佐藤紅葉(神尾楓珠)。編集者との打ち合わせを終えてエレベーターに乗ろうとすると、そこには椿の姿が。実は紅葉が訪れていたのは椿が勤める出版社で…。

その頃、美容院で休憩をしていた夜々のスマホには沙夜子から「お夕飯なにがいい?」と連絡が。予定はなかったものの“友達と約束している”と夜々が返すと、沙夜子は誰だと詮索してくる。

すると、困っている夜々に、潮ゆくえ(多部未華子)から「今夜ヒマだったりする…?」と連絡が入り…。

>>第4話のあらすじ完全版

(11月3日更新)

<第5話>紅葉(神尾楓珠)を苦しめる“優しいふり”…心を癒す存在は

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

朝、春木椿(松下洸平)の家で目を覚ました佐藤紅葉(神尾楓珠)。紅葉は前の晩、急に椿の家にやって来て、2人で酒を飲んだあと、そのまま寝てしまったのだ。その時のことをあまり覚えておらず恐縮する紅葉だったが、椿は優しく朝食などを準備して、コンビニのアルバイトへと送り出すのだった。

そんな紅葉のスマホに高校時代の友人・伊田幸徳(堀家一希)からナンパに行こうと突然連絡が入り…。

深雪夜々(今田美桜)は、紅葉に呼び出されて会うことに。急に呼び出したことを謝る紅葉に「暇してたんで」と答えつつ、何かあったのかを尋ねる夜々。すると夜々は不意に、潮ゆくえ(多部未華子)のことが好きかと紅葉に問いかける。突然の質問に驚く紅葉だったが、さらに夜々がゆくえの家に泊まったことを知り動揺を隠せない。

そんな折、ゆくえはインテリアショップで1人、買い物中に、赤田鼓太郎(仲野太賀)と妻・峰子(田辺桃子)にばったり遭遇する。

一方、紅葉はイラストについて、思わぬ仕事の依頼が舞い込み…。

>>第5話のあらすじ完全版

(11月10日更新)

<第6話>椿(松下洸平)が“部室”からの引っ越しを決意する

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

春木椿(松下洸平)の家で、潮ゆくえ(多部未華子)と深雪夜々(今田美桜)、佐藤紅葉(神尾楓珠)がリビングを掃除していると、キッチンで洗い物を終えた椿が「ゴミ袋の袋、ゴミ袋にしたの誰?」と言い始める。

どうやらゴミ箱にゴミ袋を包んでいる袋がセットされているのが気になるらしい。明らかにサイズが小さい袋をセットしたことに椿と、ゆくえがわいわいと言い合っていると、そのやり取りを見ていた夜々と紅葉は目が合ってお互いの思っていることを理解したようで…。

また、別の日の春木家では、1人暮らし向けの物件情報を見ていた椿が、リビングでくつろいでいる3人に、この家にいるのも飽きるだろうと切り出す。

しかし、ゆくえ、夜々、紅葉はそれぞれに居心地の良さを口にして、なかなか椿の思いが伝わらない様子。

そこで椿は4人でバーベキューでもしないかなどと提案するが、ゆくえたちは家から離れたくないようでトランプを始めようとする。椿は3人にそんなにゲームがしたいならゲームセンターに行こうと提案。

一方、後日、椿の家には思わぬ人が訪れる…。

>>第6話のあらすじ完全版

(11月17日更新)

<第7話>椿(松下洸平)の引っ越しで仲違いする4人をつなぐ“美鳥”の存在

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

春木椿(松下洸平)の家で、潮ゆくえ(多部未華子)、深雪夜々(今田美桜)、佐藤紅葉(神尾楓珠)が、4人で初めて自炊した鍋を楽しもうとしていると、椿が突然「引っ越すことにしました」と切り出す。

家を売りに出していたのか尋ねるゆくえに対して、椿は前にこの家に住んでいた人が買い戻したいと言っていると不動産屋から聞かされた事を明かした。

「なんか、わがままですね」と、思わず口にしてしまうゆくえに対し、椿は想定外に1人になってしまったのでちょうどいいと思ったと説明するが、この決断に夜々も納得がいかない。

そして、この家の前の住人を探していた紅葉といがみ合う。

アパートに帰ったゆくえが、妹・このみ(齋藤飛鳥)に椿の家での出来事を話す。「なんでお花屋さんが引っ越すだけでそんなギスギスするの?」と不思議そうなこのみ。

ゆくえは、この4人だから、あの場所が良いということもあると言うが…。

>>第7話のあらすじ完全版

(11月24日更新)

<第8話>ゆくえ(多部未華子)らが美鳥(田中麗奈)と再会!記憶の答え合わせ

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

潮ゆくえ(多部未華子)や深雪夜々(今田美桜)、佐藤紅葉(神尾楓珠)が集まる春木椿(松下洸平)の家に以前住んでいた人の名前が“志木美鳥”だとわかった。

おのおのが“美鳥”という知り合いがいるという話になるが、名字が違っていたり、印象も違うなど、どうもそれぞれの想像した人物像が重ならない。

いっそのこと本人に直接確かめてみようと、唯一連絡先を知っているゆくえが連絡をしたが、美鳥は電話に出なかった。

そこでゆくえは「春木椿、深雪夜々、佐藤紅葉、この人たち知ってる?」とLINEでメッセージを残すことに。すると、春木家からの帰り道、ゆくえのスマホに美鳥から着信が…。

椿は仕事帰りに実家に寄り、家族に聞いてみるが、母・鈴子(美保純)も弟・楓(一ノ瀬颯)も転校した後の“志木美鳥”には心当たりが無いようで…。

>>第8話のあらすじ完全版

(12月1日更新)

<第9話>ゆくえ(多部未華子)ら4人と“2人”で会った美鳥(田中麗奈)の思い

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

春木椿(松下洸平)の家で佐藤紅葉(神尾楓珠)は、自分が表紙のイラストを手がけた小説を椿に渡そうと声を掛けると、椿は大きなダンボール箱を開けていた。

「荷造りですか?」と紅葉が聞くと、椿はニコニコしながら箱の中を紅葉に見せてきた。

そこには、紅葉が表紙を描いた本が大量に詰まっていて、椿は全部自腹で買ったとうれしそう。

ある日、潮ゆくえ(多部未華子)は、志木美鳥(田中麗奈)と会うことになり、ファミレスで食事をしながら、美鳥が東京に戻ることになった経緯を聞かされる。

すると、美鳥は突然「こっちいるうちに、会いたい人いて」と切り出して…。

>>第9話のあらすじ完全版

(12月8日更新)

<第10話>椿(松下洸平)の引っ越しが決定!最後に4人でやりたいことは

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

志木美鳥(田中麗奈)は潮ゆくえ(多部未華子)、春木椿(松下洸平)、深雪夜々(今田美桜)、佐藤紅葉(神尾楓珠)と一緒に、椿の家で食事をした翌日、北海道へ戻ることに。そして、美鳥は空港まで見送りに来たゆくえに、5人で会ったのは楽しかったが「5人は、違うのかも」と話し4人の仲の良さを感じたことを伝えた。

その夜、春木家にいつものように4人が集まった。ゆくえは椿たちそれぞれに美鳥からの伝言を預かったと切り出し、報告し始める。

一通り伝え終わると夜々と紅葉はそれぞれリビングを出ていくが、その様子を確認したゆくえは椿に「そこの公園、桜が咲くから春まで住んでみてほしかった」と美鳥に言われたことを話した。夜々と紅葉が聞いたら「じゃあ、春まで」と言い出しかねないと、2人がいる前では言わなかったのだ。

ある日、夜々と紅葉は美鳥のことなどを話しながら居酒屋で飲んでいると、近くの席で飲んでいた紅葉のバイト先の同僚、園田拓真(世古口凌)と松井隼人(川本光貴)に声をかけられる。

園田たちは、夜々を紅葉の恋人と勘違いしてからかい始めた。紅葉はこらえているのだが、夜々が応酬し始めて…。

>>第10話のあらすじ完全版

(12月15日更新)

<最終話>ゆくえ(多部未華子)、椿(松下洸平)ら4人の“帰る場所”

【毎週更新】木曜劇場『いちばんすきな花』あらすじ完全版まとめ_bodies

潮ゆくえ(多部未華子)が「ちょっと住みたいです」と提案したことで、春木椿(松下洸平)の家にしばらく住むことを決めた4人。ゆくえと深雪夜々(今田美桜)は同じ部屋で、椿はリビングのソファで寝ることに。

翌朝、目を覚ました夜々が出勤のために出て行こうとしたタイミングで深夜バイトを終えた佐藤紅葉(神尾楓珠)が「ただいま」と帰ってきた。そして「いってらっしゃーい」と夜々を見送った紅葉がリビングに行くと、ゆくえと椿はのんびりとコーヒーを飲んでいる。それを見た紅葉は思わず「夫婦みたいだね」と笑ってしまうのだった。

その夜、ゆくえ、椿、紅葉がカレー作り。そこにやって来た夜々のTシャツを見た紅葉が、Tシャツに描かれたイラストは自分の作品だと言う。夜々はネットで買ったと告げるが、どうやら紅葉のイラストが盗用されたらしい。

犯罪に加担したとしょげる夜々に、紅葉は…。

>>最終話のあらすじ完全版

(12月22日更新)

画像アイコン

この記事の画像

(全11枚)

11枚の画像を見る
11枚の画像を見る
太陽
ドラマ
の最新記事
加賀美(山田涼介)が0組のカーストを無くすため奮闘!一方、城島(奥野壮)たちは復讐を計画していて…『ビリオン×スクール』第3話予告

加賀美(山田涼介)が0組のカーストを無くすため奮闘!一方、城島(奥野壮)たちは復讐を計画していて…『ビリオン×スクール』第3話予告

2024年07月19日 |

05:00


小学校のうさぎ小屋で起こったボヤ、幽霊騒動、怪文書の真相は…西条(松岡茉優)たちはどう解決する?<『ギークス』第3話完全版>

小学校のうさぎ小屋で起こったボヤ、幽霊騒動、怪文書の真相は…西条(松岡茉優)たちはどう解決する?<『ギークス』第3話完全版>

2024年07月18日 |

23:00


滝沢カレンが“ブチギレ”!?ネット「父親には厳しい」「鬱憤が出ちゃった」『ギークス~警察署の変人たち~』

滝沢カレンが“ブチギレ”!?ネット「父親には厳しい」「鬱憤が出ちゃった」『ギークス~警察署の変人たち~』

2024年07月18日 |

22:59


遼河はるひ クセ者コンプライアンス担当警部・山田佳代子役でゲスト出演!ギークスのアフターファイブを脅かす最大の敵!?

遼河はるひ クセ者コンプライアンス担当警部・山田佳代子役でゲスト出演!ギークスのアフターファイブを脅かす最大の敵!?

2024年07月18日 |

22:54


小鳥遊署がコンプライアンス強化週間に突入!そんななか西条(松岡茉優)は盗難事件を担当することになり…『ギークス』第4話予告

小鳥遊署がコンプライアンス強化週間に突入!そんななか西条(松岡茉優)は盗難事件を担当することになり…『ギークス』第4話予告

2024年07月18日 |

22:54


岩本蓮加&竹財輝之助が『そんな家族なら捨てちゃえば?』取材会!「(脚本の)金沢知樹さんは、なんてものを書いたんだと(笑)」

岩本蓮加&竹財輝之助が『そんな家族なら捨てちゃえば?』取材会!「(脚本の)金沢知樹さんは、なんてものを書いたんだと(笑)」

2024年07月18日 |

20:30