公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
エンタメ

2022年03月05日 |

00:00

大島優子 AKB48時代は全部修業「最初の5年くらいは怒られっぱなし」     

3月6日(日)14時~『ザ・ノンフィクション』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

X Icon
Facebook Icon
Line Icon

大島優子さんが先週に続き、『ザ・ノンフィクション』の“語り”を担当。収録後に、自身が所属したAKB48時代の思い出を語りました。

大島さんが読むのは、『ザ・ノンフィクション「ボクらの丁稚物語 2022~涙の迷い道と別れ道~」 後編』(3月6日14時~/フジテレビ※関東ローカル)。

横浜市にある家具の制作会社「秋山木工」に“丁稚奉公”として入社し奮闘する物語です。

<『ザ・ノンフィクション』の関連記事>
<大島優子『ザ・ノンフィクション』のオファーに歓喜「ひたすらずっと待っていました」>

一流の職人への道を歩む令和の丁稚たちの5年間の記録

今から5年前、厳しい丁稚奉公の世界に飛び込んだ3人の若者がいます。

一流の職人を目指し「秋山木工」に入社した新人たちは、住み込みで5年間“丁稚”として修業します。その間、酒もタバコも恋愛も禁止、私用で携帯電話を使うこともできず、家族への連絡は手紙だけ。おまけに修行期間は、男性も女性も丸刈りというルールまであります。

2021年春。秋山木工に入社した2人の新人の指導役を任されたのは、2017年に京都大学を中退して入社した内藤くん(27)と同期の2人、そして2019年に入社した山田くん(20)。

実はこの半年前、山田くんは、3人の先輩たちへの不満から、会社を飛び出してしまうという“事件”を起こしました。以来、先輩と後輩の関係は悪く、その溝は深まるばかり。社長からは、新人の指導を巡って「もっと命懸けでやれ」と叱られる毎日です。

大島優子 AKB48時代は全部修業「最初の5年くらいは怒られっぱなし」     _bodies

そんな中、若手職人日本一の技術を競う技能五輪に、2017年組の佐藤くん(22)と山田くんが秋山木工の代表として出場することに。

大島優子 AKB48時代は全部修業「最初の5年くらいは怒られっぱなし」     _bodies

会社の伝統と誇りを背負い、ライバルとして競い合う先輩と後輩。しかし、この2人が会社を大きく揺るがす事態を引き起こすことに…。

厳しい修業に臨む若者たちの迷い道と別れ道。一流の職人への道を歩む令和の丁稚たちの5年間の記録です。

前編に続き、その物語を読んだ大島さんは「共感して励まされた」とコメント。収録後に話を聞きました。

伝統を守りつつも新しく「温故知新のような良さを感じた」

<大島優子 インタビュー>

大島優子 AKB48時代は全部修業「最初の5年くらいは怒られっぱなし」     _bodies

――今回、前編、後編と読んでみて特に印象的だったのはどんなシーンですか?

やっぱり、みんなを応援しながら読んでいる中で、脱落しそうな子が出るとショックですよね。「もう少しなんだから頑張れないの?」とか「最初、親御さんにあんなに誓っていたじゃない?」って思ってしまいました。

もう少し視野を広く持てれば、違う考え方もできるかもしれないですけど、やっぱり凝縮された世界で生きているから、難しい部分もあるのかな、とか。

あとは、広く『ザ・ノンフィクション』ということで言うと、(今回ナレーションをやってみて)この地球上で生きていくための「仲間意識」みたいなものがあるな、と感じました。自分が知らない世界で生きているさまざまな人の人生を見て、「人間ってこの地球上で一生懸命生きてるんだな」ってことを思わされるといいますか。人間としての仲間意識みたいなところをすごく感じました。

共感して励まされて、私もちょっと頑張らなきゃ、なんて思いました。

――秋山木工では、社長からの叱咤が日常です。大島さんは親御さん以外から叱られた経験はありますか?

AKB48に入った当初5年くらいは、ずっと叱られっぱなしでした。その頃は、全然売れず、名前も知られていなかったですけど、「人と目を合わせて挨拶をしなさい」といったこと、しつけや礼儀というものを叩きこまれて。AKB48に在籍した時代は、全部修業だと思って生きてきました。

――グループ時代を思い出すような場面はありましたか?

先輩になって後輩をどう指導するかっていうことや、人間関係の部分ではいろいろと思い出されました。後輩に教えていると、自分も気づくことがたくさんあるんですよね。自分のことで精いっぱいなのに、後輩のことも考えなくちゃいけない大変さ…2017年組のみなさんが感じていたことはよくわかったので、シンパシーを感じました。

あとは、後輩の子たちは後輩の子たちで、「もっと世渡り上手にやればいいのにな」なんてことも思いました(笑)。でも、秋山木工に入る子たちは、みんな素直ですよね。

それと、面白いなと思ったのは、丸刈りにするにしても、秋山社長が「丸刈りにしたいか?」と聞いていたところ。強要じゃないっていうのが、(今の)時代だなって思いました。

時代に合わせて少しずつ変わっていっている。伝統を守りつつも新しくなっている。温故知新のような良さを感じて素敵だな、と思いました。

――では、改めて見どころとメッセージをお願いします。

今回は、5年間をかけて追いかけた秋山木工の若者たちの記録です。そんなに時間をかけて追うというのがすごいといいますか、『ザ・ノンフィクション』の執着…人間と生き方への執着を感じました。そこがやっぱり番組を作る核になっているものだと思います。

その5年の熱量は、見た人の心にきっと何かしら響くと思います。それは登場人物かもしれないですし、スタッフさんの情熱かもしれないです。そういったところから、何かを受け取っていただけたらうれしいです。

<ナレーションの一部を紹介>

画像アイコン

この記事の画像

(全3枚)

画像
画像
画像
太陽
エンタメ
の最新記事
猫400匹が宙を舞う!ヤノベケンジの巨大アートが銀座で大爆発!佐久間みなみが“猫まみれ”の現場をリポート

猫400匹が宙を舞う!ヤノベケンジの巨大アートが銀座で大爆発!佐久間みなみが“猫まみれ”の現場をリポート

2024年04月24日 |

11:50


萬田久子 66歳の誕生日を報告 ノースリーブのタイトワンピで肩だしショット公開!ファンからは「メーテルそっくりです」の声

萬田久子 66歳の誕生日を報告 ノースリーブのタイトワンピで肩だしショット公開!ファンからは「メーテルそっくりです」の声

2024年04月24日 |

11:16


ゆりやんレトリィバァ 念願のDJブースを購入し、“海外進出”に前進!?満島真之介も応援「世界的になれる」

ゆりやんレトリィバァ 念願のDJブースを購入し、“海外進出”に前進!?満島真之介も応援「世界的になれる」

2024年04月23日 |

20:13


ファーストサマーウイカ 車折神社内の清少納言社参拝を報告 目の前に自身の玉垣が

ファーストサマーウイカ 車折神社内の清少納言社参拝を報告 目の前に自身の玉垣が

2024年04月23日 |

19:00


寺田心 安藤なつに担がれた写真が話題 7年前との比較写真に「成長スゴい!」「イケメンになった!」と驚きの声

寺田心 安藤なつに担がれた写真が話題 7年前との比較写真に「成長スゴい!」「イケメンになった!」と驚きの声

2024年04月23日 |

18:06


きゃりーぱみゅぱみゅ(31) 第一子妊娠を発表 お腹に手をあてる写真を公開「会える日を楽しみに待ってるよ」

きゃりーぱみゅぱみゅ(31) 第一子妊娠を発表 お腹に手をあてる写真を公開「会える日を楽しみに待ってるよ」

2024年04月23日 |

12:52