トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>

9月15日(木)放送『純愛ディソナンス』第10話

めざましmedia編集部

この記事をシェア

『純愛ディソナンス』第10話完全版

新田正樹(中島裕翔)のもとに、服役中の元同僚・加賀美(眞島秀和)から手紙が届いた。手紙には「すぐそばに禍(わざわい)が迫っている。過去からは、逃れられない」と書かれていた。

加賀美と接見した正樹は、手紙の言葉の意味を尋ねる。加賀美はそれには答えず、愛菜美(比嘉愛未)との結婚や、現在、正樹が和泉冴(吉川愛)と交際していることに触れ、「あの時、俺が言った通りになったな」と返した。

<ドラマ『純愛ディソナンス』これまでのあらすじ完全版>

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

一方、「コアスパーク」社長の路加雄介(佐藤隆太)は、「セカプリ」の顧客情報流出の責任をとり、代表の座を退くことを発表。冴は、行方がわからない社員・木之本(清水伸)が関係しているのではないかと路加に告げる。

だが路加は、行動を起こそうとはせず、「カリスマ社長をやるのも飽きた」などと言って出て行ってしまった。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

同じころ、「モノリスエステート」社長の碓井賢治(光石研)は、路加の謝罪動画を見て喜んでいた。「これでもう私がこの会社にいる必要はないのでは?」と賢治に問う正樹。

すると賢治は、「これが最後だ」といって正樹に書類を渡す。それは、正樹の父・秀雄(神保悟志)が理事長を務めていた学校法人「立秀学園」の土地の売買契約書だった。

アルバイトから戻った冴は、自室に母・静(富田靖子)がいることを知って驚く。冴が部屋を出て行こうとすると、背後で突然、静が倒れた。

静が搬送された病院で、彼女が3年前に胃がんの手術をしており、昨年再発したことを聞かされた冴。実は、正樹が講師として働く予定だったピアノ教室の落書きされた壁の弁償金を静から借りていた冴だが、そのお金は、がんになったときにおりた保険金だった。

静は「治療はもうどうでもいいから、一生そばにいるという約束を守ってほしい」と冴に言うと、ノートを取り出し、「死ぬまでにやりたいこと」を発表し始める。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

賢治から指示を受けた正樹は、5年ぶりに実家を訪れる。

そこで正樹は、秀雄が認知症を発症していることを知り、ショックを受けてしまう。正樹のことを、死んだ長男の幸助だと思いこむ秀雄。母・景子(舟木幸)によれば、正樹が家を出た1年ほど後に発症したらしい。景子は「正樹が勝手にいなくなるから、代々守ってきた学校を手放すしかなくなった」と、正樹を非難した。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

その夜、夜景の見える展望台で冴と会った正樹は、秀雄のことを打ち明ける。冴は「先生が自分を責めることはない」と励ました。

路加は、マスコミを避けるために愛菜美のマンションに転がり込んでいた。

愛菜美がまだ離婚届を提出できないでいることを知った路加は、「いい加減前に進めよ」と忠告。「自分こそどうなの?」と問われた路加は、「コアスパークはゼロから築き上げた作品だから自ら社長を退いて守ったが、このままで終わる気はない」と返す。

その言葉を受け、愛菜美も「私だって、このままで終わる気はないわ」と言い…。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

正樹と別れてシェアハウスに戻ろうとした冴は、北都(和田正人)に呼び止められ、モノリスエステートを訪れる。

そこで冴は、賢治から正樹と別れる手切れ金として500万円を渡される。賢治はすでに静の病気のことまで知っていた。

賢治は、金を受け取ろうとしない冴に、正樹と愛菜美がまだ離婚していないことを教える。冴は「それでも答えは変わらない。先生を信じている」と返すが…。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

あくる日、冴が出社すると、愛菜美が社員たちに頭を下げ、もう一度、仕事をやらせてほしいと頼んでいた。愛菜美は、担当の社員以外にも謝罪を続け、その様子を見つめていた冴にまで頭を下げた。

そんな折、コアスパークがモノリスエステートの傘下に入ったことが発表される。賢治は、コアスパークはお前のものだ、と北都に告げた。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

再び実家を訪れた正樹は、売買契約書に判を押してもらう。

秀雄は、帰ろうとする正樹を呼び止め、一緒に酒を飲む。遠くで、打ち上げ花火の音がしていた。秀雄は、小さいころに家族で花火大会を見に行ったときのことを話し始め…。

冴がシェアハウスに戻ると、入院しているはずの静が、園田莉子(畑芽育)とタロットカード占いをしていた。

静ががんだと知り、驚く朝比慎太郎(髙橋優斗)たち。冴は、平気そうな顔をして、冴と一緒に残りの時間を楽しみたいなどと言う静に、「そういうのは卑怯だ」と告げる。「もうこれ以上、お母さんのことなんか、考えたくないのに…」。そうつぶやく冴に、静は「最後くらい楽しもうよ」と笑ってみせた。

その夜、静が眠っているベッドの下に、彼女のノートが落ちていることに気づいた冴。そこには、「死ぬまでにしたいこと」の第1位として「冴ちゃんに看取られたい」と書かれていた。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

翌日、冴は正樹を公園に呼び出し、一緒に花火をする。

そこで、正樹も自分も、ずっと親から離れられず傷をなめ合っていた気がする、と言いだす冴。愛菜美がまだ離婚届を出していないことに触れると、賢治から500万円をもらったことも打ち明けた。

そして別れを告げた冴は、賢治の介入を疑う正樹に「ただ普通の恋がしたいだけ」と言って去っていった。

別の日、正樹は、学校法人「立秀学園」の土地売買契約書を賢治に手渡す。そこで正樹は、本格的に仕事に復帰したいと申し出て、買収したコアスパークの業務を任せてほしいと賢治に頼んだ。

それを認めた賢治は、反発する北都に「もうお前に要はない」と言い放つ。

北都は、愛菜美を訪ね、助けを求めた。だが、愛菜美に断られると、路加を匿っていることをマスコミにバラすと言いだす。すると愛菜美は、路加がここで終わるはずはない、北都のような凡人と違って彼には才能もあるし器もデカい、と言い放ち、北都を追い返した。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

冴が目をはらしていることに気づいた村上晴翔(藤原大祐)は、彼女に声をかけた。静に治療を受けさせること、そのために正樹と別れるという条件を飲み、賢治から金を借りたことを打ち明ける冴。

冴は続けて「今ならまだ、戻れる気がするから」と、晴翔に告げた。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

北都の業務を引き継いだ正樹は、彼のパソコンをチェックし、「Hermit」という人物から自分や冴の情報を得ていたことを知る。正樹は、冴に電話するが繋がらなかったため、慎太郎と連絡を取った。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

シェアハウスを訪れた正樹は、慎太郎と莉子に「Hermit」という人物のことを尋ねる。

タロットカードを取り出し、「The Hermit<隠者>」のカードを見せる莉子。静に連絡を取ると、彼女もまた「Hermit」からメールをもらっていたことが判明した。

正樹と冴のことを邪魔していた人物について思いを巡らせていた慎太郎は、晴翔のリュックを調べる。その中にあった文庫本に挟まっていたのは、加賀美夫妻と一緒に写っている晴翔の写真だった。

晴翔が加賀美の息子だと知り、驚く正樹たち。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

加賀美に会いに行った正樹は、晴翔のことを尋ねた。加賀美は、晴翔が突然面会に来て、母親が自殺したこと、正樹に対する恨みを口にしていたことを告白する。

正樹は、加賀美がまだ何か隠しているのではないかと感じ…。

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

刑務所を後にした正樹は、非通知の相手から留守電メッセージが入っていることに気づく。晴翔からだった。晴翔は、冴と一緒にいるから指定した場所に来るよう、メッセージを残していた。

そのころ冴は、母校の桐谷高校を訪れていた。晴翔とともに屋上に上がる冴。

そこで晴翔は、冴の自分勝手な行動を非難し始め、小坂由希乃(筧美和子)にそっくりだと言いだす。実は、由希乃が加賀美に別れを告げるところを偶然聞いていた晴翔。そのとき由希乃は「あなたにはもっと大切な人がいるでしょう…今ならまだ戻れる」と、加賀美に諭していた。

「俺の母親はとっくに心を壊していた。なのにあの女は簡単に『もとに戻れる』って言いやがったんだ」。晴翔はそう冴に言うと、自分が由希乃を殺したと告白し…。

<ドラマ『純愛ディソナンス』は、FODでも配信中(最新柳回は期間限定で無料)>

5年前から続いていた晴翔(藤原大祐)の悪意と衝撃の事実<『純愛ディソナンス』第10話完全版>_bodies

画像アイコン

この記事の画像

(全14枚)

14枚の画像を見る
14枚の画像を見る
太陽
ドラマ
の最新記事
ウエンツ瑛士『ギークス~警察署の変人たち~』にイケメン市長役で出演!「当然過去もあり。いろいろ想像しながら、楽しんでいただけたら」

ウエンツ瑛士『ギークス~警察署の変人たち~』にイケメン市長役で出演!「当然過去もあり。いろいろ想像しながら、楽しんでいただけたら」

2024年07月25日 |

06:30


小鳥遊署がコンプライアンス強化週間に突入!そんななか西条(松岡茉優)は盗難事件を担当することになり…『ギークス』第4話予告

小鳥遊署がコンプライアンス強化週間に突入!そんななか西条(松岡茉優)は盗難事件を担当することになり…『ギークス』第4話予告

2024年07月25日 |

05:00


ともさかりえ『新宿野戦病院』第5話に出演「宮藤(官九郎)さんが描くリアリティとユーモアの絶妙な塩梅を味わえる作品に参加でき幸せ」

ともさかりえ『新宿野戦病院』第5話に出演「宮藤(官九郎)さんが描くリアリティとユーモアの絶妙な塩梅を味わえる作品に参加でき幸せ」

2024年07月25日 |

05:00


ヨウコ(小池栄子)とはずき(平岩紙)は異母姉妹だった!衝撃の真相にSNS「エグいて」『新宿野戦病院』

ヨウコ(小池栄子)とはずき(平岩紙)は異母姉妹だった!衝撃の真相にSNS「エグいて」『新宿野戦病院』

2024年07月24日 |

23:03


命と向き合うヨウコ(小池栄子)の姿に触発される享(仲野太賀)!そしてマユ(伊東蒼)は夢を持ち…<『新宿野戦病院』第4話完全版>

命と向き合うヨウコ(小池栄子)の姿に触発される享(仲野太賀)!そしてマユ(伊東蒼)は夢を持ち…<『新宿野戦病院』第4話完全版>

2024年07月24日 |

23:00


ヨウコ(小池栄子)に病院を継がせたい啓介(柄本明)!一方、自身の境遇にたまらなくなったはずき(平岩紙)は…『新宿野戦病院』第5話予告

ヨウコ(小池栄子)に病院を継がせたい啓介(柄本明)!一方、自身の境遇にたまらなくなったはずき(平岩紙)は…『新宿野戦病院』第5話予告

2024年07月24日 |

22:54