公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
バラエティ

2019年12月06日 |

00:00

「キラキラするだけがアイドルじゃない!」Snow Man ジャニーズ史上最も体を張った!?挑戦_site_large

「キラキラするだけがアイドルじゃない!」Snow Man ジャニーズ史上最も体を張った!?挑戦

12月25日(水)24時25分〜25時25分『7G〜SEVENTH GENERATION〜』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

<第7世代(G)がゴールデン(G)で通用するタレントになるために、頑張る(G)>

ためにジャニーズアイドルとお笑い芸人が“第7世代”の真のスターを目指しガチ勝負する特別番組『7G〜SEVENTH GENERATION〜』の第2弾。このほど、その衝撃の収録内容が明らかになった!それは歴代のジャニーズの先輩たちも驚くであろう…スタジオに悲鳴が響き渡る展開だった。

幅15センチの特設ステージで体に向かってバレーボールを打ち込まれる中パフォーマンスをやり遂げたり、本気の女装にチャレンジし“ミス7G”のタイトル獲得へ奮闘したり。中でも大きな盛り上がりを見せたのが“ブラジリアン綱引き”だった――。

「キラキラするだけがアイドルじゃない!」Snow Man ジャニーズ史上最も体を張った!?挑戦_bodies

【GENKAIで頑張る!ブラジリアン綱引き】と題し、MCの西野亮廣から説明されたのが「最近は男性も脱毛ブーム。せっかくならば脱毛しながら綱引きしちゃおう、という一石二鳥の勝負です!ちなみに、ナインティナインの岡村隆史さんは、めちゃイケの名物企画・オファーシリーズで、モーニング娘。のダンスを踊る時、脇から足から毛を全部剃ってパフォーマンス。つまり笑いのために脱毛しながら綱引きしちゃうのが、真のスター芸人なんです(と、カンペに)書いてあります。」

あまり納得のいかない様子の7Gメンバーだったが、勝負がスタートする!

鼻毛と脇毛が…“ブラジリアン綱引き”で悲鳴が!

まずは、Snow Man 深澤辰哉 vs さや香 新山士彦の「鼻毛対決」。ワックスが塗り込まれた紐の先端を、それぞれ深澤の右鼻の穴と新山の左鼻の穴に詰め込み固まるのを待つ。

「キラキラするだけがアイドルじゃない!」Snow Man ジャニーズ史上最も体を張った!?挑戦_bodies

「これ、ガチですやん!鼻毛は必要なんですけど」と不安になる新山だが、深澤は「楽しみですね。ジャニーズだけどこういうことするんだ、と思ってほしい。勝つしかない」と気合を入れる。新山も開きなり「ジャニーズの鼻毛をテレビで初めて公開します」と意気込んだ。ゆっくりと引っ張り合うふたり。途中「あいたたたたたたた!」「あああああ!!!!」と叫び声と共に引っ張り合うこと45秒…勝者が決まった。抜けた鼻毛を皆で見て、「うわ〜ぐろい!むちゃくちゃ抜けている」とメンバーは驚きを隠せない。

そして、Snow Man 宮舘涼太 vs 四千頭身 都築拓紀の「脇毛対決」。宮舘は、CDデビューが決まったことを受け、東京・下町の実家で、家族5人全員であることをして気合を入れたことを明かす。しかし都築も「自信あります、(宮舘の)右腕落とします」と宣言するが勝負の行方は…。脱毛テープをしっかりと脇毛に挟むように止めるスタッフ。痛そう、と回りのメンバーが心配する中“綱引き”スタート。「負けられない、絶対勝つ」と言っていたふたりが…1分3秒に渡るドラマを繰り広げる。

サプライズでMCの西野亮廣が駆り出されることに。対決するのは、SnowMan 深澤辰哉。

西野は「勝つことへの俺のモチベーションは?」と語ると…鼻毛対決で疲れているはずの深澤が、がぜんやる気に。一体、勝負に何をかけたのか?そして、勝敗の行方は?

さらに、Snow Man 岩本照 vs さすらいラビー 中田和伸の脇毛対決では、「体脂肪5%です」と自慢のボディーを惜しげもなく披露する岩本に、メラメラと闘志を燃やす中田。多くのスタッフが見守る中、どんな戦いを見せるのか――。

「キラキラするだけがアイドルじゃない!」Snow Man ジャニーズ史上最も体を張った!?挑戦_bodies

収録を終えた、MCの西野亮廣ら7Gメンバーが語り尽くした!

西野亮廣「Snow Manが一個も得しない番組(笑)」

――収録の感想は?

西野:Snow Manが一個も得しない番組だな、と(笑)なんで出てるの?芸人はおいしいと思うのですが、Snow Manは損しかしていないと思います!古典的なバラエティーやっているので。

深澤:バラエティーの経験が少ないので、ここで鍛えて、いざ出た時に爪痕が残せるように!

向井:うちの目黒が、収録終わった後にこっそり「はぁ、俺ファン減ったわ」と言っていました。

西野:ジャニーズの方がここまで体を張ることはなかなかないので、それが見られて毎回楽しいですね。

岩本:メンバーの距離感がぐっと縮まって絆が深まった。ブラジリアン綱引きが印象的でしたね。いくらYouTubeでも手出しをしなかったことを地上波でやらせてもらって。やらせてもらって、というのは変ですが(笑)。

渡辺:メンバーと距離感縮まって、リラックスしてできました。心から楽しんで、笑った回数も前回よりもめちゃくちゃ増えました。ブラジリアン綱引きでクイズが入ったところが面白かったので、お楽しみに。

ラウール:西野さん、芸人さん、アイドル、とバラバラなところから集まっているのに、2回目にしてすでに団結力が上がって一丸となってできたのが良かったです。幅15センチのステージでパフォーマンスを披露したコーナーで事件が起きたのが印象的でした。

向井:バラエティー番組に出させていただいていますが、芸人さんが改めて面白いな!と。全員とは言っていませんが(笑)都築さんのブラジリアン綱引きでの、あの発言がMVPでした。

目黒:第2弾で団結力はもちろん上がりましたし、僕たちはここでしかできない経験をやらせていただいているな、と。僕は女装もしました!あと、普段はキラキラしたステージに立たせていただいていますが、この番組ではここでしかできないパフォーマンスをさせていただきました。

宮舘:仲の良さは第2弾になってぐっと縮まったと思いますし、スタッフの方含めプロの方とバラエティー番組を一緒に作り上げるというのは、自分にとっても貴重な経験だと。この番組は過酷なことをやらせていただくので、ここを経験したら怖いものは何もない。初めてのブラジリアン綱引きは「こういうものなんだ…」と思いました(笑)

阿部「“こんなSnow Man 見たことない”って思っていただけるのでは」

阿部:「こんなSnowMan見たことない」って思っていただけるのでは。収録が終わって西野さんや芸人の皆さんが「Snow Manのライブ見てみたくなった」と言ってくださったのがすごく嬉しくて。入り口は色々あると思いますが、そうやってSnow Manに興味を持ってくれてライブやパフォーマンスを見るきっかけになれば。僕の女装は結構自信があります!

深澤:一番良かったのが、裏で休憩中などに皆でしゃべっている会話ですね。西野さんの武勇伝とか、すごかったです。こういう場じゃないとなかなか聞けないですから。

(西野:後輩集めて武勇伝って、ヤバい奴じゃないですか。言ってない、言ってない!)

色々勉強させていただき、もっと頑張らなきゃなと。ブラジリアン綱引きでは色々と“なくなった”ので、お楽しみに!

佐久間:元をたどれば同じ人間なんだぞ、と。僕たち第7世代がどこから始まったのだろうと言われたら『7G』という番組なんだ、と言われるくらい伝説の番組にしたいと思います。テレビをつけたら「あ、三千頭身いる!」って。(四千頭身が「おいおいおいおい!」と突っ込む)すみません、ガチで間違えました(笑)。あと、今回女装したのですが、自信あります。向井とラウールがめちゃくちゃ褒めてくれて、勇気づけられました。

(体を張ってきたジャニーズの先輩たちでライバルは?)例えば、Kis-My-Ft2だったら二階堂くんや宮田くんも体張っていますね。先輩たち!追いつく、いや追い越すので見ていてください!

「キラキラするだけがアイドルじゃない!」Snow Man ジャニーズ史上最も体を張った!?挑戦_bodies

新山(さや香):大阪にこんなたくさんのカメラマンいないので…収録よりも会見で緊張しています。第1弾では僕のギャグを全部カットされたので、今ここで言ったろうって。オープニングで(ギャグ)やっています!ブラジリアン綱引きについては、こんなにひとつの番組で毛を抜くか!って思っています。

さや香・新山「ひとつの番組でこんなに毛抜くか!」

石井(さや香):メンバーの距離も縮まったのもそうですが、色々とアクシデントもありました、僕的には。ブラジリアン綱引きで、(Snow Manの)宮舘さんのコメントで一番笑いました。そしてSnow Manは、全員が調子乗りで、全員がうそつきということがわかりました(笑)。

中田(さすらいラビー):芸人チームの中では売れ度がまだまだなのですが、最初はジャニーズJr.とご一緒すると聞いたときは緊張感もあったのですが、2回目ともなると、良い意味で「この人たち(Snow Man)は雑に扱ってもいいんだな」と(笑)。阿部さんとバチバチやるシーンがありますので、お楽しみに。

宇野(さすらいラビー):全体的にすごく面白くて、1時間の放送で収まるのかな、と思うくらい全コーナー楽しかったです。どこかは言えないのですが、涙を流すところもありますので、そこを見ていただければと思います。

都築(四千頭身):この番組は、毎回Snow Manの悪いところが出るな、と(笑)良い意味で。ジャニーズっぽくないというか“大人数ユーチューバー”がCDデビューすると思っています。ブラジリアン綱引きでは宮舘さんといい戦いをしているのでは。

四千頭身・都築「Snow Manは“大人数ユーチューバー”」

石橋(四千頭身):第1弾の時から、SnowManの髪型と髪色が変わりすぎて誰が誰だかわからなかったです(笑)。彼らの調子に乗った部分が見えて、第3弾があったら、どんな変化を見せてくれるのか楽しみです。15㎝幅のところでネタやパフォーマンスするのですが、色々と疑惑というか事件があるので注目してほしいです。

後藤(四千頭身):第1回目の放送では僕が一番面白いと思ったのですが、今回も僕が行くよ~と思っていたのですが、皆が面白かったです。それぞれ輝いていたというか。第1回の自分に追いついてきましたね。宮舘さんに一番笑いました。面白かったです。

――2019年はどんな年でしたか?2020年はどのような年にしたい?

四千頭身(後藤):仕事が増えましたが、レギュラーはまだないので、『7G』を是非レギュラーに。

さすらいラビー(宇野):第7世代と言われることがなかったので、来年も『7G』に出たいです。

さや香(新山):普段大阪なので、東京に来ると戸惑うこともあるのですが、2020年は、一回、道頓堀でロケをやらせていただきたいです!

「キラキラするだけがアイドルじゃない!」Snow Man ジャニーズ史上最も体を張った!?挑戦_bodies

Snow Man(岩本が代表でコメント):2019年はメインで歌をやらせていただいたり、CMをやらせていただいたり、デビューが決まったり。激動の1年でした。『7G』もそうですし。1~2年前は自分たちがこんな“脇毛抜く番組”に出ると思いませんでした(笑)。ただ、ステージ上でキラキラしているだけがアイドルではないという時代かな、と。

来年はアジアツアーも控えていますし、海外に行ってもこの『7G』の絆は深めていきたいと思います。

岩本「ステージでキラキラしているだけがアイドルじゃない!」

――代表してMCから見どころを!

西野:Snow Manはそこまでしてテレビに映りたいんだ!という欲がすごかったです(笑)。『7G』は最近、あまり見なくなったバラエティーなのかなと。10年くらいこんなコテコテの番組を見ていなかったんじゃないでしょうか。でもテレビのバラエティーってこうだったよな、というのをたっぷりお届けできると思います。こういう番組が増えるといいなと思います!

画像アイコン

この記事の画像

(全5枚)

画像
画像
画像
太陽
バラエティ
の最新記事
「レインボーブリッジ」は封鎖できるのに、『踊る大走査線』のセリフが違った理由『ネプリーグ』で放送の<豆知識>

「レインボーブリッジ」は封鎖できるのに、『踊る大走査線』のセリフが違った理由『ネプリーグ』で放送の<豆知識>

2024年04月16日 |

17:00


陣内智則「僕たちはアンテナを日々張ってないといけないから…」と自信を見せるも、大悟「そんなタイプかなぁ(笑)」

陣内智則「僕たちはアンテナを日々張ってないといけないから…」と自信を見せるも、大悟「そんなタイプかなぁ(笑)」

2024年04月16日 |

08:00


京本大我が中国の“焼いた石”を試食「やっとストーンズになれた気がします」でスタジオ大笑い!

京本大我が中国の“焼いた石”を試食「やっとストーンズになれた気がします」でスタジオ大笑い!

2024年04月16日 |

07:30


赤羽&横浜・野毛の“最高にうまい店”をプレゼン!松田元太は策士ぶりを発揮!?松村沙友理は突然の涙

赤羽&横浜・野毛の“最高にうまい店”をプレゼン!松田元太は策士ぶりを発揮!?松村沙友理は突然の涙

2024年04月16日 |

07:00


萩原利久「おそらく、現時点で今日が人生最大の日!」憧れのNBA選手ステフィン・カリーをサンフランシスコで生観戦!

萩原利久「おそらく、現時点で今日が人生最大の日!」憧れのNBA選手ステフィン・カリーをサンフランシスコで生観戦!

2024年04月16日 |

07:00


明石家さんまが新たなスターアナを発掘!?FNS系列局アナウンサーとフジテレビアナウンサー総勢37人が大集結!

明石家さんまが新たなスターアナを発掘!?FNS系列局アナウンサーとフジテレビアナウンサー総勢37人が大集結!

2024年04月16日 |

06:00