トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
バラエティ
なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_site_large

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!

11月29日(金)放送『ノンストップ!』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

女性が気になる話題について、スタジオで生討論を繰り広げるフジテレビ『NONSTOP!』の金曜恒例コーナー「NONSTOP!サミット」。

11月29日(金)は、11月15日に放送して大反響があった「夫婦のホウレンソウ問題」の第2弾を放送。また、「孫の気になる行動」「忘れられない恋」について、MCの設楽統とゲストの千秋、カンニング竹山、高岡早紀、和泉節子、熊田曜子、金子貴俊、三木哲男(婦人公論担当局長)が意見を交わした。

「今から家に帰る」の連絡は遅れるくらいなら必要なし!?

晩ご飯のメニュー変更を“連絡”するべきかどうかでヒートアップした前回の「夫婦のホウレンソウ問題」に続き、今回も「晩ご飯問題」で議論が沸騰した。

問題になったのは、「夫からの連絡を受けて、帰宅時間に合わせて晩ご飯の支度をしたのに、立ち読みをした夫が20分も遅れて帰ってきた」という30代女性のエピソードだ。

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

高岡が「許せない!」と口火を切ると、「美味しいご飯を食べてもらいたくて逆算して動いているのだから、連絡くらい入れればいい」という女性陣と、「連絡した時点で、まっすぐ帰宅するとは言っていない」という男性陣が真っ向から対立する形に。

「そんなことまで連絡していると、生きづらくなる」という竹山に対して、千秋は「だったら帰宅して食事がなくても何も言わないでください!」と激しい口論を繰り広げたが、三木によると「夫が定年退職した後は、夫が妻の帰りを待つようになって、立場が逆転する」こともあるのだという。

「待つ」という状況では、男性の方がイライラすることが多いという三木の言葉を受けた熊田は、「待っている人間の身になることが大切」と今後のためにも夫たちが態度を改めるよう意見を述べた。

視聴者の意見を募る「せきらら投票」で「夫の帰宅が20分遅れたらイラッとするか」を問いかけた結果、「イラッとする」が52%、「イラッとしない」が48%と、思いのほか女性視聴者の懐が深いことも明らかに。

番組公式SNSでは「帰りの連絡くらいするべき」「20分くらいでとやかく言われるとツラい」というそれぞれの本音に加えて、「夫が帰宅してから食事を温めればいいのでは?」という無益な対立を避けるためのアドバイスも見られた。

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

「宅配便の再配達の手配を、妻が自宅にいるのにやってくれない」という40代男性のエピソードに対しても、「それくらいやってくれてもいい」という男性陣に対して、「妻がやって当たり前だと思うな」と女性陣が反発!SNSでも「自分のことは自分でやろう」という意見が多く見られた。

また、「ハロウィンの仮装のため、娘の髪の毛をバッサリ切ったら、『卒園式に向けて伸ばしていた』と妻に叱られた。せめて事前に“報告”があれば、切らなかったのに…」と嘆く30代男性に対しては、「娘が喜ぶなら切ること自体は問題ない」と、熊田は夫のモヤモヤを受け入れつつ「切る前に夫が“相談”すればよかったのでは?」と付け加えた。

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

ママ世代が実践している「怒らない育児」を祖父母世代に強要するのはNG?

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

時代の変化と共に子育ての“常識”が変わっていくことに戸惑う祖父・祖母世代が感じた、「孫の気になる行動」についてもトーク。議論の中で、母親世代の千秋と熊田、祖母世代の和泉、それぞれの間にも価値観の隔たりがあることが明らかになった。

まず議題となったのが、「怒らない育児」だ。60代の女性は孫を叱ったら、娘から「怒らない育児が主流なのに」と逆に叱られたという。

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

実際に「怒らない育児」を実践しているという熊田は、「普段から怒ってばかりいると、本当に危険な行動などをして叱った時に子どもに伝わらなくなる」と主張。年に1度くらいしか子どもを叱らないという熊田に、竹山は思わず絶句してしまう。

千秋は「親とは違う価値観の人から叱られる経験も大切」と、自分が「怒らない育児」をしていたとしても他者に強要する必要はないと指摘。和泉は「ケジメを教えるという意味では、叱るのも褒めるのも一緒」と助言した。

また、「お小遣いを電子マネーであげていると、金銭感覚が身に付かないのでは?」「食事をワンプレートで出してばかりいると、食事のマナーが身に付かないのでは?」と心配する祖母たちのエピソードも紹介された。

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

「お小遣い電子マネー制度」については、「今後のために電子マネーの使い方も教えるべき」と言う熊田に対し、他のメンバーは「まずは現金でお金の価値を教えることが必要なのではないか」と反論。

SNS上でも「電子マネーについて教えるのも教育」「お金が減る感覚が実感できないと怖い」「大事なのはお金の遣い方」など、様々な角度から意見が交わされた。

「夕食ワンプレート問題」については、きちんとお椀やお膳に盛り付けをして和食文化とマナーを教えることが必要だと和泉が訴える一方で、千秋や熊田は「核家族世帯では、大皿料理を取り分けるシチュエーションのほうが少ないし、マナーは外食の時に教えられる」と、家事負担を減らすワンプレートへの支持を表明した。

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

ほか、公開中の映画『マチネの終わりに』のような「忘れられない恋」についても議論した。

「高校時代に好きだった人と再会して、お互い家庭があるのに交際中。夫と彼のどちらを選ぶべき?」という50代女性に対しては、竹山が「思い出を美化しているだけ。今の配偶者と暮らしてきたから今の自分がある」と一喝。スタジオ一同も同様の意見を披露した。

「二股をかけられて別れた恋人のことが忘れられない」という20代女性のエピソードでは、「そんな(ろくでもない)男を忘れられない意味がわからない」と高岡がピシャリ。熊田と千秋も「その傷をパワーにしてキレイになって」と「忘れられない」と言っている時間のもったいなさを指摘した。

なんでもかんでも“ホウレンソウ”は生きづらい!?竹山の本音に千秋が猛反論!_bodies

画像アイコン

この記事の画像

(全8枚)

8枚の画像を見る
8枚の画像を見る
太陽
バラエティ
の最新記事
『チャンハウス』出川哲朗、大橋和也、高橋真麻のこだわりMAXな揚げ物を見つけることはできる!?

『チャンハウス』出川哲朗、大橋和也、高橋真麻のこだわりMAXな揚げ物を見つけることはできる!?

2024年05月24日 |

17:00


『土曜はナニする!?』山里亮太&TERUが北海道・函館市を自由気ままにドライブ旅!プライベートスタジオもテレビ初公開

『土曜はナニする!?』山里亮太&TERUが北海道・函館市を自由気ままにドライブ旅!プライベートスタジオもテレビ初公開

2024年05月24日 |

15:00


【おめざめ脳トレ】ある有名人の名前がすべて音読みされています!この有名人は誰?【『クイズ!脳ベルSHOW』より】

【おめざめ脳トレ】ある有名人の名前がすべて音読みされています!この有名人は誰?【『クイズ!脳ベルSHOW』より】

2024年05月24日 |

06:00


MC・上田晋也が「これは一番の奇跡だよ!」とうなる、倉科カナに起きたデビューに関する“ミラクル”なエピソードとは!?

MC・上田晋也が「これは一番の奇跡だよ!」とうなる、倉科カナに起きたデビューに関する“ミラクル”なエピソードとは!?

2024年05月24日 |

05:30


柏木由紀、剛力彩芽、信子らが「彼氏・彼女の元恋人は気になるか?」トークで大盛り上がり!“月の人”はチューがうまい!?

柏木由紀、剛力彩芽、信子らが「彼氏・彼女の元恋人は気になるか?」トークで大盛り上がり!“月の人”はチューがうまい!?

2024年05月23日 |

15:00


【おめざめ脳トレ】2つのイラストに共通して入るセリフは何でしょう?【『クイズ!脳ベルSHOW』より】

【おめざめ脳トレ】2つのイラストに共通して入るセリフは何でしょう?【『クイズ!脳ベルSHOW』より】

2024年05月23日 |

06:00