トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ
菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_site_large

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」

1月5日(木)スタ―ト!毎週木曜22時~木曜劇場『忍者に結婚は難しい』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

菜々緒さんと鈴木伸之さんが、人目を忍んでやっていることを明かしました。

<【写真12枚】この記事の写真を見る>

1月5日(木)にスタートする木曜劇場『忍者に結婚は難しい』。

今作は、現代に生き永らえる“忍者の末裔(まつえい)”というコミカルな世界感の中で、主人公の夫婦が表と裏の顔を持ち併せて織り成す忍者×夫婦ラブコメディ。

主演の菜々緒さんが「超実力主義」の甲賀忍者・蛍を、鈴木さんが蛍の夫で「超保守主義」な伊賀忍者・悟郎を演じます。

フジテレビュー!!は菜々緒さんと鈴木さんにインタビュー。忍者のイメージや夫婦を演じるお互いの印象、人目を忍んでやっていることなどを聞きました。

<菜々緒主演!鈴木伸之と夫婦×忍者ラブコメディ『忍者に結婚は難しい』>

「ちょっとしたシーンでも“忍者っぽさ”を出せたら」

<菜々緒、鈴木伸之 インタビュー>

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_bodies

──まずはオファーを受けた際の心境を聞かせてください。

菜々緒:占いによく行くのですが、そこで前世を聞くとだいたい「魔女」「忍者」と言われてきたので、いずれ忍者の役を演じる日が来るのかなと思っていました。だから、すごくうれしかったです。

昔、忍者だったかもしれない私なので、“演じる”というよりは“生きる”という感じで、自然と表現していけたらいいなと思っています(笑)。

鈴木:自分自身にとって、挑戦になると思うので、ありがたい機会をいただけたなと思っています。

ただ、原作に「忍者は世田谷区に多く住んでいる」「郵便局勤めが多い」と書かれていたので、僕は本当に忍者の末裔の方々はそういう暮らしをしているものだと思ってしまっていました。

初めてドラマのスタッフの皆さんとお会いして話を進めていたら、どうもかみ合わなくて(笑)。そこで、フィクションなんだということを知りました。

それくらい、忍者に関する知識がない状態から入っていますが、忍者というものを自分はどう表現していけるのかという期待感がありますね。

──忍者に対して、どのようなイメージを持っていますか?

菜々緒:頭脳も体力的な面も、すべてが鍛え上げられていて、何事も臨機応変に対応ができる。劇中でもアクションがありますが、力技でねじ伏せるというよりも華麗に相手と対峙するというイメージがあります。

私が演じる蛍は、通常の生活のシーンで自転車をこいでいることが多いのですが、所作や身のこなしの美しさを意識して、ちょっとしたシーンでも“忍者っぽさ”が出るといいなと思っています。

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_bodies

鈴木:僕は小さい頃に手裏剣だったり、ちょっと隠れたり、忍者ごっこのようなことはしていました。

それくらいのイメージしかなかったのですが、調べてみると、どの時代においても忍者は縁の下の力持ちだったんですよね。功績を残した人の裏に忍者はいたんだなと知って。だからこそ、見た方の支えになるような作品にしていけたらいいな、と思いました。

──今回、夫婦役を演じるお互いの印象を聞かせてください。

菜々緒:以前から、すごく礼儀正しくて穏やかな方という印象を持っていました。実際にお会いしたときには、温かい感じで迎えてくださって。

現場では、緊張して臨むより、打ち解けて穏やかな気持ちでお芝居できるほうがいいと思っているので、悟郎役が鈴木さんでよかったなと思っています。

鈴木:(体を菜々緒さんに向けて頭を下げて)ありがとうございます。菜々緒さんはテレビで見ると、ちょっと強い役をやられることが多くて、そういうイメージを持ってしまっているところがありました(笑)。

でも、実際は真逆。ものすごく優しくて、おおらかで、空気を大事にしてくださる方。しっかりと共演させていただくのは今回が初めてなので、作品はもちろんですが、菜々緒さんの力になれるように頑張ります!

菜々緒:ありがとうございます!

蛍と悟郎の夫婦生活に起こる問題は「共感する部分が多い」

──それぞれ、蛍と悟郎をどのように演じようと思っていますか?

菜々緒:蛍は超実力主義で女忍者も活躍する流派・甲賀で育っていて、しっかり者。だから、悟郎のだらしなさにイラッとすることも多いですね。

夫婦間での蛍、忍者の任務中の蛍の表情などは丁寧に演じ分けていきたいなと思っています。

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_bodies

鈴木:原作にも登場する「男性がトイレを立ってするか、座ってするか」という夫婦の問題は、すごく印象的で、1話の一つの見どころなんですけど…。

菜々緒:見どころ(笑)。

鈴木:見どころと言うと、あれですけど(笑)。悟郎はすごくズボラで、おおらかで、だらしない人。ご飯をボロボロこぼしたり、家事をしないでゲームをしていたり。奥さんのことを考えているタイプではないですね。

そんな蛍と悟郎が出会って、どういう夫婦生活を送っていくのか。忍者の物語とはまた別の軸で、ドラマの大切なテーマなのかと思っているので、菜々緒さんと一緒に大事に演じていけたらいいなと思っています。

──役に共感できる点はありますか?

菜々緒:「共働きなのに、なんで私だけ家事をしないといけないの?」という部分は、共感します。

悟郎は、男性優位な流派・伊賀で育っていることもあって、昔ながらの日本の考え方が根付いているんですよね。そういう流派の違い、考え方の違いも組み込みながらストーリーが展開していきます。

「トイレ座ってしてくれない」「電気をつけたらつけっぱなし」「冷蔵庫は開けっぱなし」とか、本当に小さいことかもしれないけど、夫婦にとっては、この小さい積み重ねのほうが、根が深い。

私自身、夫婦関係だけではなく、すべての人間関係において、小さなことの積み重ねの根の深さは感じるんです。だから、人として共感する部分がこの作品は多いのかなと思います。

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_bodies

鈴木:僕は、場合によって細かいことを気にしないときもあるので、「そんなのいいじゃん」「悟郎の気持ち分かる」と思うことも正直あります。ただ、トイレに関しては、僕は座ってする派なので…。

菜々緒:ははは(笑)。

鈴木:なぜ悟郎は、そんなに立つことにこだわってるんだろうと思いますね(笑)。劇中にも出てきますが、立ってすると、どうしてもはねますから。

菜々緒:そう、はねるんだよね。

鈴木:しかも、蛍からすると「掃除するのは私なのに!」という。本当にその通りといいますか、「掃除を自分でしないなら、座ってすればいいのに」と思います。

「逆さづりの腹筋できる?」の問いに鈴木伸之は…

──忍者を演じるために、何か準備していることはありますか?

菜々緒:蛍はランニングをするシーンが多くあるので、フォームは習って、準備をしたいなと思っています。

忍者以外の部分で言うと、私は結婚生活をしたことがないので本当のところはわからないものの、台本を読みながら「これをされたら嫌だろうな」と思うことが多くて。

それは先ほどもお話した、トイレの問題や片付けをしないという部分なのですが、自分がされたときにどう思うかということを落とし込みながら演じていけたらと思っています。

鈴木:僕もまだ準備していることはないのですが…今回、蛍が外に出かけた隙を見て悟郎がひっそりとトレーニングをする、というシーンがあります。そこで、逆さづりになって腹筋をすると台本に書かれていたのですが、スタッフさんに「できる?」と聞かれて二つ返事で「できないです」と言いました(笑)。

菜々緒:できない(笑)。

鈴木:忍者ですから、鍛えるところは鍛えなければまずいなと思いながら、断る勇気も持っていこうと思っています(笑)。

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_bodies

──この作品で楽しみにしていることありますか?

菜々緒:アクションは見どころの一つになると思うので、楽しみにしています。

あとは、回を追うごとに味方になったり、敵になったり、日本を巻き込むような大事件に発展していくこともあるので、スケールの大きいところまで丁寧に持っていけたらいいなと思っています。

鈴木:蛍と悟郎は正反対な人物。そりが合わないこともたくさんあるし、お互いに心のどこかでちょっとしたことが積み重なって、不満が出てきていて。「この2人は、なんで一緒にいるのか」と疑問に思う瞬間もあります。

でも、正反対って表裏一体。逆を捉えると同じ方向を向いていて。真逆の人物だけど、どこかで助け合ってしまったり、求め合ってしまったりする、その夫婦像がどう描かれるのかが楽しみですね。

菜々緒が人目を忍んでやっていることは「○○を飼う」

──最近、人目を忍んでやっていることはありますか?

菜々緒:家に出てきたクモを飼っています(笑)。

鈴木:えぇ!?殺さずに逃がすんじゃなくて、飼ってるんですか!?

菜々緒:飼ってる(笑)。クモって、そんなに悪い虫じゃないって言うし、変な虫が出てきたら食べてくれるというのも聞いたことがあったので、そのまま飼っています。

──どうやって飼っているんですか?

菜々緒:放し飼いです(笑)。たまに見かけて「あっち行った!」とかやっています。

鈴木:えー!

菜々緒:たまに顔を出してくれるので、家に1人でいても寂しくないです(笑)。

鈴木:虫は嫌いではないんですね?

菜々緒:そんなに嫌いじゃないです。ちなみに今、クモは2匹いて、この前小さいベイビーみたいな子も見かけたので、もしかしたら生まれたのかも(笑)。

鈴木:すごいですね!

菜々緒:あまりにも数が増えたら、外に出そうかなとは思っていますが、飼い続けると思います。

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_bodies

──鈴木さんは、人目を忍んでやっていることはありますか?

鈴木:僕はコーヒーにハマっていて、全自動で豆を挽いてくれる機械を買ったので、いろいろなところの豆を買って飲むことにハマっています。

菜々緒:いいね。何か気に入った豆はありました?

鈴木:まだいろいろと試している段階なのですが…コーヒーって面白くて、ジャコウネコとかゾウに豆を食べさせて、胃の中で焙煎させて、フンとして出したものが高級なコーヒーとして販売されてるんです。

菜々緒:へぇ~。そういうものもあるんだ。

鈴木:そういう高いものを選んで買ってみたり、友だちが「○○の豆だよ」とくれたものを飲んだりしています。家でも飲みますし、タンブラーに入れて現場に持っていくことも多いですね。

──最後に、ドラマへの意気込みを聞かせてください。

鈴木:これからの3ヵ月、アクションも多いので事故やけがなどがなく、かっこよく、最後のワンカットまで全員で駆け抜けられたらいいなと思っています。

菜々緒:このドラマが自分自身の2023年のスタートになる作品。アクションも多い作品なので、健康に気をつけて、皆さんと一緒にゴールできるように、温かくて楽しい現場になるように、微力ながら頑張らせていただきたいなと思っています。

そして、忍者作品と言えば『忍者に結婚は難しい』という作品名が出るような、代表的な作品にしていきたいです。

菜々緒 鈴木伸之と夫婦役で実感「小さい積み重ねのほうが根が深い」_bodies

撮影:山越隼
スタイリスト:野村昌司(菜々緒)、池ノ上菜々(鈴木伸之)
ヘアメイク:宮沢愛海
持ち道具:アライ リエコ

画像アイコン

この記事の画像

(全7枚)

7枚の画像を見る
7枚の画像を見る
太陽
ドラマ
の最新記事
赤楚衛二にうながされ見上愛が“理事長”に!?ほのぼのとした“公約”発表にSNSも「かわいい理事長の誕生だ!」『Re:リベンジ』

赤楚衛二にうながされ見上愛が“理事長”に!?ほのぼのとした“公約”発表にSNSも「かわいい理事長の誕生だ!」『Re:リベンジ』

2024年06月13日 |

17:29


桜田ひより主演『あの子の子ども』ポスタービジュアルが解禁!テーマは「命の予感」フィルムで撮影された、奇跡の一枚

桜田ひより主演『あの子の子ども』ポスタービジュアルが解禁!テーマは「命の予感」フィルムで撮影された、奇跡の一枚

2024年06月13日 |

13:00


「天気予報は命を救うためにある」仲間を失った苦しさと向き合い晴原(山下智久)が再び立ち上がる<『ブルーモーメント』第8話完全版>

「天気予報は命を救うためにある」仲間を失った苦しさと向き合い晴原(山下智久)が再び立ち上がる<『ブルーモーメント』第8話完全版>

2024年06月13日 |

08:00


『Re:リベンジ』錦戸亮、芳根京子、見上愛が笑顔で撮了「久しぶりの地上波連ドラ…こういう感覚は本当に久しぶりでステキやな」(錦戸)

『Re:リベンジ』錦戸亮、芳根京子、見上愛が笑顔で撮了「久しぶりの地上波連ドラ…こういう感覚は本当に久しぶりでステキやな」(錦戸)

2024年06月13日 |

08:00


松岡茉優主演、木曜劇場『ギークス~警察署の変人たち~』ポスタービジュアルが完成&初回放送日も決定!

松岡茉優主演、木曜劇場『ギークス~警察署の変人たち~』ポスタービジュアルが完成&初回放送日も決定!

2024年06月13日 |

06:00


プロジェクトを進める海斗(赤楚衛二)!緊急理事会で医療ミスの隠ぺいについて郁弥(錦戸亮)から問い詰められ…『Re:リベンジ』第10話予告

プロジェクトを進める海斗(赤楚衛二)!緊急理事会で医療ミスの隠ぺいについて郁弥(錦戸亮)から問い詰められ…『Re:リベンジ』第10話予告

2024年06月13日 |

05:00