公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ

2023年03月06日 |

00:00

なぜ加害者が守られる?向日葵(河村花)の疑問に柊木(北川景子)の答えは<『女神の教室』第9話完全版>

毎週月曜21時~『女神の教室~リーガル青春白書~』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

X Icon
Facebook Icon
Line Icon

『女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~』第9話完全版

柊木雫(北川景子)は、刑事・風見颯(尾上松也)が停職処分になったと聞いて電話をかける。

風見は塾講師・松下隼人(渡部秀)を見張っていたところ、女子生徒をストーカーしていると勘違いされ通報されてしまったという。

松下はかつて女子生徒へのわいせつ行為で訴えられたが、裁判中に被害者が自殺したこともあり証拠不十分で無罪判決に。納得のいかない風見は裁判の正当性を考察してほしいと、かねてより柊木に頼んでいた。

<ドラマ『女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~』これまでのあらすじ完全版>

画像ギャラリー【全12枚】を見る

風見が停職処分を受けたことは、照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)ら学生たちの耳にも入り、柊木のもとへ駆けつける。

柊木は、風見がストーカーと誤解されただけだと説明。そこで松下の裁判に関する話を聞いた雪乃と向日葵は、裁判について再検討することに。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

停職になってまで判決の出た事件を追い続ける風見を心配する柊木は、学院長・守宮清正(及川光博)にも風見がなぜ執着しているのかを相談。柊木たちへの嫌がらせを止めた津山邦彦(安井順平)に放った風見の言葉も気になっていた。

2人の話を聞いていた藍井仁(山田裕貴)も、風見の行動に気になることがある様子で何やら調べ始める。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

柊木と藍井は、松下の件について話すため風見と会う。

「無罪判決に間違いはない」と切り出す柊木に藍井も同意するが、風見は松下を野放しにできないとかたくなだ。

そんな風見に藍井がわけを尋ねると、風見は自身に起きたできごとを話し出す。実は、風見の妹・栞(桜川博子)も高校時代に先輩からわいせつ行為をされて精神を病み、未だに入退院を繰り返していたのだ。

犯人の男は別件で逮捕され、栞への犯罪も明らかになったが、未成年ということで罪に問われていない。そして、男は今も普通の人生を送っている。それが、風見の松下に抱く執念の根源だった。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

向日葵は、松下の裁判で自殺した被害者・白石杏奈(中村守里)について調べるが、当時ネットの誹謗中傷などを受けていて、耐えられるわけがなかったっと憤る。

「証言できていたら、裁判の結果は変わっていたかもしれない」と言う雪乃とともに、次の実務演習で事案として取り上げてほしいと柊木に頼んだ。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

2人の望み通り、柊木は実務演習で取り上げる。だが、学生たちも無罪判決を覆すような意見にはまとまらない。むしろ、判決を支持する方向だ。

納得できない向日葵に、柊木は刑事裁判の目的は冤罪防止であることを教える。冤罪を防ぐために、裁判官、検事、弁護士が役割を全うし、真実に近づけると柊木は言うが、向日葵は釈然としていない。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

その頃、風見に会った藍井は、津山が本当に自殺だったのかと尋ねていた。津山が最後にSNSへアップした画像は、栞が入院している病院だったからだ。

津山の嫌がらせが栞にも及ぶと考えたのではないかと問う藍井に、風見は憶測だと答える。そして「津山は自殺だ」と言い切る風見。藍井は万が一、松下に何か会った場合は自分が調べたことを警察に報告すると警告した。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

冤罪防止によって加害者が守られる。向日葵は、自分が何のために法曹界へ進もうとしているのか分からなくなってしまっていた。

そんな時、杏奈の母・小百合(舟木幸)が逮捕された。松下の塾内でビラを配っていたことで建造物侵入の現行犯逮捕だった。

向日葵は、なぜ杏奈を苦しめた松下が無罪で、小百合が逮捕されなくてはいけないのかと混乱してしまう。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

向日葵の混乱をどうにかしたいと柊木は、被害者学を紐解き始める。

そこに、何やら用件がありそうな藍井が来るが、柊木は向日葵についての意見を求めた。だが、藍井は柊木の教えが蒔いた種だと一蹴し、自分の要件は告げずに帰ってしまう。

柊木が途方に暮れていると、ロー時代の同期で弁護士の安藤麻理恵(佐藤仁美)から電話が入る。この電話から、柊木はあることを思いついた。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

柊木は、課外授業だと学生たちを連れて麻理恵の事務所を訪ねる。

実は、風見に頼まれて小百合の弁護を麻理恵に照会していた柊木。快く引き受けた麻理恵は、その日、小百合と会うことになっていた。小百合も学生たちの同席を許可したため、柊木が連れて行ったのだ。

麻理恵は、小百合にまず反省の意思を示す必要があると促す。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

だが、小百合は松下は犯罪者だと譲らない。向日葵も小百合を加害者として扱うのかと憤る。だが、麻理恵は冷静だ。

まず、加害者として扱うが、その後、小百合が望むなら事件の被害者として、自分も松下と戦うと告げる。その言葉に、小百合はようやく落ち着きを取り戻した。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

小百合が帰ると、麻理恵は同情して寄り添うのは良いことだが、弁護士になったらそれだけではダメだと教える。弁護士が寄り添うということは、一緒に戦うことだと麻理恵は伝えた。

学生たちと青南法科大学院(通称、青南ロー)に戻った柊木は、向日葵に被害者学の本を渡す。

向日葵も被害者に同情するだけでなく、力になれる弁護士になりたいと応えた。ようやく向日葵に笑顔が戻る。

画像ギャラリー【全12枚】を見る

そんな夜、柊木の研究室に教務主任・里崎健一郎(小堺一機)が駆け込んできて、藍井の急を伝え…。

<ドラマ『女神の教室~リーガル青春白書~』は、FODでも配信中(最新回は期間限定で無料)>

太陽
ドラマ
の最新記事
山下智久「チームSDM!GO!」『ブルーモーメント』制作発表の裏側動画が公開!抜群のチームワークにSNS歓喜

山下智久「チームSDM!GO!」『ブルーモーメント』制作発表の裏側動画が公開!抜群のチームワークにSNS歓喜

2024年04月17日 |

18:00


【毎週更新】月9ドラマ『366日』あらすじ完全版まとめ

【毎週更新】月9ドラマ『366日』あらすじ完全版まとめ

2024年04月16日 |

19:00


「ずっとそばにいる」遥斗(眞栄田郷敦)との約束を守るため、明日香(広瀬アリス)が決意<『366日』第2話完全版>

「ずっとそばにいる」遥斗(眞栄田郷敦)との約束を守るため、明日香(広瀬アリス)が決意<『366日』第2話完全版>

2024年04月16日 |

18:00


京本大我&内藤秀一郎 高校生役もいける!?制服姿にSNS「違和感なし」「かわいい!」『お迎え渋谷くん』

京本大我&内藤秀一郎 高校生役もいける!?制服姿にSNS「違和感なし」「かわいい!」『お迎え渋谷くん』

2024年04月16日 |

17:00


山下智久『ブルーモーメント』共演者から褒められまくりで照れ笑い「本当に良い人・芸能人ぽくない・毒がない・サークルの先輩みたい」

山下智久『ブルーモーメント』共演者から褒められまくりで照れ笑い「本当に良い人・芸能人ぽくない・毒がない・サークルの先輩みたい」

2024年04月16日 |

15:30


『アンメット ある脳外科医の日記』第1話 Xで「#アンメット」が世界トレンド1位を獲得!

『アンメット ある脳外科医の日記』第1話 Xで「#アンメット」が世界トレンド1位を獲得!

2024年04月16日 |

14:50