トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ
永瀬廉「撮影前に裁判傍聴をさせていただきました」ロースクールが舞台の主演映画の公開決定!_site_large

永瀬廉「撮影前に裁判傍聴をさせていただきました」ロースクールが舞台の主演映画の公開決定!

めざましmedia編集部

この記事をシェア

永瀬廉さん(King & Prince)が主演を務める映画「法廷遊戯」が、11月10日に公開されることが決定しました。

原作者、五⼗嵐律⼈さんが現役司法修習生時代に刊行。第62回メフィスト賞を満場一致で受賞、さらに「ミステリが読みたい!」2021年版新⼈賞受賞など、ミステリー界の新星として話題となった本格法廷ミステリー小説「法廷遊戯」が映画化。

「神様のカルテ」「白夜行」の深川栄洋さんが監督を務め、脚本を「総理の夫」「流星ワゴン」の松⽥沙也さんが手掛けます。

ロースクールに通い、法曹の道を目指す主人公の「セイギ」こと久我清義(きよよし)役に永瀬さん、セイギの幼馴染で同じく法律を学ぶ織本美鈴役に杉咲花さん、「無辜(むこ)ゲーム」と呼ばれる模擬裁判を司る天才、結城馨役に北村匠海さんら実力派俳優を迎えた本作。

裁判ゲームで実際に起こった殺人事件をきっかけに、3人の仮面の裏に隠された真実が暴かれていきます。

解禁されたビジュアルでは清義、美鈴、馨の3人が秘密を守るように人差し指を口元に当てている姿が印象的。神妙な表情からは、ただならぬ雰囲気が漂っています。

永瀬廉「撮影前に裁判傍聴をさせていただきました」ロースクールが舞台の主演映画の公開決定!_bodies

<キャスト・スタッフ コメント>

久我清義/セイギ 役:永瀬廉

台本を読ませていただいた時に、全く法律のことに詳しくない人でもわかりやすく、清義、美鈴、馨、誰の目線で見るかで受け取り方が変わるような物語になっていて、何度も見たくなる内容だと思いました。

「弁護士」という役については、自分が今まで密接に関わってきたことがない職業で、清義という人物の中でどのような弁護士を作り上げるか、ということも楽しみの一つでした。

実際に法廷に行ったことがなかったので、撮影前に裁判傍聴をさせていただきました。

実際の法廷での思わず背筋が伸びる空気感や緊張感を肌で感じ、より「法廷遊戯」の撮影が待ち遠しくなったことを覚えています。

清義自身も他人には言えない過去を抱えていて、美鈴以外にはなかなか心を開けない人物ですが、自分も幼い頃は家の事情で引っ越しなど環境が変わることが多く、同級生にもなかなか心を開けなかったところは、清義と共通しているように思います。

3人それぞれの過去と秘密が複雑に絡まり合う、最後まで目の離せないノンストップ・トライアングル・ミステリーとなっています。

どんな結末が待っているのか、ぜひ見届けてもらえるとうれしいです。

織本美鈴 役:杉咲花

ある存在への執着や希望、欲望を抱いた3人が交わることで起こってしまう悲劇のさまが皮肉で痛切な物語だと感じました。

私が演じた美鈴という人物は、ある意味では、なにかを熱情的に思い続ける才能に秀でた人なのではないかと思います。

純真ゆえの危なっかしさをどれほどまっすぐに演じられるか、とても緊張しました。

現場で感じた独特でじとっとした空気感が、どんなふうに切り取られているのか、私自身も楽しみです。

結城馨 役:北村匠海

深川組であり、そして友人の永瀬くんと杉咲さんが出演する作品と聞いてすぐやりますと答えました。

ミステリーでありながら見ている人も自分の価値観を見つめ直せるような、誰が正しい正しくない、自分の正義を問える映画だと思います。

監督:深川栄洋

その昔、人間は法律を発明し、それを用いて世の中を治めていった。

法律は国を定めて、私たちの安全を守り、平等であると示してくれている。

ただ、法律を作るのは政治家であり、人間です。

法律を執行するのも公務員であり、人間です。

過ちを犯さない人間はいません。

あなたは、本当に法律を信じられますか?

この映画では、法律は何を守り、何が守れなかったのかを描いています。

若い3人を巡る予想のつかない法廷劇を用意して、劇場でお待ちしております。

原作:五⼗嵐律⼈

法律の奥深さに魅入られ、弁護士として法廷に立つことを夢見ていた。

原作小説は、そんなロースクール時代のことを思い出しながら書いた僕のデビュー作です。脚本を拝読し、深川監督の思いを聞き、法律監修や撮影に立ち会わせていただく中で、物語の行間が埋まっていくような感覚を覚えて、胸がいっぱいになりました。

法律は、社会の根底に流れるルールであると同時に、不安定で理不尽な世界を生き抜くための武器にもなります。

事件の謎が解き明かされたとき、法律や裁判の印象が変わっていたら、そして、黒と白の間にある灰色について考えていただけたら、とてもうれしいです。

映画の公開を心より楽しみにしております。

映画「法廷遊戯」は、11月10日(金)より、全国公開。
配給:東映
Ⓒ五十嵐律人/講談社 Ⓒ2023「法廷遊戯」製作委員会

画像アイコン

この記事の画像

(全1枚)

1枚の画像を見る
1枚の画像を見る
太陽
ドラマ
の最新記事
『ああっ!僕のアシさま』FODで独占見放題配信!WEBマンガ家と鉄壁美男アシスタントの仕事場ラブロマンス

『ああっ!僕のアシさま』FODで独占見放題配信!WEBマンガ家と鉄壁美男アシスタントの仕事場ラブロマンス

2024年05月18日 |

14:00


<試写室>『おいハンサム!!2』珍妙に次ぐ珍妙…いつも通りの、わけのわからない笑いをかっさらう!スパーキングなエピソード

<試写室>『おいハンサム!!2』珍妙に次ぐ珍妙…いつも通りの、わけのわからない笑いをかっさらう!スパーキングなエピソード

2024年05月18日 |

07:00


バカリズムの“誘拐犯”は身近なあの人物だった!SNS 「怖…」「おかしいと思ってた!」『イップス』

バカリズムの“誘拐犯”は身近なあの人物だった!SNS 「怖…」「おかしいと思ってた!」『イップス』

2024年05月17日 |

22:02


『イップス』第7話の犯人ゲストは、村上佳菜子!元フィギュアスケーター役「スケートに対する愛の大きさは私と重なります」

『イップス』第7話の犯人ゲストは、村上佳菜子!元フィギュアスケーター役「スケートに対する愛の大きさは私と重なります」

2024年05月17日 |

21:58


『イップス』鈴木亜美が本人役でフジ連ドラ初出演!「ドラマだけど普段通りのお仕事の感じで少し不思議な感覚でした」

『イップス』鈴木亜美が本人役でフジ連ドラ初出演!「ドラマだけど普段通りのお仕事の感じで少し不思議な感覚でした」

2024年05月17日 |

21:07


安達祐実 40代のリアルな恋愛観「揺さぶられてみたい気もするし、このまま穏やかでもいい」決断のセオリーも明かす

安達祐実 40代のリアルな恋愛観「揺さぶられてみたい気もするし、このまま穏やかでもいい」決断のセオリーも明かす

2024年05月17日 |

18:00