公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
バラエティ

2023年05月21日 |

00:00

岡田准一が語った芝居への情熱「ずっと苦手だけど、まだ追い求めたい」_site_large

岡田准一が語った芝居への情熱「ずっと苦手だけど、まだ追い求めたい」

5月21日(日)放送『ボクらの時代』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

映画「最後まで行く」で集まった3人が、映画や芝居について語りました。

4月21日(日)の『ボクらの時代』は、岡田准一さん、綾野剛さん、映画監督の藤井道人さんが登場する前編が放送されました。

藤井道人監督「これが遺作になってもいい」

公開中の映画「最後まで行く」では、岡田さんと綾野さんが出演、藤井さんが監督・脚本を手がけています。

岡田准一が語った芝居への情熱「ずっと苦手だけど、まだ追い求めたい」_bodies

藤井道人

岡田:試写、よかったよね。ああいう、なんかいいものができたっていうか。

藤井:最後まで終わった瞬間、やりきったっていう気持ちがすごくあったんですよ。でも、これってもしかしたら、僕からよりは僕の周りのスタッフがそういう表情してたんですね。

岡田:藤井組は、スタッフもすごいですよね。みんなクレイジーな。でも、みんなで上がってきてるんですよね。

藤井:そうですね。本当、インディーズ時代からみんな一緒にやってきてる人たちなんで。

岡田:でも、すごくバランスがいいのが、お芝居でも、本質、大事にしたいところ何なんだろうっていうときに、ごまかさないっていうか。例えば、本物を選んでるじゃないですか。

藤井:はい。

岡田:でも、現場でいうと「大変だから、CGにしますか」とか、いろんな選択はあったと思うんですよね。

藤井:やっぱり、CGの良さって、精巧に詰められるんですけれども、そのときの岡田さんのリアクションは、その瞬間じゃないとたぶん撮れない。で、ここに対して、どんな作品でも意識しているのは、妥協しないっていうことが一番。妥協が俳優部に伝わる、スタッフに伝わる、観客に伝わっちゃうっていう。

岡田:今の、「妥協しない」って。俺、めっちゃ胸が苦しかったの。

藤井:なんでですか。

岡田:いや、でも俺ら世代って、世の中が変わっていくなかで、無理なものは「あ、じゃあしょうがないな」「じゃあ、こうしたほうがいいな」っていうことを、受け入れちゃう世代だと自分では分析していて。下には、完全拒否のZ世代みたいなのがいて。その前で「いや、妥協するとみんなにとって良くないことになるんで」っていうことを強く持てる世代が、藤井くん世代だと思ってて。

藤井:そうですね。映画を作っていて本当に良かったなっていうのは、悩んだり困ったりして、でも絶対にここは曲げたくないなってなると、岡田さんから、そして剛さんから「これだったらできますよ」「これだったらできますよ」(と提案してくれる)。結果、思っていた何倍もいいものになったり。だったら、それにOKを出す自分は、よりストイックにOKを出さなきゃいけないっていうので。責任…納得できますよね。

藤井さんは「これが遺作になってもいいと思って映画が作れるのは、今だけって思ってやっている。すごく楽しかった」と、撮影の手応えを語りました。

綾野剛「誰かのためにちゃんと頑張ってみたい」

岡田さんは、綾野さんに芸能界入りのきっかけを聞きました。

岡田准一が語った芝居への情熱「ずっと苦手だけど、まだ追い求めたい」_bodies

綾野剛

岡田:綾野くんは、何で入ってきたんでしたっけ?この芸能界。

綾野:『仮面ライダー555』(テレビ朝日)。

岡田:仮面ライダーなの?

綾野:はい。

岡田:…主人公側?

綾野:いやいや、僕、怪人です。

藤井:怪人!

岡田:怪人だった…。

綾野:ちなみにこの話、(初めて共演した)13年前もしてるんですよ。

岡田:そうだったっけ(笑)。13年前も話してた?

綾野さんが「人間の心を持った怪人(役)です」と説明すると、岡田さんは「あ、そのまんまだね。変わってないじゃん!」と言い、「そうかもしれないですね」と笑い合いました。

岡田准一が語った芝居への情熱「ずっと苦手だけど、まだ追い求めたい」_bodies

左から)藤井道人、岡田准一、綾野剛

岡田:役者になりたくて上京してきたの?(出身は)岐阜ですよね。

綾野:岐阜です。漠然と何も考えずに東京に出てきて、そこから音楽活動をしていて。

岡田:あ、音楽やってたの?

綾野:はい。そこから『仮面ライダー』に抜擢していただいて。その現場で石田(秀範)監督に出会いまして。その方の演出を受けたときに、大人がこんなに真剣に向き合ってくれたのは人生で初めてだったんですよ。ファーストテイク、23テイク撮ったんですけど、それが終わって。

岡田:23?ファーストテイクで?怖っ。

綾野:前室戻ってる最中に、「誰かのためにちゃんと頑張ってみたい」って初めて思いました。「まずは監督のために」っていう。もう、そこからたぶん、ずっと変わってないと思います。

藤井:うん。

岡田:まあ、どっちかですよね。ファーストテイクで、二十何回やったら心が折れるか。自分ができてないけど、付き合ってくれてるっていうことに感謝するか。何回も「すいません」って思いながらやるか…ね。

綾野:そうですね、「すいません」って思ってたら、もうちょっとまともだったかなって思いますけど、ずっとイラついてましたね。

岡田&藤井:(笑)。

岡田:「なんで(OKが)出ねえんだ!」っていう。

綾野:「なんでだろうな」って(笑)。しかも、いまだに何テイク目を使ったかも、正直わからないですし。

岡田:でも、そこで苦手意識は出なかったの?お芝居に対して。

綾野:なんていうんですかね、悔しくて悔しくて。この人から本当にワンテイクでOK出るまで磨きたいみたいな。だからもう、変な話なんですけど、最終日、本当にワンテイクで終わってしまって「すいません、もう1回お願いします」って、初めて自分から…。「監督がOKって言ったらOKなんだよ」って言って、スーッと去っていかれたときに、周りのスタッフさんから「いい芝居だったっていうことだよ」って言われて。

綾野さんは「ちゃんと一生懸命向き合いたいと思ったきっかけでした」と石田監督との出会いを明かしました。

岡田准一「最初は芝居が苦手だった」

綾野さんが、当時は「もう本当にしゃべることすら、セリフ言うことすらできなかった」と振り返ると、岡田さんも「俺もそうなんですよ」と言って驚かせました。

岡田准一が語った芝居への情熱「ずっと苦手だけど、まだ追い求めたい」_bodies

岡田准一

藤井:えー?

綾野:本当ですか。

岡田:俺も最初、本当、芝居苦手で。苦手っていうか、急にお芝居をやることになって。グループの仕事をやったんですけど、そこでもあんまりうまくいかなくて。助監督さんに1人だけ怒られる、みたいな。

藤井:何歳くらいのときですか。

岡田:14歳です。14歳のときに1人だけ。「なんとか、なんとか」って(セリフを)みんなで言うんだけど、俺だけ「岡田!」って言われて。でも、そういうのでへこたれない性格はしてたんですよね。だから良かったんだって思うんですけど。

岡田さんは「昔ながらの助監督さんだった」と振り返り「めちゃくちゃ怒られてたし、もう何をしていいかわからない、芝居ってなんなのかもわからないから。それで、そのあと長瀬(智也)くんとダブル主演で抜擢してもらった」ことが転機になったといいます。

岡田:それがダメだったらもうチャンスはないよ、というのがあって。長瀬くんと2人でやらせてもらったときに、初めて「ああ、こんなに考えるんだ」とか、自分で考えたっていうことがあって。それを見て、あるプロデューサーがまた使ってくれて…とかっていうのでつながって、芝居をずっと、若いうち、10代(の間)続けていけて。

藤井:へぇ。

岡田:でも怒られたけど、その作品ですごく、初めて自分で考えて(芝居が)好きになったっていうか。自分で考えるっていうことが、(綾野さんも)途中で考えるようになって、「もう1回やらせてくれ」って思ったっていう、なんかきっかけじゃないですか。

綾野:そうですね。

岡田さんは「長瀬くんがやさしくしてくれたとか、先輩がいてくれたとか、現場が良かったとか、いろんな要素があるけど。ずっと苦手だけど、まだ追い求めたいっていうのは、そのときから変わってない」と、芝居への思いを語りました。

最新放送回は、TVerFODで無料配信中!

画像アイコン

この記事の画像

(全4枚)

画像
画像
画像
太陽
バラエティ
の最新記事
『THE SECOND~漫才トーナメント~』ファイナリスト8組が決定!最終決戦「グランプリファイナル」へ

『THE SECOND~漫才トーナメント~』ファイナリスト8組が決定!最終決戦「グランプリファイナル」へ

2024年04月21日 |

23:55


松本幸四郎 “すでにある名前”を継ぐプレッシャーを語る「半端なことはできない」

松本幸四郎 “すでにある名前”を継ぐプレッシャーを語る「半端なことはできない」

2024年04月21日 |

07:30


あの 数少ない友達・安藤なつの家を初訪問&仲良しトーク!中居正広も「まったりしすぎ(笑)」と癒されまくり!?

あの 数少ない友達・安藤なつの家を初訪問&仲良しトーク!中居正広も「まったりしすぎ(笑)」と癒されまくり!?

2024年04月21日 |

05:30


s**t kingz・shoji『ワイドナショー』に初登場!「何かとSNSがざわつく印象があるので正直ドキドキ」

s**t kingz・shoji『ワイドナショー』に初登場!「何かとSNSがざわつく印象があるので正直ドキドキ」

2024年04月20日 |

12:00


若手男性アナは失礼過ぎて芸能界追放!?仲良し夫婦アナには危機が!?『FNS明石家さんまの推しアナGP』収録後にぶっちゃけトーク

若手男性アナは失礼過ぎて芸能界追放!?仲良し夫婦アナには危機が!?『FNS明石家さんまの推しアナGP』収録後にぶっちゃけトーク

2024年04月20日 |

11:00


松本幸四郎「親子で芝居する恥ずかしさはない」山田純大・北村有起哉と“偉大な父”について語る

松本幸四郎「親子で芝居する恥ずかしさはない」山田純大・北村有起哉と“偉大な父”について語る

2024年04月20日 |

07:00