公式LINEアカウントはじめました!追加はコチラ
トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
バラエティ

2019年12月18日 |

00:00

西村京太郎の年間12冊という執筆ペースに又吉「僕が年間に食べる牛丼の回数と同じ」

12月21日(土)10時53分~『タイプライターズ~物書きの世界~』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

X Icon
Facebook Icon
Line Icon

12月21日(土)10時53分よりフジテレビでは『タイプライターズ~物書きの世界~』を放送する。

この番組は、かたや芸人、かたやアイドルながら、ともに小説を創作し作家としての顔を持つ又吉直樹と加藤シゲアキの二人が、ゲストに同じく作家を招き、その知られざる素顔や執筆の裏側を探求していくという、これまで作られることのなかった、史上初の“物書きの物書きによる物書きのためのバラエティ”だ。

今回は、横溝正史原作、加藤シゲアキ主演のスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』が、21日(土)21時15分から放送するのを記念し、 「日本ミステリーの巨匠」を特集。

日本のミステリー界を代表する作家、西村京太郎、道尾秀介をゲストに迎える。

まずは、「十津川警部シリーズ」でおなじみ、現役最高齢89歳のミステリー作家・西村京太郎に取材を行うべく、湯河原にある西村京太郎記念館へ。作家生活55年の西村は、これまでに発表した作品は600を超える。

その作品数に又吉は「計算が合わないですね」と驚き、さらに、現在も毎年12冊ずつ作品を書き上げていることを知った加藤は「我々はまだ10冊も書いていない」、又吉は「どういうスケジュールでやったらそうなるのかすごく聞きたい」と、西村のもとへ向かう。

「西村京太郎記念館」は、2001年開館。入口には、ドラマなどでおなじみの殺人事件の“チョークライン(遺体痕)”や、階段には血痕が残されているなど遊び心満載。殺人事件の現場を再現した鉄道ジオラマや、600点を超える著作の展示など、西村の作家人生を物語る大切な資料が展示されている。

その想像を超える数の作品の前で、西村とのトークが繰り広げられる。サラリーマンから作家になった西村だが、そのきっかけは、松本清張の作品を読んで、これなら僕にもできる、と仕事を辞めたことから。

読むのと書くのとでは大違いだと気付くのは後からで、デビュー間もない頃は社会派推理小説を書くも、2年間全く売れなかったという。「2年間ダメでも、やめようと思わなかったんですね」と加藤。

さらに、「自分にも書けるって勘違いしたのって分からなくもない…ちょっと勘違いしないと入れない世界ですよね」と同調する。そんな西村が開拓した「トラベルミステリー」という新ジャンル。その誕生のきっかけとは?

西村の年間12冊という執筆のペースを聞いた又吉は「僕が年間に食べる牛丼の回数と同じです、だいたい月1回ぐらいなので」と言って笑いを誘う。その又吉が、「同時に進行していると、ごっちゃになりそうじゃないですか?」と西村に尋ねると「よく言われます。ストーリーは絶対に混ざらないが、(登場人物の)名前が混ざっちゃう。間違うといけないので、地方の刑事を全員“三浦さん”にしちゃった」というユーモアあふれるエピソードで楽しくトークが進行する。

ここで加藤から「作品の中で僕らをどうやって殺しますか?」と、数多くのミステリーを手掛けた西村にあえて質問。西村の答えに又吉と加藤の2人はまさかの大爆笑!

西村流殺しのテクニックの極意に触れる2人。さらに、「年収は7億円!?」「誕生祝のお返しに1000万円の宝石を贈った!?」といった豪快伝説に迫る。西村本人から豪快伝説にまつわる秘話を聞き、又吉と加藤は「カッコイイ!」と口をそろえる。

道尾俊介が“ファン目線”から語る横溝正史

続いて、2人は、『悪魔の手毬唄』の原作者である横溝正史のファンという作家・道尾秀介と会う。待ち合わせ場所は、横溝正史の大ファンという店主が切り盛りするカフェ&バー「黒猫亭」。

怪奇ミステリーの第一人者・横溝正史を愛してやまない、直木賞作家・道尾秀介が昭和モダンな雰囲気のある店内でその魅力を語り尽くす。

フォトを見る 『タイプライターズ~物書きの世界~』に出演する(左から)又吉直樹、加藤シゲアキ、西村京太郎
左から)又吉直樹、加藤シゲアキ、西村京太郎

道尾が横溝正史作品と出会ったのは、高校生の時。テレビで放送された映画の金田一シリーズが面白くて、原作小説を読み始めたのだという。

金田一耕助というキャラクターの、はかま姿でよれよれの風体でありながら、ものすごく頭がいいところに、こうなりたいと惹(ひ)かれたそう。

そんな道尾が「横溝正史を読んだことのない人も納得できるすごいところ」を、3つのキーワードで解説。そして、道尾オススメの「悪魔の手毬唄」の楽しみ方にも言及。

さらに、21日放送『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』で金田一耕助を演じた加藤が、撮影秘話を語る。

太陽
バラエティ
の最新記事
横浜・弘明寺かんのん通り全面協力!新企画「昔の写真で人探し!顔ビンゴ」で津田篤宏がファインプレー&ノブが大失態

横浜・弘明寺かんのん通り全面協力!新企画「昔の写真で人探し!顔ビンゴ」で津田篤宏がファインプレー&ノブが大失態

2024年04月23日 |

08:00


石原良純が北陸新幹線延伸開業で話題の福井を紹介!日帰りでアンタと10ヵ所回る、超せっかちツアー

石原良純が北陸新幹線延伸開業で話題の福井を紹介!日帰りでアンタと10ヵ所回る、超せっかちツアー

2024年04月23日 |

07:30


東京証券取引所のステンドグラスが扇型なのはなぜ?“ゲン担ぎ”が関係してる?『ネプリーグ』で放送の<豆知識>

東京証券取引所のステンドグラスが扇型なのはなぜ?“ゲン担ぎ”が関係してる?『ネプリーグ』で放送の<豆知識>

2024年04月23日 |

06:00


山下智久 星ひとみの鑑定に「ちょっとスゴい…(それはまだ)誰にも言ってないから…驚いてます」婚期&モテ期の話題も!

山下智久 星ひとみの鑑定に「ちょっとスゴい…(それはまだ)誰にも言ってないから…驚いてます」婚期&モテ期の話題も!

2024年04月23日 |

05:30


『超特急トレタリ』新シーズン突入!街中で“わらしべ長者バトル”に挑戦「ちょっとお時間いいですか?」

『超特急トレタリ』新シーズン突入!街中で“わらしべ長者バトル”に挑戦「ちょっとお時間いいですか?」

2024年04月22日 |

07:00


原監督率いる青山学院大学陸上競技部vsタナカ学生連合が学力駅伝テストに挑戦!タナカ先生に経歴詐称疑惑が浮上!?

原監督率いる青山学院大学陸上競技部vsタナカ学生連合が学力駅伝テストに挑戦!タナカ先生に経歴詐称疑惑が浮上!?

2024年04月22日 |

06:00