トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
深津絵里「私とは無縁の世界だと思っていた」真っ赤なドレープミニドレスでパリコレに来場_site_large

深津絵里「私とは無縁の世界だと思っていた」真っ赤なドレープミニドレスでパリコレに来場

めざましmedia編集部

この記事をシェア

深津絵里さんが、パリにて行われたランウェイショーに来場しました。

パリ東部にある広大なヴァンセンヌ城にて行われた「ロエベ 2024春夏 ウィメンズショー」に、ファッションショーへの来場は今回が初めてとなる深津さんが、ロエベのFW23コレクションを身にまとって来場。

<【写真8枚】この記事のフォトギャラリーを見る>

深津絵里「私とは無縁の世界だと思っていた」真っ赤なドレープミニドレスでパリコレに来場_bodies

あでやかなレッドに染まったウールブレンドニットのドレープドレスと、5ポケットジーンズのデザインが融合したナパラムスキンの「トイ パンタ ブーツ」を着用しました。

深津さんは、「ロエベが日本で展開されてから50年。その節目の年、同い年の私にパリコレへのお誘いが。私とは無縁の世界だと思っていたのでとても驚きました」とコメントを。

深津絵里「私とは無縁の世界だと思っていた」真っ赤なドレープミニドレスでパリコレに来場_bodies

そして、クリエイティブ・ディレクターに就任した「J.W. ANDERSON(J.W. アンダーソン)」を手がける英国デザイナー・ジョナサン ウィリアム アンダーソンさんについて、「ジョナサンがデザインした服を何着も着る毎に、彼のユーモアや、普通に見えているものには、実は信じられない程の時間と技が必要なんだと改めて思い知りました。

それはかたちは違うけれど、私が理想とし目指している最高にかっこいい考え方だと思うのです。今回、彼の信念やフィロソフィーを服を着る事で感じ、ショーを観ることで考えさせられました」と、共感を明かしました。

深津絵里「私とは無縁の世界だと思っていた」真っ赤なドレープミニドレスでパリコレに来場_bodies

画像アイコン

この記事の画像

(全3枚)

3枚の画像を見る
3枚の画像を見る