トップページへ

“好き”でつながる

ランキング
ドラマ

要潤主演『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』クランクインレポート!

12月7日(土)23時40分スタート!オトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』

めざましmedia編集部

この記事をシェア

X Icon
Facebook Icon
Line Icon

12月7日(土)からスタートするオトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』 。

9月下旬に行われたポスター撮影からさかのぼること10日ほど前。クランクインは、上野の表慶館を裁判所の廊下に見立てて行われた。

要潤主演『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』クランクインレポート!_bodies

クラシカルな建物に、司法・裁判の公平さを表すシンボルである正義の女神・テミス像を置くだけで、そこは立派な裁判所。

要潤主演『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』クランクインレポート!_bodies

その像が手に持つ天秤は、発砲スチロール製のため風が吹いたり、台座に衝撃を与えると揺れてしまい、その度に揺れが収まるまで「天秤待ち」をすることもあった。

石造りの室内とはいえ、外気が24℃のこの日。半袖スタッフが多いなか3ピースのスーツを着た御子柴役・要潤は、撮影の合い間になると上着を脱いで、スタッフが数人がかりで扇子を仰ぎ風を送っていた。洋子役のベッキーも、顔に汗ひとつかかず女優魂を見せた。

要潤主演『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』クランクインレポート!_bodies

撮影が進むなか、要のお茶目な一面が垣間見えたのは、御子柴が訴訟相手の女性から「この悪魔!」と罵倒されるシーン。何度も空間に響き渡る「悪魔」という絶叫を耳にしたプロデューサーが「普通に生きてて、なかなか悪魔って言われることないよね」と要に問うと「めっちゃショックですよ~」と涙声に。その言い方がとってもキュートでスタッフの笑いを誘った。

午後になって御子柴のライバルとなる岬役・津田寛治が合流。岬が、御子柴や洋子と初めて対面するシーンでは、テミス像にもたれかかるように待ち伏せする津田のその体勢や表情だけで、御子柴と敵対関係であることを見事に表現。

要潤主演『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』クランクインレポート!_bodies

笑みを顔に張り付けたまま淡々と話すさまは嫌味っぽく、とても憎々しく感じる。そんな岬役・津田が撮影中つい破顔してしまったのは、御子柴と顔と顔を近づけ対峙するシーン。

監督から「もうキスするくらい近くで」と言われ、岬になりきって御子柴に顔を近づけるも、監督の言葉を思い出したのか、思わず表情を崩してしまっていた。

要潤主演『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』クランクインレポート!_bodies

二転三転する法廷劇をハイテンポに描く今作、撮影もかなり順調に進んでいるという。少年時代に凶悪事件を犯した過去を持つ弁護士・御子柴が、悪魔と罵られながらも人生をかけて「贖罪」と向き合うヒューマン法廷ミステリー『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』は、12月7日(土)スタート!

<第1話あらすじ>

勝つためなら手段を選ばない“悪魔の弁護人”御子柴礼司(要潤)。失職中の日下部洋子(ベッキー)は、そうとは知らず御子柴法律事務所の事務員に採用されてしまう。そんな中、御子柴は主婦の津田亜季子(奥菜恵)による夫殺し裁判に興味を持ち、担当弁護士から強引な手で弁護を奪い取る。法廷で御子柴を敵視する次席検事・岬恭平(津田寛治)と対峙する御子柴。果たして、御子柴の目的とは…。

要潤主演『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』クランクインレポート!_bodies

初回までどうしても待ちきれない!という方のために、番組ではダイジェストを作成、公式YouTubeサイトで公開している。一足早く、御子柴の世界へ、逆転の法廷劇をどうぞ。

画像アイコン

この記事の画像

(全6枚)

6枚の画像を見る
6枚の画像を見る
太陽
ドラマ
の最新記事
『ああっ!僕のアシさま』FODで独占見放題配信!WEBマンガ家と鉄壁美男アシスタントの仕事場ラブロマンス

『ああっ!僕のアシさま』FODで独占見放題配信!WEBマンガ家と鉄壁美男アシスタントの仕事場ラブロマンス

2024年05月18日 |

14:00


<試写室>『おいハンサム!!2』珍妙に次ぐ珍妙…いつも通りの、わけのわからない笑いをかっさらう!スパーキングなエピソード

<試写室>『おいハンサム!!2』珍妙に次ぐ珍妙…いつも通りの、わけのわからない笑いをかっさらう!スパーキングなエピソード

2024年05月18日 |

07:00


バカリズムの“誘拐犯”は身近なあの人物だった!SNS 「怖…」「おかしいと思ってた!」『イップス』

バカリズムの“誘拐犯”は身近なあの人物だった!SNS 「怖…」「おかしいと思ってた!」『イップス』

2024年05月17日 |

22:02


『イップス』第7話の犯人ゲストは、村上佳菜子!元フィギュアスケーター役「スケートに対する愛の大きさは私と重なります」

『イップス』第7話の犯人ゲストは、村上佳菜子!元フィギュアスケーター役「スケートに対する愛の大きさは私と重なります」

2024年05月17日 |

21:58


『イップス』鈴木亜美が本人役でフジ連ドラ初出演!「ドラマだけど普段通りのお仕事の感じで少し不思議な感覚でした」

『イップス』鈴木亜美が本人役でフジ連ドラ初出演!「ドラマだけど普段通りのお仕事の感じで少し不思議な感覚でした」

2024年05月17日 |

21:07


安達祐実 40代のリアルな恋愛観「揺さぶられてみたい気もするし、このまま穏やかでもいい」決断のセオリーも明かす

安達祐実 40代のリアルな恋愛観「揺さぶられてみたい気もするし、このまま穏やかでもいい」決断のセオリーも明かす

2024年05月17日 |

18:00